週刊少年マガジン

EDENS ZERO 【第30話】超仮装惑星のネタバレ

2019y02m07d 171436414 - EDENS ZERO 【第30話】超仮装惑星のネタバレ

前回までのあらすじ

新しく仲間に加わったモスコイも早くも馴染んできた様子です。

仲間が増えて一層賑やかになるエデンズゼロの艦内で、ブルーガーデンを目指す帰路の途中、クラリスからの通信が入りました。

イリーガに捕まっていたB・チューバーたちをレベッカが助けた事から、助けられたB・チューバーたちによるレベッカの動画が上げられていました。

ブルーガーデンではレベッカのプチブームが到来していて、混乱を避けるためブルーガーデンには戻れないことになってしまいました。

魔王四煌星の情報収集に懸念を残しつつ、一行が通り掛かったのが、かつて桜宇宙を守ったとされる英雄たちを祀ったアインヒルでした。

一行が眺めていたアインヒルでピーノが突然魔王四煌星の一人であるハーミットを発見しました。

 

EDENS ZERO 【第30話】超仮装惑星のネタバレ

通り掛かったアインヒルで偶然見つけることができたハーミット。

けれど、シスターがすぐにアインヒルの異変に気付き回収を急ぎました。

ホムラとウィッチも駆けつける中、全く反応を見せないハーミットをワイズは調べるが、外傷は無いがシステムエラーが多く見られ治せそうにないとの事でした。

シスターはこのハーミットの状態を『異常スリープ状態』だと言います。

人間で言うところの”心”が破損してしまっている事が分かると、シキは

「ハーミットの心の中に入るんだ!!」

「それでな!壊れてる心を治す!!!」

と言い切りました。

シキの突飛な発言にレベッカやワイズはポカーンとなりシキへの総ツッコミ状態となりました。

方法は分からなくても何としても助けたいと言うシキは、

「心が壊れてるなんてかわいそうだ」

とハーミットを思いやるのでした。

それを聞いていたウィッチは何かを思い出したように

「さすがは魔王様でございます」

「ハーミットを救えるかもしれません…」

とシキに跪くと、シスターも思い当たった表情を見せました。

『惑星デジタリス』にハーミットの心がある可能性が高いと言うウィッチ。

今のハーミットが”ダイブ状態”にあると言います。

それは、精神がデジタルの世界にいる状態だと説明しました。

デジタリスとは仮想空間であり、実在する惑星でもあると言うシスターに、ワイズは

「意味分かんねー星だな」

とぼやきます。

実態では決して干渉できない星こそが超仮装惑星デジタリスなのだと言われ、シキは迷わずハーミットを助けに行くことを決意します。

実態では侵入することができないデジタリスには、”ダイブ”してデジタル化された状態になる必要がありました。

ワイズは「オンラインゲームみてーだな」

と言うと、レベッカは「オンラインゲームだったのよ」と答えました。

元々はMMORPGのサーバーの一つで、何十年も前に事件があってゲーム自体閉鎖されたと知っていたレベッカ。

人格ごとダイブさせる危険性と、ゲーム内のNPCが自我を持ったことが原因であったとウィッチは伝えました。

そして、運営不可能な状態で放置されてからもNPCたちはプログラムを改ざんし、本当に生きているかのように繁栄を続けていると言います。

なぜそこにハーミットがいると思うのかと尋ねるホムラに、ハーミットは、昔からあのゲームが好きだった事と、デジタリス自体は今でもログイン可能である事。

そしてシキの勘を信じてるのだとウィッチは答えました。

シキもまた「ああ 必ず助け出す」と心を決めるのでした。

デジタリスへのログインの為、一行は専用のスーツに着替え、ウィッチから注意点の説明を受けました。

現実世界の能力はそのまま使えるが、それ以上の事はできないこと。

そして、デジタリスでのダメージはそのまま実態に反応し、デジタリス内で死亡した場合…と説明を続けるウィッチに、

「危険は承知だ!!!!」

「行くぞ!!!ハーミットを探しに!!!」

とシキは全てを承知した上でハーミットを助けるべくログインを急ぐのでした。

ウィッチによってログインしたシキ、ワイズ、レベッカ、ホムラ、ハッピーはそれぞれアバター作りから始めていきます。

先に到着したレベッカとハッピーは、ファンタジーなデジタリスの仮想空間に感動しつつ皆を待っていました。

すると突然得体のしれない動物に乗った真顔の男と遭遇し、

「なんか変なのが来た…」と到着早々の奇妙な展開に戸惑うのでした。

EDENS ZERO 【第30話】超仮装惑星の感想

すんなり見つかったと思ったハーミットでしたが、全然すんなりと行かない展開になりました。

仮想空間が舞台になるデジタリスでのハーミット探しですが、まだアバダー作りから合流できてないメンバーの様子が気になります!

そして、首を振りまくってる謎の生き物…だけど、何か見た事あるような無いような既視感があって、自然と受けられるから不思議です。

それよりも、その謎の生き物に乗っている男の方が気になりますね。

既にお疲れ気味なレベッカとハッピーですが、ハーミット救出までの道のりも一筋縄ではいかなそうです。

次回のEDENS ZERO【第31話】が掲載される週刊少年マガジン11号の発売日は2月13日になります。