週刊少年チャンピオン

BEASTARS【第145話】プライベートを持たぬ肉体のネタバレ!コピ・ルアクのアジトでうんこ探し!

2019年9月26日発売、週刊少年チャンピオン42号のBEASTARS【第145話】プライベートを持たぬ肉体のネタバレや感想をまとめました。

BEASTARS最新話を無料で読む方法は?

BEASTARS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新話を読む

【前回のあらすじ】

裏市で「コピ・ルアク」のアジトを捜索するレゴシたち。その頼りはシシ組の占いでした。

ネコ科に備わる霊感とそれを大切に生きるシシ組に共感を覚えたレゴシは自ら占いに参加し、お互い少しずつ歩み寄っていくのでした。

BEASTARS【第145話】プライベートを持たぬ肉体のネタバレ

ネコ科は神秘に満ちた種族。ライオン、トラ、ヤマネコ、ジャガー、ネコ科と一言で言ってもたくさんいますが、彼らはまだガサツで神秘的というにはほど遠いのです。

「霊猫」とまで呼ばれるジャコウネコと比べれば。

 

ジャコウネコの神秘は股にあります。

ジャコウネコのデシコは小さい頃からトイレの個室に入るとからかわれました。

 

デシコが香水を作るぞ。

製造開始だ、個室タイムだ。

デシコが高級なコーヒーを入れてくれるってよー!!

 

ジャコウネコの肛門から出る分泌液は花の香りを高める効果があり、香水の原料として高い価値があります。

またジャコウネコのうんこから取り出した未消化のコーヒー豆は、腸内細菌の働きでえらく美味いコーヒーになるので、それも「コピ・ルアク」と呼ばれ貴重な1杯になりました。

恥ずかしいことではない、僕の体を通すとあらゆるものが価値にあるものに変化する、と言い聞かせるデシコ。

肛門から出た分泌液は香水に、排せつ物から取り出したコーヒー豆はコピ・ルアクに。

しかしデシコは自分の力が、どうして下にばかり集中するのかと悩んでいました。

トイレ以外で神秘を起こしたい、誰にも笑われない周りに誇れるような神秘を起こしたいと考えたデシコは、コピ・ルアク研究団を立ち上げました。

デシコは雑多にブレンドされたコーヒー豆が自分の腸内で上質なコーヒーになるのと同様に、混血の種族が持つ未知なる可能性を研究して自分の手で彼らの価値を見出そうと決めたのです。

 

シシ組とルイとレゴシはコピ・ルアクのアジトでデシコからその話を聞きました。

デシコはヒョウとガゼルのハーフであるメロンのことも知っており、彼は頭も良くて非常に興味深いと言います。

立派なアジトを構えるコピ・ルアクに、ジャコウネコの体は油田同然か、というドープ。

それに対しデシコはおかげさまで、コウモリを雇って楽しく混血種を研究していると返します。

しかし自分たちは誤解されやすく、この間も部下がコモドオオトカゲに怪しまれて通報されたというデシコ。

デシコについて、レゴシは部下思いで志もあるという印象を抱き、コピ・ルアクは思っていたよりずっとちゃんとした団体だったと小声でルイに言います。

そんなレゴシの言葉に、まだ安心するのは早いというルイ。

ここでドープが混血種の情報をタダで教えてくれとは言わないから、何か取引しようと持ちかけました。

デシコはそれを承諾しつつ、取引の場にはコーヒーが必要不可欠だといいます。

そしてメロンの表の顔を教える代わりに、この袋が条件だとデシコは言いながら、部下のコウモリにある袋を持ってこさせました。

袋の中には自分の1週間分のうんこが入っているというデシコ。

その中から未消化のコーヒー豆を取り出して、みんなでコピ・ルアクを飲もうと言います。

全てヒントにつながるはずだと言われ、レゴシは即答で「やりましょう」とうなずきました。

そんなレゴシに「正気かおめぇ!!」と驚くドルフ。

レゴシはここに来る前はもっと暴力沙汰になる覚悟だったようですが、うんこを探ってメロンの情報を得られるなら安いものだと言います。

ルイも嫌そうな表情をしながらも「やるしかない・・・」と話しますが、ドルフはやはり拒否反応を示します。

そんなドルフをみんなで協力すればすぐに終わる、と説得するレゴシ。

結局一同はゴム手袋をつけて未消化のコーヒー豆(うんこ)を探し始めました。

 

その頃、メロンは大学の教師として肉食動物と草食動物についての講義を行っていました。

コピ・ルアクや無精卵の卵、牛乳など、動物の体を通して出される食物は肉を食べたときの幸福感に似たアドレナリンを脳に与えてくれるというメロン。

しかし「肉」そのものの刺激を知ってからは、みんながそのありがたみを忘れてしまったと言います。

「肉」という概念が生まれてしまったのは戦後のこと。

第一次肉草対戦のときです。

戦前までは肉食動物は生命動物、草食動物は自然動物と呼ばれていて、殺生のない関係が成り立っていました。

しかし戦争を機にこの関係は崩れて、肉食動物と草食動物はただならぬ仲に。

争い合って蔑み合うことが増えれば増えるほど、互いに抱く関心は激しくなっていき、愛憎のような厄介な感情が肉食と草食の間に生まれてしまったのです。

メロンがそんな話をしていると、授業の終わりを告げるチャイムが鳴りました。

どうやらメロンは歴史学の非常勤講師のようです。

メロンが生徒たちに「肉食と草食の正しい関係」についての宿題のレポートを提出するよう促します。

すると宿題を忘れていた様子の一人の女の子。

「あんたやってきた?」と女の子が聞く視線の先には、ハルがいました。

ハルは今回のテーマについて一晩考えたけど、難しくて結局白紙だと答えます。

ハルがどうするか悩んでいると、友達が何か書きたいことが見つかるかもしれないから先生に質問したら?と提案します。

そんな友達の提案にハルは「そうしよっかなぁ」と答えるのでした。

BEASTARS【第145話】プライベートを持たぬ肉体の感想

まさかメロンがハルの大学で講師をしているとは思いませんでしたね。

恐らくたまたまだと思いますが、どんな展開になるのか楽しみです!

次回のBEASTARS【第146話】が掲載される週刊少年チャンピオン43号は9月26日に発売されます。

BEASTARS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新話を読む