週刊少年ジャンプ

食戟のソーマ【第312話】自分自身の味のネタバレ!真凪の『おさずけ』と『おはじけ』が同時に発動!!

2019y05m28d 055506824 - 食戟のソーマ【第312話】自分自身の味のネタバレ!真凪の『おさずけ』と『おはじけ』が同時に発動!!

2019年5月27日発売の週刊少年ジャンプ25号、食戟のソーマ【第312話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

前回までのあらすじ

創真の申し出を受け入れた真凪は、朝陽の料理と同様に創真の作ったチャーハンも試食することにしました。

そして、一口食べた瞬間に、真凪は創真のチャーハンに違和感を覚えます。

もぐもぐと噛み締めて行くほど予想だにしない極上の風味が広がり、違和感の正体に気付くのでした。

違和感については、朝陽も感じていました。

更に被せたクロッシュを開けた瞬間にも、ふんだんに使ったはずのスパイスやバター・醤油の香りが漂ってこなかったのです。

創真は、その仕掛けがフレンチのウフ・マヨネーズにあると言いました。

半熟卵とマヨネーズを合わせた卵液でご飯のひと粒ひと粒に卵のベールを纏わせることで、噛み締めるまで香りを閉じ込めた『香らないチャーハン』を作ったと言うのです。

このチャーハンは、創真にとって母に初めて教えてもらった料理であり、思いでの品でした。

定食屋の娘でありながら、料理が不得手だった母が唯一上手く作れることがあったチャーハンから、創真は失敗の味こそがこの皿を作った立役者だと朝陽に言い放ちました!

創真の言葉をくだらないと一蹴する朝陽でしたが、そんな時、真凪の居る城からバァンッ!という大きな音が立て続けに沸き起こりました。

朝陽の料理を食べた時の”おさずけ”とは様子の違うそれは、ただの”おさずけ”ではないと、会場内は騒然となります。

食戟のソーマ最新話を無料で読む方法は?

食戟のソーマ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、食戟のソーマ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
食戟のソーマ最新話を読む

食戟のソーマ【第312話】自分自身の味のネタバレ

創真の『香らないチャーハン』を口にした真凪は、その味に引きずり込まれるような感覚を覚えていました。

城から響く大きな音と悲鳴は会場まで響き渡ってきています。

ただのおさずけではないという薊の言葉に、えりなはどういうことなのかと詰め寄ります。

しかし、薊ですら真凪のこの状況を見るのは初めてだと言いました。

そうこうしている内に、会場にいた観客たちの服がどんどん細切れになって弾けるように破れていきます!!

おさずけパルスは、本来、発動者の周囲へ波紋上に広がり、近くの人間をはだけさせていく物ですが、今、目の前に起きている現象は、衣服を四散させてしまうおはじけだと言います。

まさかの『おさずけ』と『おはじけ』の同時発動!!

その影響力の大きさからも、朝陽の料理よりも美味だと感じていることが容易に分かりました。

朝陽は納得がいかない様子で、声を張り上げますが、真凪は確かに朝陽のバスティーはあらゆる味が編み込まれた逸品だったと語り始めました。

けれど、数多の料理人の技という皮を取り去ったその奥は空っぽで、朝陽自身の味が何処にもないと言います。

真凪は、朝陽も心のどこかで気付いているはずとしながらも、皿に載せるべき”自分”が居ない事実から目を背ける為に他人のナイフを奪い続けてきたと突き付けました。

対して、創真の皿からは出会ってきた全ての者たちとのぶつかり、育んできた自分自身の味が皿に載っていると真凪は言いました。

そして、真凪は審査員たちに判定を促します。

創真は、立ちすくむ朝陽を見ながらやっぱりだったと思いました。

父である城一郎を越えたと言った朝陽でしたが、創真が小さい頃見て、追い駆けてきた父の姿は、もっともっと強そうだったと…

そうして下された審判の結果は、3-0で創真が見事に朝陽に勝利しました!!

同時に、創真はBLUEの決勝進出を決めました!!

敗れた朝陽は、創真に近付くと、一本の包丁を創真に差し出しました。

それは、城一郎が婿入りした頃ずっと使っていた”幸平のナイフ”だと言い、BLUEの頂点にすらなれなかった自分には持つ資格がないから、城一郎に返しておいてくれと言います。

けれど、創真はそれを断りました。

城一郎に勝ってちゃんと奪ったものなら、朝陽が持っていればいいと創真は言います。

「…それより朝陽サンってさぁ、なんであんなに薙切を嫁にしたかったわけすか?」

創真からの虚を突いた質問に、朝陽は城一郎と過ごしていた頃を思い出しました。

厨房で、共に料理をしながら少しだけ聞いた城一郎の話…

遠月を出て、世界中を放浪していた頃、料理に対してすこし煤けていた状態だったと言う城一郎を救ったのが嫁の珠子だったと語りました。

朝陽には、珠子の事を話している時の城一郎がとても嬉しそうに見えていました。

そして、城一郎から教えられたいい料理人になるコツが、自分の料理のすべてを捧げたいと思えるような、そんな相手に出会うこと…ということでした。

「…決まってるだろ。より強くなるために───」

「そーすかね……?俺には───あんたが欲しがってるもんは、もっと違うなにかに見えるけどな」

言葉を失った朝陽は、ばかばかしいとばかりにその場を立ち去っていきました。

朝陽が憧れた強さの先に見え隠れするのは、城一郎の幸せな家庭でした。

そんな事を思い返していると、朝陽の前に城一郎が立っていました。

「お前が求めてるものは心配しなくても手に入るさ」

黙って通り過ぎようとした朝陽に、城一郎はそう言いました。

「それにな…朝陽。お前の料理人としての育ての親は誰が何と言おうと俺だからな」

「な……なに言ってんだ…」

そう言って立ち去る朝陽でしたが、朝陽にとっても城一郎が育ての父であることは変わらないようで、城一郎の言葉に頬を染めるのを気付かれまいと足早に去って行きました。

朝陽の中には既に、自分の味…自分自身の料理を追い求める気持ちが芽生えていました。

一方、勝利の余韻に浸る創真たちに、真凪は勘違いするなと不穏な言葉を投げかけてきました。

食戟のソーマ【第312話】自分自身の味の感想

漸く決着のついた創真VS朝陽の試合!!

創真と同じように、朝陽もまた父と慕う城一郎への憧れが料理に繋がっているのだと改めて感じました。

城一郎のように自分の料理の全てを捧げたいと思える相手と出会いたいという朝陽の願いは、自分の料理を追い始めた朝陽なら、いつかきっと叶うでしょう。

そして、喜んでばかりもいられない真凪からの言葉の真意とは…?

真凪の求める『今まで地球上に無かった皿』への道はそう容易くはなさそうです。

残すはえりなと創真の決勝戦となったBLUEの試合の行方も気になります。

また次回からの展開を楽しみに待ちたいと思います。

次回の食戟のソーマ【第313話】が掲載される週刊少年ジャンプ27号の発売日は6月3日になります。

食戟のソーマ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、食戟のソーマ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
食戟のソーマ最新話を読む