週刊少年チャンピオン

BEASTARS【第116話】思考回路のDancing Boyのネタバレ!ヤフヤと対面するレゴシ

iuhjhuhikj - BEASTARS【第116話】思考回路のDancing Boyのネタバレ!ヤフヤと対面するレゴシ

2019年2月14日発売の週刊少年チャンピオン11号、BEASTARS【第116話】思考回路のDancing Boyを読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

骨肉麻薬の売人を捕まえたお礼に、警察署から大量の餅をプレゼントされたレゴシ。コーポ伏獣の住人と交流を図ろうと、餅をおすそ分けすることにしました。

集まった住人達は全員レゴシと同じように何かしらの事情を抱えており、学校を退学して孤独な一人暮らしだと思っていたレゴシは、自分の居場所を見出します。

そんな中、警察署から届いた段ボールの中に、ヤフヤからの手紙が入っていました。

BEASTARS【第116話】思考回路のDancing Boyのネタバレ

古着屋で服を試着しているレゴシ。

イヌ科はネコ科より、手首や足首が細い分着やせするのだと、店員が褒めています。

ヤフヤのことを相当偉い獣だと感じたレゴシは、普段着ではダメだと思い、きちんとした洋服を買いに来たのです。

ヤフヤの手紙にはこう書いてありました。

レゴシくんへ

この手紙を見つけたということは、君はもう随分餅を食ったんだろうね。

この餅は僕が警察に手配して、君に贈らせたものだ。僕は君に感謝したい。骨肉麻薬の売人を成敗してくれたそうじゃないか。

良い機会だ。警察によると君は裏市の近くに住んでいる若者のようだし、僕も勇敢な民間獣から街の様子を色々聞きたい。

3月25日、君を夕食に招待する。

僕が何者かは・・・会って話せばわかるはずだ。

ヤフヤ

 

レゴシは街を歩きながら、ヤフヤという名前をある場所限定で見聞きしたことがあると考えます。

そんなレゴシがたどり着いたのは裏市でした。

(去年ゴウヒンさんのもとで修行するために毎日裏市に通ってた時、見るともなく目に入っていた3文字だ。裏市の壁には隙あらばこの名前が書きなぐられている)

”怪物ヤフヤを食殺すべし”

同じような落書きは公衆便所や、路地裏、トンネル、電信柱など、裏市のあらゆる場所に書いてあります。

(裏市で憎まれているということは・・・ヤフヤさんは表社会の英雄か・・・草食獣の味方ということか?だってここは・・・肉食獣がコソコソと草食の肉を売買して食べて・・・)

そんな事を考えながらレゴシが石段の上に座っていると、小さな体の肉食獣が目の前でズッコケました。

するとすぐさま周りの肉食獣たちが心配して駆け寄ります。

その光景を見て、裏市は本当に悪なのだろうかと感じるレゴシ。

草食獣の肉を食べるのは悪いことだけど、みんな好き好んで肉食獣に生まれたわけじゃないし、一言で”悪”なんて決めつけていいのかとレゴシは悩みます。

『大人になるってそういうことなのかよ』という初めて裏市を目の当たりにしたときの自分のセリフが、今になって突き刺さるレゴシ。

「いつまでも俺の立場はあやふやだな・・・。」

(リズと決闘して、ルイ先輩の足を食べて、今のおれは・・・以前は見えなかったものがたくさん見えてて)

「俺だって自分が怖いよ・・・ただの肉食獣のくせ・・・視野ばっかり広がっていって。」

とぼんやり空を眺めながら呟くレゴシ。

 

夜になり、待ち合わせ場所に向かうと、そこには大きくそびえ立つ警視庁がありました。

裏市から電車で10分の場所なのに、とても整備された街の様子に驚くレゴシ。

警視庁の中に入ると、受付嬢が「ハイイロオオカミのレゴシ様ですね!お待ちしておりました。ただいまご案内いたします。」とにこやかに応対します。

そして「こちらです。ついてきてください。」と案内を始めたのは小さなネズミの大群。

エレベーターに乗り、警視庁の最上階まで案内される中、どんな獣なのかと緊張するレゴシ。

頭の中には、”怪物を食殺すべし”という落書きが浮かび、心臓の音が大きくなります。

最上階に到着すると、ネズミたちが肩車をして、エレベーター上部にある機械で顔認証と鼻紋認証を始めました。

(厳重だな・・・まだ開かないのか)

とじれったい様子のレゴシ。

そしてようやく開いたエレベーターの扉。

「待っていたよ。」

扉の前ではレゴシより一回り大きいスーツ姿のヤフヤが、にこやかな笑顔で待ち構えていました。

呆気にとられてエレベーターから出ないレゴシの足を、ネズミたちが押します。

無理やり押し出されて慌てるレゴシ。

チンとエレベーターが閉まります。

(俺は今夜・・・この男に一体・・・何を試されるのだろうか。)

「ようこそレゴシくん。」

「・・・初めまして・・・ヤフヤさん。」

BEASTARS【第116話】思考回路のDancing Boyの感想

ようやくヤフヤとレゴシが対面したわけですが、ヤフヤがレゴシよりはるかに大きくてびっくりしました。

来週はどんな展開になるのでしょうか?

とても気になりますね!

次回のBEASTARS【第117話】が掲載される週刊少年チャンピオン12号の発売日は2月21日になります。