週刊少年チャンピオン

魔入りました!入間くん【第121話】魔神トートーのネタバレ!入間とナフラの初恋メモリー

654654648486 - 魔入りました!入間くん【第121話】魔神トートーのネタバレ!入間とナフラの初恋メモリー

2019年8月29日発売、週刊少年チャンピオン39号の魔入りました!入間くん【第121話】魔神トートーのネタバレや感想をまとめました。

魔入りました!入間くん最新話を無料で読む方法は?

魔入りました!入間くん最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、魔入りました!入間くん最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
魔入りました!入間くん最新話を読む

【前回のあらすじ】

レジェンドリーフをゲットしたい入間は、リードと二手に分かれて収穫のカギを握る「始まりのタネ」と「終わりの鉢」を探すことになります。

探索中に合流したナフラと共に見事タネを見つけた入間でしたが、突然魔神トートーが現れました。

魔入りました!入間くん【第121話】魔神トートーのネタバレ

魔神トートーは魔界の知識を司る魔獣たちを超越した上位の存在。

バビルス教師陣の召喚に応じて、収穫祭では「始まりのタネ」の番人を担います。

「私はあらゆる知識を求めている。故にタネが欲しくば何か面白い話をしろ。」

(面白い・・・話・・・ッ!?)

そう言われて必死に考える入間ですが、何も出てきません。

「困っているな、少年よ。私の知らぬ話であれば何でもよい。そしてその話で心を揺さぶり、爆笑や感動で包んでさえくれれば。」

「全然何でも良くない・・・。」

魔神トートーは知識は技能だと言います。

事件や情報、事象、物語、他者に伝えて心に響かせなければ知識とは呼べないのだとか。

「私はレジェンドリーフを咲かせる鍵”始まりのタネの”番人として、タネにふさわしい者を見極めねばならぬ。この私を満足させるほどの有意義な知識こそ、このタネと同等の価値を持つのだ。」

ここで入間はバラムコレクションの一つである「一匹のごうもんかん」という話を話そうとします。

しかし魔界のあらゆる蔵書は把握済みだということで魔神トートーが却下。

次に入間は生きるためのサバイバル術を話そうとしますが、魔神トートーは動植物学・薬学などの学問もあらかた履修済みのため却下。

半泣きで「パンはパンでも食べられないパンはなーんだ!?」という入間に「勝手に質問形式に変えるんじゃない。」という魔神トートー。

魔界の基礎知識さえ最近知り始めた入間には難しい課題に、入間の心は折れてしまいました。

その時ナフラがスッと入間の前に現れます。

そして「ぎゃぎゃーぎょう。ぎょっががっぐがー。わぷっブブブッぎゃーしょ~。」と体を使いながら何かを話し始めるナフラ。

さらに話し終わった後、ナフラは「ギャギャギャッ」と爆笑し始めます。

ナフラの話は入間には理解不能ですが「鉄板ネタのジョークだな。」と理解できている様子の魔神トートー。

これは魔界のジョーク100選に収録されているギャグのようです。

「ジョークも網羅してるんですね。」という入間に魔神トートーは繰り返し思い出し過ぎて、もう笑えないのだと言います。

「ジョークにしても物語にしても全て知ってしまってはな・・・。収穫祭で若き風に出会えば新しい知識に出会えるやもと思ったが・・・あぁかなしや。私にはもうこの魔界で知らぬことはないというのか・・・。」

悲しそうに言う魔神トートーを見て、入間は何かを思いつきました。

「トートーさん。”初恋メモリー”って知ってます?」

そんな入間の言葉に食いつく魔神トートー。

すると入間はナフラに協力を頼み、初恋メモリーの話を始めました。

「第1話”ドキドキ☆恋の交通事故”。」

ここから入間とナフラの熱演による恋の物語が始まります。

 

女子高生の星野凛(16)になりきる入間は只今遅刻中。

「いっけなーい。遅刻遅刻!新学期早々遅刻なんて~もう最悪!」

入間がそんなことを言いながら歩いていると、相手役の男子であるナフラとぶつかってしまいました。

「いたたた」としりもちをつく入間に、ナフラが「ごっごめん!大丈夫?」と駆け寄ります。

「ケガはない?」と手を差し伸べるナフラにときめく入間。

「このドキドキは・・・一体・・・なに――ッ!?」

 

入間たちの恋物語を見つめる魔神トートーは、心をわしづかみにされていました。

その後も繰り広げられる入間とナフラの熱演。

魔神トートーはそれを時にはハラハラしながら、時には涙を流しながら見つめます。

(ああ・・・久しぶりだ・・・。心が震えて、苦しく・・・あたたかく・・・楽しい・・・!!)

そして恋物語が終わると「実に素晴らしかった・・・!!」と興奮する魔神トートー。

やり切った入間とナフラはバテバテです。

すると魔神トートーは「知識は親交のタネである。親愛なる挑戦者イルマよ。素晴らしい知識に敬意を表し・・・そなたに”始まりのタネ”を授けよう。」と言いながら、入間たちにタネを与えました。

「私の新しい知識の中に・・・”イルマの収穫祭優勝”という物語が刻まれることを期待するぞ。」

そんな魔神トートーの言葉に「ありがとうございます!!」と返す入間。

 

こうして入間とナフラの初恋メモリーの熱演により”始まりのタネ”の収穫に成功したのでした。

魔入りました!入間くん【第121話】魔神トートーの感想

無事始まりのタネをゲット出来ましたね。

まさか魔神トートーが恋物語にハマるとは思いませんでした。

しかしレジェンドリーフを収穫するための、もう一つのアイテム「終わりの鉢」をリードがゲットできているのか気になります。

次の展開も楽しみですね!

次回の魔入りました!入間くん【第122話】が掲載される週刊少年チャンピオン40号は9月5日に発売されます。

魔入りました!入間くん最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、魔入りました!入間くん最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
魔入りました!入間くん最新話を読む