週刊少年チャンピオン

BEASTARS【第129話】受胎告知の夢から飛び起きてのネタバレ!レゴシ、撃たれる!

hiuhuygyughbyguhyugug - BEASTARS【第129話】受胎告知の夢から飛び起きてのネタバレ!レゴシ、撃たれる!

2019年5月23日発売の週刊少年チャンピオン25号、BEASTARS【第129話】受胎告知の夢から飛び起きてを読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

ヤフヤのメロン捜索を手伝うために、仮面夜行会へ潜入捜査を行うことになったレゴシ。ヤフヤは仮面をかぶったメロンを見つけ出すために、肉食獣のレゴシの血と草食獣のヤフヤの血を混ぜたハーフの血を作ります。

そしてその匂いにハーフの血を持つメロンが、反応しました。

BEASTARS最新話を無料で読む方法は?

BEASTARS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新話を読む

BEASTARS【第129話】受胎告知の夢から飛び起きてのネタバレ

「灰皿っていうのは、タバコの灰を落とすためにあるんだぜ。メロン。」

ヤフヤはタバコの灰を灰皿の横に、落としてしまったメロンの肩をポンと叩きます。

「・・・動揺してしまったよ。俺としたことが。」

仮面をかぶったまま答えるメロン。

「心配しなくても今夜からは留置所で、ゆっくり出来るぞ。もちろん話もじっくり聞かせてもらう。一応身元確認したいところだが、君の証明はその顔面で十分だな。マスクの中を見せてもらう。」

ヤフヤはそう言ってメロンの仮面をめくって、顔をチェックし始めます。

その様子を呆然と眺めるレゴシ。

ヤフヤは男がメロンであることを確認すると、手錠をかけてあっさり逮捕しました。

手錠はメロンの手とテーブルの脚に繋がれています。

ヤフヤは応援を呼ぼうとしますが、建物の中なので電波が入らない様子。

「一旦地上に出て応援を要請してくる。レゴシくん、メロンを見張っててくれ。こいつが所持していた銃だ。預けておく。」

そう言ってメロンの銃をレゴシに渡し、「すぐ戻る・・・気をつけろよ。」とヤフヤは立ち去っていきました。

 

2匹になり、目の前に座るレゴシをじっと見つめるメロン。

「・・・あのさ。君、純血のオオカミじゃないでしょ。何か混ざりモンがあるね。」

メロンに言い当てられて少し動揺するレゴシ。

メロンはレゴシはオオカミにしては図体がデカすぎるし、レゴシが自分に興味を持っていてそれを隠しきれてないと言います。

レゴシの様子を見て、混血だと確信を持ち、さらに何の動物の血かと考え始めるメロン。

するとレゴシが自分から、コモドオオトカゲだと告白しました。

「母方の祖父がコモドオオトカゲなんです。両親は・・・ハイイロオオカミだけど。」

「あーそれはお母さん、さぞ苦労なさっただろうな。オオカミとトカゲのハーフなんて。」

「母は自殺したんです・・・オレが12歳の時に。」

「そうか・・・君も幼いうちに大変な経験をしたんだね。」

自分でも、なぜこんなに身の上話を話しているのかと疑問を感じながらも、ペラペラと話してしまうレゴシ。

「ハーフの生態は生きるのにあまり向いてないんだよ。ヒョウとガゼルのハーフとして24年生きた俺の実感ね。」

メロンはこのパーティーでは、肉食獣も草食獣も種族のしがらみや日々向けられる偏見から解放されたくて遊んでいるけど、自分からしたら贅沢な話だと言います。

「俺には種族がない・・・仲間もいない。どっちつかずの半端者はただの異物。」

そう言ってメリメリと仮面をはいでいくメロン。

「あー蒸れるね。このマスクは。」

そんなメロンを見て言葉を失うレゴシ。

(何で言葉も出ない。まるでまだ見ぬ自分の子供が、孵化するのを目の当たりにしたかのように・・・。

ハルちゃん・・・もしも俺と君の間に子供が出来たら、その子も彼と同じようなことをいうのだろうか。自分を「ただの異物」だと・・・。)

「俺の名前はメロン。君は?」

「・・・・・レゴシ・・・。」

”ウサギのハルちゃんとオオカミの俺が歩幅を合わせて合わせて、時間かけて壁を乗り越えたその先は・・・すべてが救われる世界であってほしい・・・。それだけ異種族間の壁は高くて厚いから。”

レゴシはポケットの中を探り、メロンの銃とヤフヤから借りた無線機、手錠とそのスペアキーがあるのを確認します。

そしてメロンを助けたい衝動に駆られ、スペアキーを取り出したレゴシ。

「ハハハ言っておくけど、解放してくれだなんて俺は一言も頼んでないよ。」

「もっと話したいんです。貴方と。」

そう言ってレゴシはメロンとテーブルの脚をつなぐ手錠を、外しました。

「やれやれ。出資してる俺がいうのもなんだけど、2匹で抜けちゃおうか。こんなパーティー。」

 

レゴシとメロンは外に出て誰もいない道を歩きながら、ハーフの生態について話しました。

そしてメロンは、肉食と草食が仲良くすることが良いとされているはずなのに、そこから生まれた子供は結局異物扱いなんて変だと少し寂しそうに言います。

そんなメロンに対して、

「お、俺は・・・!!メロンさんのこと異物だなんて感じません!実際こうして話していると・・・もっとあなたのことが知りたいと思うし、悪い獣には見えない!」

と声を荒げるレゴシ。

しかし「今の発言・・・なんか陳腐で好きじゃないな。」と言うメロン。

メロンはレゴシに俺を楽しませてくれといい、ポケットの中に、トランプとか楽しくなるものはないのかと聞きます。

言われた通り、ガサゴソとポケットを探り始めるレゴシ。

その瞬間、メロンの銃がないことに気づき、驚きます。

パァン

レゴシはメロンに銃で撃たれ、その場に倒れました。

腹から血を流してグッタリするレゴシ。

「持ってんじゃん!そんな良いネタ。ま・・・それこそ一発限りだけどサ。なかなか楽しめたよ。ありがとね。」

そう言ってメロンは立ち去っていきました。

BEASTARS【第129話】受胎告知の夢から飛び起きての感想

ラストは衝撃的な展開になりましたね。

簡単に人の心に入り込んで、操ってしまうメロンは、想像していたよりかなり凶悪で恐ろしい存在ですね。

あっさり逮捕された時は、少し拍子抜けしましたが、こんな形でまた逃がしてしまうとは思いませんでした。

とにかくレゴシがどうなったのか、とても気になりますね。

次回のBEASTARS【第130話】が掲載される週刊少年チャンピオン26号の発売日は5月30日になります。

BEASTARS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新話を読む