週刊少年チャンピオン

BEASTARS【第143話】TVの光にもすかされるうすき胸のネタバレ!ルイ、シシ組に帰還!

4689487494 - BEASTARS【第143話】TVの光にもすかされるうすき胸のネタバレ!ルイ、シシ組に帰還!

2019年9月5日発売、週刊少年チャンピオン40号のBEASTARS【第143話】TVの光にもすかされるうすき胸のネタバレや感想をまとめました。

BEASTARS最新話を無料で読む方法は?

BEASTARS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新話を読む

【前回のあらすじ】

レゴシがシシ組から聞き出したメロンの情報。それは”純血至上主義”を掲げる謎の組織「コピ・ルアク」の存在でした。

一方、毎週末ゴーシャがボランティアに訪れているハーフの子供専門の託児所に怪しげなコウモリが現れました。

BEASTARS【第143話】TVの光にもすかされるうすき胸のネタバレ

ガルドナ大学の食堂で自分の首元を見つめながら、何やら怪訝な表情を浮かべるルイ。

そんなルイに肉食獣の男が隣に座っていいかと声を掛けてきました。

肉食獣が草食獣の隣に座るときは一言断りを入れるのがマナーなのです。

草食獣もあえてそれを拒否することは滅多にありません。

しかしルイは「どうぞ」と言いつつも、お盆を持つ手が震えている男を見て”肉酔い”した状態で草食獣の隣に座るなと内心イラ立っていました。

裏市などで生まれて初めて食肉を経験した肉食獣は、その刺激と快楽に体が慣れるまで約1か月はかかります。

フラつきや手の震え、体温上昇、不眠など・・・これらの症状が1か月続くのですが、これを”肉酔い”と呼ぶのです。

(おおよそこいつも大学入って悪い遊びを覚え始めたガキなんだろう。ここに入学してから何匹肉酔いしてるやつを見たことか・・・。本当に・・・ロクでもないな肉食獣なんて。)

 

一方シシ組と行動しようとするレゴシですが、シシ組はそれを拒否します。

「言っとくが俺たちシシ組はルイにしか従わねぇぞ!!」

「ライオンがオオカミに仕切られるなんざ冗談じゃねえ!!」

凄むシシ組におびえるレゴシ。

レゴシは力を合わせた方がコピ・ルアクと接触しやすいと説得しますが、力を合わせるのは本意じゃないとフリーは言います。

「せめて間にルイがいねぇと異種族と円満に手を組むこたぁ出来ねぇよ。俺たちが紳士の獣になれるのは、ルイの目がある場だけだ。」

そんなフリーの言葉に「本当に慕ってるんですね・・・ルイ先輩のこと。」というレゴシ。

ドルフはルイをボスにしていたのは最初こそ経営戦略だったものの、それが大当たりで男も女もみんなルイに魅了されると話します。

 

一方ルイはシャツをめくり、首元のキスマークを見つめます。

オスについたキスマークは肉食獣の場合は勲章となりますが、草食獣の場合はただただ敗北の証だと感じるルイ。

(ていうか、なんで!!俺は誰彼構わず捕食される運命なんだよ!?)

 

数日前、ルイは婚約者のアズキと初めて一晩過ごすことになりました。

彼女は大企業の社長令嬢でルイと同じアカシカです。

ベッドでアズキに迫られるルイ。

ルイはそれを拒否すると喉が渇いたと誤魔化します。

(政略結婚の成立・・・これが本当に正しい道なのかと、シシ組を見捨てていいのかと自問自答しないようにごくごくと水ばかり飲んだ。)

草食獣向きのニュース番組がテレビから流れる中、アズキはルイを抱きしめます。

『草食獣の安全を守らねばなりません!!それが第一です。』

『肉食獣の獰猛さにひれ伏してはなりませんね。』

『冗談じゃありませんよ!!我々草食獣はこんなに一生懸命生きてるのに。』

ニュースをBGMに抱き合いながら、これが普通で何もおかしくないと自分に言い聞かせるルイ。

(おかしくなったのは俺の方だ・・・この状況が酷く異常に思えてくる。)

アズキにキスをされたルイはジュノのキスと違うと感じます。

唇越しにあの固い犬歯の感触がない、と。

(いやいや比べるな!!集中しろ!!余計なことを考えず道を外れるな!!)

ルイは考えを改めるよう、必死に自分に言い聞かせながらアズキの上にまたがります。

(抱くぞ抱くぞ抱くぞ抱くぞ!!同族のアズキを!!俺は今から抱く!!)

自己暗示をかけながらも頭の中にはレゴシ、ジュノ、イブキの肉食獣たちの顔が浮かび、耳からは草食獣向けのニュースが聞こえてくるという状況のルイ。

「う・・・」と固まるルイに「大丈夫ですか?」と声を掛けるアズキ。

しかし次の瞬間、ルイはベッドの脇に盛大に嘔吐しました。

「ル・・・ッ、ルイさん!?どうされましたの!?大丈夫!?」

「うっ・・・ぅ・・・う‶ぉえっ!!」

婚約者との初夜で嘔吐してしまったルイは、一晩中背中をさすられながら便器に顔を突っ込んだのでした。

そのことを思い出しながら落ち込むルイ。

 

一方シシ組は自分たちがルイを変えてしまった部分もあると思うとレゴシに話します。

「肉食獣と距離が近くなりすぎると普通の草食獣エリートの幸せは遠ざかるっつーか・・・。」

「まっ!!そもそもルイはそんなクソちっちぇー器におさまるようなタマじゃねぇけどな!!」

そんなシシ組の言葉に、ルイを呼び戻すのかと尋ねるレゴシ。

シシ組はルイに無理強いはできないので、今夜中に連絡がつかなければ諦めると言います。

「ルイの意思に任せるさ・・・。」

 

ここでルイは手を震わせる隣の肉食獣に声を掛けました。

「肉酔いを和らげるにはミントが良いよ。これ、やる。」

そういってミントを差し出すルイ。

驚く肉食獣にルイは「裏市はほどほどにな」と小声で言って立ち上がります。

「あ・・・えっ、す・・・すみません、あざす!」と慌ててお礼を言う肉食獣。

(今の俺には困っている肉食獣を放っておくことはできない。あんな悲惨な夜を過ごす前に気づくべきだった。)

 

その場を後にしたルイは、アガタに電話します。

そしてシシ組に協力するため今から向かうというルイ。

「その代わり・・・お前ら今夜は一晩中・・・俺を慰めろよ!!」

そんなルイの言葉に、アガタは女がらみで何かあったのかと心配します。

するとフリーはレゴシに「年相応なとこもあるのがルイのチャームポイントなの。」と教えるのでした。

BEASTARS【第143話】TVの光にもすかされるうすき胸の感想

ルイは結局シシ組の元に戻ることになりましたね。

ルイとシシ組の関係性が好きなので嬉しかったです。

次はコピ・ルアクのアジトを探すようですが、どんな展開になるのか楽しみですね!

次回のBEASTARS【第144話】が掲載される週刊少年チャンピオン41号は9月12日に発売されます。

BEASTARS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新話を読む