週刊少年チャンピオン

BEASTARS【第120話】夕暮れの叫びは産声かのネタバレ!再会するレゴシとハル

gsrgehtrhtrjytkyuk - BEASTARS【第120話】夕暮れの叫びは産声かのネタバレ!再会するレゴシとハル

2019年3月14日発売の週刊少年チャンピオン15号、BEASTARS【第120話】夕暮れの叫びは産声かを読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

大学生活を過ごしながら、オオカミを見てはレゴシを思い出すハル。そんなある日友達のウサギのアコに、ライオンの彼氏エアドを紹介されます。

気楽で楽しそうな2匹のカップルを見て、肉食獣と草食獣の恋愛はもっとつらいもので、このカップルは嘘だと感じたハルは、ファッションで付き合ってるよねと思わず指摘してしまいます。

その後ハルが後悔して謝りに行こうとアコを大学内で探していると、血まみれになったアコと、混乱しているエアドの姿を発見しました。

BEASTARS最新巻を無料で読む方法は?

BEASTARSを無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新巻を読む

BEASTARS【第120話】夕暮れの叫びは産声かのネタバレ

「”キスして”って言われてしただけだ・・・食おうと何て毛頭思ってなかった・・・なのに急に頭が混乱してきて!!」

と手と口を血まみれにしたエアドが、駆け付けた警察に訴えます。

「た・・・頼む・・・彼女は絶対治してやってくれ!!」

「暴れるな!!早くパトカーに乗れ!」

アコが担架で運ばれていく中、ハルは現場に残った血だまりを見つめます。

(地べたはこんなに血まみれなのに・・・今日はとてもポカポカな陽気だ)

そして救急車とパトカーを見送るハル。

集まっていた野次馬たちは、あまり動揺しておらず、徐々に散らばっていきます。

(凄惨な事件も大学生になれば、ある程度自己責任・・・草食獣はますます自分の身を自分で守らなくちゃいけない。だったらいよいよ・・・このまま私たちも終わりにするべきだね。レゴシくん。)

自然消滅の恋愛なんて慣れっこで、レゴシとの恋愛もそのうちの一つに過ぎなかったと言い聞かせるハル。

おばあちゃんになってから孫に一度だけ聞かせるくらいの思い出にするのが、丁度いいと考えます。

(きっとこんな春風が吹くポカポカの日に思い出すの。レゴシくんと出会ったのも、去年の春だった・・・し・・・あれ?)

その時何かを思い出したハル。

「あぁ~~~~!!あ・・・あ・・・」

とギョッとした表情でしばらく考え

「え~!?あ~う~~・・・!!あ―――!!もう!!」

と叫んで、走っていきました。

 

その頃、レゴシはゴウヒンの病院で雑巾がけをしていました。

「レゴシ」

「ふぁい」

「ここまで院内がピカピカになるとは思わなかったぜ。無給でよく働いてくれたな。」

とゴウヒンがいうと

「とんでもないれふ。俺の宿代にひてくらはい。数日泊まり込んでふみまへんでひた。」

とレゴシが答えます。

「歯ぐきの腫れも引いたので今日でおいとまひまふ。」

というレゴシに、歯抜けのせいでえらい間抜け面だが、こいつも大人になりやがったなと成長を感じるゴウヒン。

するとゴウヒンが「レゴシこれを受け取れ。お前の口から型を取った義歯だ。昨日完成した。」といって、レゴシに義歯を渡しました。

「ゴッ、ゴウヒンはん」と驚くレゴシ。

「これでまともに喋れるし物も食えるぞ」というゴウヒンにレゴシは感謝しながら、感動しています。

しかしレゴシは、「でも・・・要らないれふ!」といってぷいっとそっぽを向きます。

生半可な気持ちで自分の牙を引っこ抜いたんじゃない、もう牙なんて邪魔だというレゴシ。

「食事はどうするんだ。」

「死ぬまでおかゆ食べまふ。」

「女にモテねぇぞ。」

「どうへ一生童貞でふから。」

このおじいちゃんみたいな口調でこの先も過ごすと頑ななレゴシに、全然大人になってなかった、クソガキオオカミのままじゃねぇかと内心イラつくゴウヒン。

(事情はあえて聞かねぇが、牙を抜いたのもどうせ安直な思い付きだ)

と思いながらゴウヒンはイラ立ちを抑え、無理強いはしないが気が変わるから一度つけてみろと、義歯を差し出します。

無言で義歯を見つめるレゴシ。

 

「違和感ないか?見せてみろ。どうだ。」と義歯をつけたレゴシに聞くゴウヒン。

レゴシはさ行もちゃんと言えるし、落ち着くと、落ち込んだように言います。

義歯代はローンを組んでやる、牙がないと守りたいものも守れないぞというゴウヒン。

そんなゴウヒンの言葉に、レゴシは「牙を使わず強くなりたくて、ゴウヒンさんの元で手足を鍛えたんですよ!!」と納得してない様子。

ゴウヒンはタバコを吸いながら、レゴシが大みそかの決闘では最終的に友達の足を食べて勝利したことを話します。

「俺はパンダ然として裏市の医者をやってる!!お前もここまで来たらオオカミの自分を肯定してやれ!」

と説得するゴウヒンに

「・・・そりゃいいですよね。パンダは笹食べていれば体も満足出来て・・・。」

とまだボソボソと文句を言うレゴシ。

そんなレゴシに、ゴウヒンは「愚痴は聞かねぇぞ!!」と怒るのでした。

 

レゴシはゴウヒンの病院を後にしながら、ヤフヤという圧倒的脅威を目の当たりにして、真っ先に駆け込んだ場所が裏市だったことについて考えます。

(ここが無意識にオレの拠り所になっているのだとしたら・・・俺は、俺はもうどうやって自分を肯定してやればいいのかなんて見当もつかない)

また苦悶のループに入ってしまったと悩みながら、コーポ伏獣の前まで帰ってきたレゴシ。

するとどこかから「レゴシくん」と小さな声が聞こえてきます。

レゴシが声のする方を振り返ると、橋の上からハルが呼んでいました。

「レゴシくん・・・っ」

レゴシはキョトンとしたあと「え・・・え!?ハルちゃ・・・」と驚きます。

「レゴシくん!あのさ!」

とハルが話そうとしますが、小さな声だったのかレゴシが聞き返します。

ハルは少しためらった後、大きな声で叫びました。

「お・・・・お、お誕生日おめでとう!!今日でしょ!?4月9日!!18歳になったね!おめでとう!」

必死に叫ぶハルを見つめていたレゴシは、慌てて橋の上にいるハルの元まで走っていきます。

(嘘だ、そんな。現実なのか、これは)

「私一度誕生日聞いたら、なかなか忘れられないタイプなの・・・。」

そう言うハルのカレンダーには、しっかりレゴシの誕生日が記されていました。

息を切らして駆け付けてきたレゴシにハルは

「おめでとうだけ言いたくて来ちゃった・・・何やってんだろうね。レゴシくんほどじゃないけど。はぁ・・・私も相当バカだなぁ。」

と暑そうに服をパタパタ仰ぎながら話しました。

BEASTARS【第120話】夕暮れの叫びは産声かの感想

久しぶりにレゴシとハルが再会しましたね。

誕生日をお祝いするためにハルがレゴシに会いに来たわけですが、この後どんなやり取りをするのかとても気になります!

次回のBEASTARS【第120話】が掲載される週刊少年チャンピオン16号の発売日は3月21日になります。

BEASTARS最新巻を無料で読む方法は?

BEASTARSを無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新巻を読む