週刊少年チャンピオン

魔入りました!入間くん【第124話】願いを弓にのネタバレ!弓矢で危機を脱する入間

2019年9月19日発売、週刊少年チャンピオン42号の魔入りました!入間くん【第124話】願いを弓にのネタバレや感想をまとめました。

魔入りました!入間くん最新話を無料で読む方法は?

魔入りました!入間くん最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、魔入りました!入間くん最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
魔入りました!入間くん最新話を読む

【前回のあらすじ】

収穫祭の途中、オロバスの奇襲を受けてトラウマの幻影に苦しめられる術をかけられた入間。崖の下で一人取り残され窮地の中よぎったのは、弓の師匠バチコの姿でした。

魔入りました!入間くん【第124話】願いを弓にのネタバレ

入間は以前バチコに弓矢を教わっていました。

入間の手から放たれた魔力の矢はヒョロヒョロと飛んでいき、ぺしゃんと水のように缶の的に当たりますが、缶は傷一つ付いていません。

それを見て爆笑するバチコ。

教わった通りに撃ったつもりだったという入間に、バチコは確かに間違っていないと言います。

①踏み込む②構える③放つ

これが弓を使うときの順番ですが、弓矢に入間の指令が伝わってないというバチコ。

魔術の基本は「こうしたい」というイメージ。

入間は自分の欲を羽に込めて弓を生みましたが、その時に願ったのは敵を撃つことか?とバチコは聞きます。

「悪魔になりたい!」と願ったことを思い出した入間はそれを否定。

見た目よりも貧相な弓になってるもんな、と笑うバチコ。

もっと集中力を高めて理想の弓をイメージし、入間の弓に「射る」を教えなきゃならないと言います。

そしてバチコは集中力が最も高まる状況といえば?と入間に問いました。

その質問に「静かな時?」と答える入間。

しかしバチコは圧倒的な危機、生死の瀬戸際こそ集中力が爆上がりすると言います。

だからこれは缶じゃなく、獅子型魔獣であると勘違いしろというバチコ。

バチコは獅子のイメージを手助けしてやると言いながら、獅子型魔獣の幻影を作りだしました。

魔獣はただのハッタリですが触ったら死ぬと思いこめ、とバチコは入間に言います。

すると魔獣は入間に攻撃を仕掛けてきました。

思わず逃げる入間に「退がるな!!集中しろ!!」というバチコ。

入間は弓を魔獣に向けて引きますが、バチコはそんな一射でこいつは倒せない、もっと貫くイメージを弓に伝えろと怒ります。

言われた通り入間は弓矢に射るイメージを伝えることを試みますが、難しく頭がごちゃごちゃになってしまいました。

入間は昔のサバイバルを思い出そうと考え、敵から目を離さず、見て、構えて、放つことを意識します。

矢が肉をえぐる音、獣の咆哮、においまでシンプルにリアルに想像し、弓矢に願いを伝えます。

すると入間はついに獅子型魔獣を倒すことに成功し、矢は缶を貫きました。

疲れ果てて息が荒くなる入間を、バチコは上々だと褒めつつ、あと99回修羅場を想像しろ、と再び缶を定位置に戻します。

1回伝わったくらいで弓矢と相棒になれるかよ、というバチコ。

あと計100回、ギブアップか?と聞くバチコの言葉を入間は否定し、両親に連れまわされた修羅場の数の方がもっと多いです、と笑顔を見せました。

その後、入間はひたすら特訓を繰り返しました。

弓矢と一緒にイメージの中の修羅場を超え、100回以上何度も特訓した入間。

バチコも入間も特訓が終わるころにはバテバテになっていました。

こんだけ自分をつき合わせて優勝できなかったら、入間は一生自分のパシリだと笑うバチコ。

「期待してるぜアホ弟子」

 

そして現在、入間は奈落の底で黒い悪魔と対峙していました。

恐怖に全身が震え、目に涙をためる入間。

入間はバチコに弓矢の構えは”心構え”のことだと教わりました。

入間にとっては両親が怖いわけでも、あの化け物が怖いわけでもありません。

身体が拒絶するほど怖いことは、みんなと一緒にいられなくなること。

師匠の言葉を思い出せ!!と自分を奮い立たせる入間。

恐怖を打ち払うイメージと願いを弓矢に伝えます。

「自分の居場所を守るんだ!!つらぬけ鈴木入間!!」

入間は黒い悪魔に向けて弓矢を放ちました。

弓矢は悪魔に当たり、光と共に悪魔がスパァンと弾けます。

「僕は魔界で生きてやる」とニヤリと笑う入間。

そして悪魔はスゥッと消えていき、入間は気が抜けたように座り込みます。

するとどこからか「ギャー」と鳴き声が聞こえてきました。

入間が声のする方を覗くと、弓の刺さったような跡が残っている小さな魔獣が瀕死の状態で倒れています。

この魔獣がさっきの悪魔に見えていたようで、やっぱり幻覚だったんだと気づく入間。

上で会った両親も幻覚だったと気づいてほっとします。

そして収穫祭に戻って、みんなのところへ帰らないと、とつぶやく入間。

しかしここで人間でもみんなの隣に立てることを証明するチャンスだと考えた入間は、悪魔っぽく宣言するのでした。

「最強の悪魔を決めるこの祭りで・・・ぜってぇ優勝してやる」

魔入りました!入間くん【第124話】願いを弓にの感想

入間が無事に危機を乗り越えましたね。

ここからレジェンドリーフをゲットして逆転優勝できるのでしょうか?

次の展開も楽しみですね!

次回の魔入りました!入間くん【第125話】が掲載される週刊少年チャンピオン43号は9月26日に発売されます。

魔入りました!入間くん最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、魔入りました!入間くん最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
魔入りました!入間くん最新話を読む