週刊少年マガジン

DAYS【第299話】等身大の悪足掻きのネタバレ!この試合に掛ける思いが強いのはつくしだけではありません!

2019y06m12d 203826728 - DAYS【第299話】等身大の悪足掻きのネタバレ!この試合に掛ける思いが強いのはつくしだけではありません!

2019年6月12日発売の週刊少年マガジン28号、DAYS【第299話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

前回までのあらすじ

準決勝のホイッスル直後、両チームは主導権争いで激しい競り合いをしていました。

最初にボールを繋いだのは聖蹟です!!

君下からのパスを受けたつくしは、風間のようにドリブルで相手を抜く技術はじぶんにはないと即座に判断しました。

東院の保科が見せていたトラップで一歩目のドリブルから相手を上手くかわし、最初のシュートを打ち込みます!

威力、コース共に素晴らしいシュートは、水樹をイメージして打ったものでしたが、桜高GKの近藤によってこれは止められてしまいました。

つくしと対戦してきた各校の選手や、中澤監督、生方、チームメイトたちも驚くつくしのプレーに、スタンドは沸きました。

そして、犬童に渡ったボールはあっと言う間に桜高のカウンターで、聖蹟陣地へと運ばれていきます。

スピードのある猫谷についたのは臼井でした。

圧倒的なプレッシャーと、不利な場所への追い込みは、臼井の能力の高さを伺わせます。

そんな臼井が猫谷に対して怖いくらいの殺気を滲ませていると、ふと、臼井が表情を和らげました。

「今日は気合いが凄いな」

猫谷が不思議に思った瞬間です。

「柄本」

シュートを打ったばかりのつくしが、全速力で戻ってきて、猫谷からボールを奪ったのです!!

この運動量は、梁山の加藤を思わせるものでした。

すべては、この試合に勝つため!!

つくしには自分ができる全てを尽くして勝つこと以外頭にありません!」

DAYS最新話を無料で読む方法は?

DAYS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、DAYS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
DAYS最新話を読む

DAYS【第299話】等身大の悪足掻きのネタバレ

桜高のカウンターを受けた聖蹟ですが、臼井のディフェンスと、シュートを打ったばかりのつくしが聖蹟の最終ラインまで戻り、猫谷からボールを奪取しました。

つくしの大活躍にベンチも大いに沸きました!!

けれど、そのそばからなんでもないところでコケたつくしはボールをフリーにしてしまい、臼井が慌てて外へクリアしました。

つくしが急激にスーパープレイヤーになることはありません。

それでも、よく走って大事な場面で懸命に活躍する姿は、チームを鼓舞します。

聖蹟のチームメイトならみんなつくしが初心者で、決してサッカーが上手い訳でないことを知っています。

だからこそ、みんなつくしに負けないように、つくしに情けない姿を見せないようにと思っていて、それが聖蹟を強くしたのだと笠原は言いました。

「落ち着け聖蹟!!無理しなくていい!!自分たちのペースで行こう!!」

灰原は一旦クールダウンするようにチームに呼び掛けました。

聖蹟ボールになった途端、猫谷はそれを追い、桜高も高い位置からプレッシャーをかけていきます。

ゲームの主導権を握るなら開始5分が勝負だと言うのは東院の鎌田です。

佐藤と鈴木が繋いだボールは君下へ渡ります。

君下に付くのは犬童!!

すぐに寄せてくる犬童にイラつきながら、君下はボールを一旦GKまで戻します。

弱気とも思える君下の判断に、スタンドの観客は犬童を怖がり過ぎだと言います。

GKからのボールを強請る大柴に、君下は黙ってろと怒鳴りつけました。

生方は険しい表情で君下を見つめます。

そんな生方に、中澤監督は夏の大会で君下は犬童に何もさせてもらえなかったことから、トラウマや苦手意識はあるだろうと言いました。

そもそも犬童はフットボーラーとして君下より一枚も二枚も上手なのは、本人も分かっているとしながらも、ここは乗り越えてもらうしかないと君下に託しました。

マークに付く犬童を一度振り払い、新渡戸からボールを要求した君下は、右足で一度ボールに触れると、自分の左足の前へボールを送るトラップを見せました。

犬童を振り切り前を向いた君下は、自分で運ぶのか、誰かにパスを出すのかとみんなが注目する中、君下が蹴り込んだのはハーフラインより奥からのロングボールです。

クリアか、パスか、ボールの行方を見守りますが、ボールが向かった先はなんとゴールです!

そう、君下はシュートを打っていたのです!!

前に出ていたキーパーの頭上を越えていくボールに、近藤はジャンプして必死に伸ばした手に、ほんの僅かボールに触れました。

惜しくもゴールは逃しましたが、君下のキック制度、視野の広さは観客の度肝を抜くプレーです。

けれど、相庭と保科はシュートの前のプレーにポイントがあり、犬童はそれに気付いていると言います。

中澤監督は、君下が無策で臨むわけがなく、今日のあいつはこんなもんじゃないと言いました。

DAYS【第299話】等身大の悪足掻きの感想

キックオフ直後から大活躍のつくしですが、聖蹟のメンバーがつくしの活躍に負けるわけがありません。

君下が犬童に対して対抗策を用意していないはずもなく、何もできなかった夏大会とは違うところを見せてくれるのでしょう!!

つくしが自分のできることを最大限発揮しようとしているように、君下も自分のできることに磨きをかけてきています!

きっと他のメンバーの活躍もこれからどんどん見れると思います。

まだ先制点はどちらも取れず、主導権争いが続きます。

試合がどう動いていくか、この後の展開も注目です!!

次回のDAYS【第300話】が掲載される週刊少年マガジン29号の発売日は6月19日になります。

DAYS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、DAYS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
DAYS最新話を読む