週刊少年マガジン

EDENS ZERO【第35話】怪物と少女のネタバレ!ホムラがジャミロフと接触…!?

2019y03m14d 182317560 - EDENS ZERO【第35話】怪物と少女のネタバレ!ホムラがジャミロフと接触…!?

2019年3月13日発売の週刊少年マガジン15号、EDENS ZERO【第35話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

前回までのあらすじ

ハーミットの説得に失敗したシキたちは宿に戻っていました。

どうやって説得していこうかと考えていると、突然町中に鐘の音が響き渡りました。

シキたちも外に出てみると、たくさんのモンスターが町を襲いにやってきていました。

モンスターたちはジャミロフに命じられて町を襲いに来たと言います。

シキはモンスターたちを蹴散らしに掛かりますが、空にハーミットのいる丘を目指すモンスターがいる事に気付くと、その場をレベッカ達に任せて、ハーミットの元へと向かいました。

残されたレベッカ達は懸命に応戦しながらホムラを頼ります。

けれど、辺りを見るとホムラの姿が見当たりません。

ホムラは一人で町を駆けながらジェシーと連絡を取り合っていました。

ジェシーからジャミロフの居場所を聞き出したホムラはシキたちを用済みだと言います。

一方、丘に座っていたハーミットはモンスターの襲来を静かに受け入れていました。

「おやすみ…」

そう言って諦めたハーミットを危機一髪で救ったのは駆け付けたシキでした!

EDENS ZERO【第35話】怪物と少女のネタバレ

ホムラは森の中でジャミロフを見つけるとゆっくりと近付いていきました。

ジャミロフもホムラを見て、シキたちといた事を思い出します。

そして、一人で乗り込んでくるとは言い度胸だと言います。

ホムラは、ドラッケン・ジョーの仲間だと言っていたジャミロフに、自分も仲間にして貰えないだろうかと言い、その為なら何でもすると言い出します。

一方、ハーミットを助けたシキは、危なかったなーと抱えたハーミートに話し掛けますが、無反応…

シキたちを負うようにコウモリのようなモンスターたちが追ってきます。

「魔械流重弾!!!!」

シキは粗方のモンスターを技を使って撃墜し、残ったモンスターに飛び乗ると、重身を使って地面に落としました。

「ジギーの力…」

そう呟いたハーミットに、シキは教えてもらったんだと言いますが、ハーミットはどうやって奪ったとシキの言葉を信じようとしません。

人間は信じないと頑ななハーミットに、人間にだって悪い奴ばっかじゃないとシキは伝えます。

「人間には心がない」

そんなハーミットに、シキはそういう奴もいるかもなとしながらも、ハーミットはジギーの友達だろうと言います。

「だったらオレとも友達じゃん」

笑顔で伝えるシキに、ハーミットはまた黙ってしまいました。

そして、ふたりは一旦みんなの所に戻ることにしました。

一方、町では依然としてレベッカ達の奮戦が続いています。

モンスターたちはジャミロフに言われたように、プレイヤーを捕え、NPCは殺せと暴れまわっています。

そんな時、NPCの女の子が転んでしまい、モンスターに襲われそうになると、突然現れた大きなモンスターが女の子を助けました。

シノビトロールと呼ばれたモンスターは、町に来る途中でシキたちが出会った洞窟のモンスターでした。

設定では町の守り神だと言うシノビトロールは、怖いけど町を守ると奮起します。

モンスターたちを指揮していた魔獣兵団長ギロンは、シノビトロールに中ボスのくせにジャミロフに逆らうのかと言いました。

「そなたも同じ中ボスでござる!!!しかも設定が作り込まれてない脇役でござるよ!!!」

負けじと言い返すシノビトロールはギロンの気にしている痛いところを突いていました。

怒ったギロンに戻ったシキが蹴りを食らわせ、ギロンは一撃で倒されてしまいます。

ハーミットをレベッカ達に任せると、シキは息つく間もなくモンスターの大群を蹴散らしました。

シノビトロールは助けた女の子に、今の内に町のみんなは逃げるようにと促しました。

「ありがとうシノちゃん」

シノビトロールだから『シノちゃん』だと言う女の子に悪くないとデレデレなシノビトロールでした。

「逃がさないよ」

シノビトロールの前に現れたのは更に大勢のモンスターを引き連れたジャミロフでした。

殺人鬼の登場に町の人達も怯えます。

小さなモンスターたちが、ボーガンを構えて町の人に打ち込むと、人々を守るようにシノビトロールが体中に矢を受けました。

続々と打ち込まれる矢の雨を一人で受け止めるシノビトロールでしたが、遂に倒れてしまいます。

ジャミロフはモンスターにちゃんと人を狙えと叱っていると、突然モンスターからボーガンを奪い取る手が伸びました。

「貸せ」

シノビロールの姿に泣きだしてしまった女の子を狙って放たれた矢から守ったのはシキでした。

腕に矢を受け血を流すシキを見て、ハーミットは女の子はただのデータなのに…と不思議に思うのでした。

ドラッケン・ジョーに会う為なら何でもすると言っていたが、まさか仲間まで殺せる奴とは驚いたと、ジャミロフは矢を打った人物を見ました。

そして、シキたちはその姿を見て驚きを隠せません。

「仲間ではない」

ボーガンを構えたままのホムラはそう言ってシキたちの前に立っていました。

EDENS ZERO【第35話】怪物と少女の感想

ホムラの裏切りが形となって現れました。

けれど、その理由や目的がまだまだ見えてきませんね。

ジャミロフが再び現れて、モンスターも引き連れてきたクリスタの町のピンチは変わりません。

成り行きで合流したハーミットもまだ心を開いてくれず、問題山積み状態ですが、この後どう物語が動いていくのか、次回も楽しみに待ちたいと思います。

次回のEDENS ZERO【第36話】が掲載される週刊少年マガジン16号の発売日は3月20日になります。