BORUTO-ボルト-

BORUTO-ボルト-【第29話】ネタバレ!影分身の術ナルト対ボルトの忍組手!

main boruto - BORUTO-ボルト-【第29話】ネタバレ!影分身の術ナルト対ボルトの忍組手!

2018年11月26日発売の週刊少年ジャンプ52号、BORUTO-ボルト-【第29話】影分身の術を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

BORUTO-ボルト-【第29話】影分身の術のネタバレ

新しい花瓶を探しに行ったナルトとカワキ。そこで親しく接してくるサラダや新しい花瓶を買ったのに割れた花瓶を修復するための接着剤を渡してくるボルトを、面倒くさいと思うカワキでした。その頃果心居士がある目的のため、木の葉の里に侵入していました。

木の葉の里に登録されていないチャクラが里に侵入すれば、すぐに感知部隊に探知されるはずですが、果心居士はいとも簡単に侵入してしまいます。

果心居士と共に木の葉の里に来たデルタは、自分の監視から簡単に逃れた果心居士にいら立っている様子。

果心居士は自分の任務のため、好きにさせてもらうと、口寄せで小さなカエルを出して、何かを始めました。

一方カワキはボルトからもらった接着剤を見つめながら、「どうしろっつーんだよ」と複雑な様子。

そこにナルトがやってきて、ボルトに「忍組手をしないか?」と持ち掛け、面倒くさそうな態度を示すボルトですが、内心嬉しそう。

ナルトは「カーマのことが分かるかもしれない」と、カワキも誘いました。

ナルトとボルトの忍組手が始まり、ボルトはさっそく影分身の術を使います。

それを観戦するカワキが「ナルトの術だ」というと、一緒に観戦していたヒマワリが「あれは影分身の術だよ。お兄ちゃんも得意なの」と説明。

ボルトはナルトに歯が立たず、カワキが「カーマを使えよ」と言います。

「オレたちはカーマのことをもっと知る必要があるんだ。どうすればカーマを取り除けるのかを知るため、自在に操れるようになってなきゃ話にならんぞ」とカワキ。

ボルトが「カーマをコントロールできない」というと、カワキが「手伝ってやるよ」と自分のカーマを発動させ、ボルトのカーマと共鳴させました。

カーマについてはっきりしていることは、身体能力の大幅な向上なのだとか。

ナルトはボルトのパワーが確かにみなぎっていると話します。そして実戦よりトレーニングでカーマを試すのは理にかなっていると、カワキの言うことに賛同しました。

ボルトも相手がナルトなら心配ないとカーマを使って戦い始め、スピードもパワーも上昇したボルトはナルトと激しい戦いを繰り広げます。

そして雷遁でナルトを攻撃したボルトですが、ナルトは影分身で攻撃を逃れ、隙をついて後ろからボルトを蹴とばしました。

「強くなったなボルト。よく鍛えてんじゃねーか」

ナルトに褒められてうれしそうなボルト。そして2人は2本の指で握手をしました。

カワキが「この握手はなんだ?」と聞くと、ヒマワリがそれは和解の印で、勝負事の後にやる忍の挨拶のようなものだと説明。

楽しそうに訓練するナルトとボルトを見て、カワキは自分の子供の頃を思い出します。

カワキはジゲンから厳しい訓練を受け「カーマを使いこなせなければ、お前に存在価値はない」とジゲンから言われていました。

こんなことは嫌だと拒否するカワキにジゲンは「おまえには何もない。家族、友人、力、才能、何一つ持ち合わせていない。空っぽだ」と言います。

そしてカワキ自身がからっぽの自分を嫌悪し、心に穴が開いていて何を得ても満たされない。だからこそカワキに心を満たしてくれるカーマを与えたのだというジゲン。

「だったらなぜこんなに苦しいんだ?」

そう問いかけるカワキをジゲンは棒で殴り、「カーマのないお前に何の価値もない」と繰り返しました。

忍組手が終わり、家に戻ってきたカワキはナルトに「訓練はいつもあんな感じなのか?」と聞きます。

「ああ。カワキも忍術の訓練をするか?」

とナルトに言われますが、忍びではないしチャクラを使えないから無理だと答えるカワキ。

ナルトは「そんなことはない」とカワキの言葉を否定しました。

チャクラは誰の中にも存在しており、忍者だけが使えるわけではない。チャクラは本来「繋ぐ力」の源で、みんな少なからずチャクラで繋がっているとナルトは言います。

その説明に「よく分からないが、影分身の術は便利そうでいいな」とカワキ。

なぜなら「自分で自分を殴れるからだ」と。

むしゃくしゃしたときに自分1人でケンカできて、いつでもすっきりできるだろうとカワキは言いますが、すでに実証済みのナルトは気分は全く晴れないといいます。

そしてナルトは「ケンカをするなら相手がいた方がいい。それだけ価値のあるライバルが必要だ。友達で世界は変わる」とカカシ、サスケ、サクラの3人と映った写真を見つめ、「これも実証済みだ」とニッと笑いました。

カワキは部屋の外に出ると、割ってしまった花瓶の袋をつかみ、「やれやれ」とつぶやきます。片手には接着剤が握られており、修復させるつもりのようです。

そんなカワキの姿を見つめる小さなカエル。

「そこにいたかカワキ。見つけたぞ」

果心居士はカエルを通して、カワキを発見しました。

BORUTO-ボルト-【第29話】影分身の術の感想

今回は忍組手で成長した姿を見せたボルトと辛い過去がありながらも、少しずつ心を開いていくカワキの話でした。

果心居士がカワキと接触するのは次回に持ち越しのようです。

どのような展開になるのか気になりますね!

次回のBORUTO-ボルト-【第30話】が掲載される週刊少年ジャンプの発売日は12月22日になります。