週刊少年マガジン

EDENS ZERO【33話】丘の上の少女のネタバレ!遂にハーミット発見!!

2019y02m27d 111456290 490x720 - EDENS ZERO【33話】丘の上の少女のネタバレ!遂にハーミット発見!!

2019年2月27日発売の週刊少年マガジン13号、EDENS ZERO【第33話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

前回までのあらすじ

ハーミットの目撃情報を頼りに、北の町クリスタを目指したシキたち一行。

途中で出会ったモンスターは、クリスタが殺人鬼”ジャミロフ”に襲われて逃げてきたと言います。

クリスタに到着してみると、町はメチャクチャに破壊されていました。

人影も見えず、辺りを散策していると、大きな鎌を持った男…ジャミロフに遭遇!!

笑いながらNPCもプレイヤーも関係なく殺してしまう残虐なジャミロフ。

本来ならデジタリスでNPCを傷つける事はできず、即座にBANされてしまうのですが、ジャミロフは自らを『選ばれたプレイヤー』なのだと言い、BANされないのです。

そして、六魔将の一人・ドラッケン・ジョーの仲間であるとも…

また、ジャミロフにやられたプレイヤーが数人、時計台に串刺しにされているのを見て、シキが駆けつけると、辛うじて息がある状態でした。

ジャミロフは、プレイヤーが苦しんで死んでいく様を見る為にログアウトできなくしているのだと言います。

どうしてプレイヤーであるジャミロフにそんな事ができるのか分かりませんが、彼の残虐な行為に怒ったシキは塔の上からジャミロフ目掛けて突っ込んでいきました。

EDENS ZERO【33話】丘の上の少女のネタバレ

ジャミロフに串刺しにされたプレイヤーたちは次々と息を引き取り、一人、また一人と体が消えていきました。

仮想空間であるデジタリスでの死は、そのままリアルでの死を意味します。

デジタリスで死んでからログアウトできてももう遅い…

そんな様子を見ても笑い続けるジャミロフにシキは怒りのまま突っ込んでいきました。

すると、ジャミロフの持つ大鎌(マリア)が怪物のように変形しました。

マリアは向かってくるシキに大きく口を開けて襲い掛かります。

頭を食われたように見えて一瞬ひやりとしますが、起き上がったシキはどうやら髪を食べられてしまったようで、いつもの短髪になっていました。

「マリアは何でも食っちまうんだ」

マリアと呼ばれた大鎌はどんどん巨大化して今度はレベッカ達の方へ襲い掛かりました。

道をえぐり、ワイズが避けた先にあった建物を一撃でバラバラに砕いてしまう程に強烈な破壊力です。

シキは、マリアが破壊した三角屋根の建物を掴むと、先端をジャミロフ目掛けて槍のように投げつけました。

命中した瓦礫の中でしゃがみ込んでいたジャミロフは事も無げに言いました。

「そーいや今日予定あったんだわ」

ドラッケン・ジョーからの招待で予定があると言うジャミロフは、

「続きはまた今度やろうや」

「マリアもお前等の泣き叫ぶ顔が早く見てーってよ」

そう言い残すとログアウトしたのか、その場から消えてしまいました。

ハーミットを探しに来たデジタリスで思わぬ敵に遭遇してしまったシキたちでしたが、当初の目的であるハーミットとはまだ出会えていません。

ジャミロフが戻ってくる前にハーミットを見つけなくてはならなくなりました。

ジャミロフが去ったのを確認して、安心したのか、隠れていた町の人たちが次々にシキたちの前に現れました。

ジャミロフが勝手に帰って行ったのですが、町の人達はシキたちが追い払ってくれたと思っているようで、お礼をさせて欲しいと言います。

ワイズは、それならばとハーミットの情報を尋ねました。

すると、いつも丘の上にいる女の子がハーミットではないかと聞き出せました。

丘の場所も教えて貰った一行は、すぐに出発しました。

辿り着いた丘の上に町の人が言っていた通り、一人の女の子が座っていました。

ツインテールの女の子…ハーミットです!

「誰?」

リアルではシキたちを認識していないハーミットは尋ねました。

「オレはシキ!!!エデンズゼロでマザーに行くんだ!!!」

「ご主人端折り過ぎです」

エデンズゼロの名を聞いたハーミットはシキたちを住処にしているらしき洞窟へ招き入れました。

レベッカからきちんと説明を受けたハーミットは漸く理解したようです。

ウィッチとシスターもいると知ると、ヴァルキリーについて尋ねるハーミットに、今探している所だと言ったシキは、ホムラにも話を振りました。

けれど、さっきまで居たはずのホムラの姿が見当たりません。

ワイズは、町の様子見てくると言って出て行ったと言いました。

「とにかく見つかってよかったハーミット!!オレたちと…」

「行かない」

シキの言葉を遮るようにハーミットは同行を拒否しました。

ハーミットは、ここが好きで自分の意志でここにいると言います。

どうにか一緒にくるように説得しようとしますが、ハーミットは聞きません。

ハーミットの体はすでにエデンズゼロにあるというと、元のアイアンヒルに戻せとまで言いました。

シキは強引にハーミットの腕を引っ張ろうとしますが、突き放されてしまいます。

「アンタ…ジギーの連れてきた人間のコね」

「私…人間が大嫌いなの」

ハーミットが見せた拒絶に、シキたちは言葉を失います。

一方、町の様子を見てくると言っていたホムラは、路地から誰かに手招きされます。

ジェンシーと呼ばれた前髪が顔の半分を隠す男の子…アバターなので、リアルの姿は分かりませんが、ホムラとは知り合いのようです。

「潜入はうまくいってるかい?姉御」

「問題ない」

「シキはわつぃを信じている」

そう言ってホムラは薄く笑うのでした。

EDENS ZERO【33話】丘の上の少女の感想

ジャミロフとの戦闘になるかと思いましたが、先にログアウトされてしまいましたね。

でも、そこの見えない力は脅威です…あの口ぶりだとこの先もまた再戦の機会がありそうです。

そして、いよいよ出会えたハーミット!!

その場で逃げられることもなく、話はしてくれましたが、やっぱり心を開いて貰うにはそう簡単にいかないようです。

また、ホムラは町でジェンシーと呼ぶ男の子としていた会話も気になりますね。

次回も楽しみです!!

次回のEDENS ZERO【第34話】が掲載される週刊少年マガジン14号の発売日は3月6日になります。