週刊少年チャンピオン

BEASTARS【第127話】幻獣のような斑点模様、ミラーボールの下のネタバレ!仮面夜行会で潜入捜査

ytjtykjutkykyiluylyky - BEASTARS【第127話】幻獣のような斑点模様、ミラーボールの下のネタバレ!仮面夜行会で潜入捜査

2019年5月9日発売の週刊少年チャンピオン23号、BEASTARS【第127話】幻獣のような斑点模様、ミラーボールの下を読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

メロンの捜査が上手くいかず言い訳ばかりの警察に嫌気がさして、自分で見つけ出すことを決意したヤフヤ。しかしヤフヤの身体には疲労が蓄積し、膝はボロボロの状態でした。

一匹での捜査に不安を感じたヤフヤは、かつて共に戦ったゴーシャの孫であるレゴシに協力を依頼。レゴシの前科を消すことを条件に、2匹で捜査を開始するのでした。

BEASTARS最新話を無料で読む方法は?

BEASTARS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新話を読む

BEASTARS【第127話】幻獣のような斑点模様、ミラーボールの下のネタバレ

ジャッカルの女社長ウツギ(33)。

彼女は食肉では心が揺れないというプライドを思っています。

そんなウツギの元に秘書がやってきました。

「社長~土曜の件ですが、先方との食事会はあちらが裏市の中華レストランを提案しています。」

そんな秘書の言葉に、「また裏市!?いい加減にしてほしいわね!」と声を荒げるウツギ。

「あそこは嫌いなの!!行政が一切お金出してないから不衛生だし、下品で肉に飢えた肉食獣ばかり。街全体が低俗よ!!」

怒鳴りながら店を変えてもらってというウツギに、秘書は今夜の食事はどうするかと聞きます。

「・・・今夜は一匹で飲むわ。飲まなくちゃいけないの。」

そう言って秘書に背中を向けるウツギ。

 

その夜、ウツギはバーのカウンターで一人飲んでいました。

(大分酔いが回ってきた・・・このくらいで十分よね)

そしてウツギはバーを出て、足早にとあるカフェに向かいます。

どうやらこのカフェで何かイベントがある様子。

カフェの店員に、「赤いミックスジュースを一つ」と合言葉をいうと、地下に通されるウツギ。

アルコール検査と体臭による会員証明を行い、扉を開けると、そこでは仮面夜行会という上流階級の獣だけが知る秘密のパーティーが開かれていました。

ウツギはフィッティングルームに向かうと、ドレスに着替え、シマウマの仮面をかぶります。

ロッカーの前では、激しく絡み合う男女の姿が。

ここは、みんなが自分の種族を捨てて仮面をかぶり、何にでもなれる場所です。

ドレスコードはセミフォーマルな格好に種族を隠せるマスク(レンタルも可)。

肉食獣は草食獣を装う代わりに、食肉衝動を起こさぬよう、しこたま酒を飲まなくてはいけないというルールがあります。

酔っぱらうと爪も牙も機能しなくなるのだとか。

一人で酒を飲み始めたウツギの隣に、イヌのマスクをかぶった女が座りました。

「良いマスクだね!フフフ、ドレスもめちゃかわいー。」

そう喋りかけてきた犬のマスクをかぶった女の身体を見て、本物のシマウマなのかなと感じるウツギ。

ウツギはシマウマの女と乾杯すると、イヌのマスク似合ってるねと声を掛けました。

「そう!!イヌだよーフフフ。あなたもシマウマを演じるなら、もっとなりきらないとダ・メ。縞模様書いちゃえ。」

シマウマの女は嬉しそうにマジックを取り出して、ウツギの腕に模様を描き始めます。

「ちょっと・・・くすぐったいよ。」

「嫌じゃないでしょ?」

そう言って体を近づけてくるシマウマの女。

”ここでは誰も私を社長として扱わないし・・・肉を食べたがらない肉食獣でも怪訝な顔をされず、女は男を愛すべきという決まりも、ない”

「あ、お酒の匂い・・・やっぱ肉食獣だ。」

「意地悪言わないで・・・んっ。」

シマウマの女は、ウツギの胸を触り、積極的に迫ります。

「やだカワイー♡胸の形もきれいー。」

「もうー私もお返し!!」

「きゃー♡」

2匹がイチャイチャしている隣には、仮面をかぶったレゴシとヤフヤが座っていました。

気まずそうに、こんなヤバイパーティーなんて聞いてないと小声でヤフヤにいうレゴシ。

ヤフヤは潜入捜査は私語厳禁だとあれほど言ったのにとレゴシにイラつきます。

(綿密な打ち合わせをしたつもりだが、やはりこいつにはまだ早かったか・・・)

 

1時間前。

パーティーの中からメロンを見つけ出すというヤフヤ。

仮面夜行会は象牙売買の組織が主催者として、資金を出しています。

メロンがパーティーを主催しているなら必ず姿を現すため、レゴシに捜す手伝いをしてくれというヤフヤ。

レゴシは肉食獣と草食獣のハーフと聞いて複雑そうな表情を浮かべます。

するとヤフヤはウサギと恋仲にあるレゴシだからこのミッションを頼んでいると言います。

「肉食獣と草食獣が愛し合うとどんな生物が生まれるのか、君は見ておけ。結婚のために前科をもみ消すかどうかは、その後決めろ。」

そうして2匹は仮面をかぶり、潜入捜査を行うことになったのでした。

 

ヤフヤは酒に酔った肉食獣と刺激を求める草食獣は、種族のしがらみから解放され、食肉より恐ろしい衝動に駆られる可能性があるとレゴシに言います。

「道徳も倫理も歪んだこのパーティーの空気に、まずは自分が飲まれないことだ。」

BEASTARS【第127話】幻獣のような斑点模様、ミラーボールの下の感想

BEASTARSには本当に色んな世界がありますね。

しかしどうやって仮面をかぶったメロンを見つけ出すのでしょうか?

次の展開も楽しみですね!

次回のBEASTARS【第128話】が掲載される週刊少年チャンピオン24号の発売日は5月16日になります。

BEASTARS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新話を読む