週刊少年ジャンプ

食戟のソーマ【第311話】失敗の味のネタバレ!母との思い出の料理で勝負に挑む!!

2019y05m23d 080424839 - 食戟のソーマ【第311話】失敗の味のネタバレ!母との思い出の料理で勝負に挑む!!

2019年5月20日発売の週刊少年ジャンプ25号、食戟のソーマ【第311話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

前回までのあらすじ

朝陽の実食でざわついた会場も漸く落ち着きを取り戻してきた頃、次はいよいよ創真の料理を披露する番がやってきました!!

クロッシュが開けられた皿にあった料理、それは…──────

『チャーハン』でした!!

ザ・定食屋メニューの登場に、会場は戸惑いでざわつき始めます。

既に朝陽の料理に魅了された審判員たちは、創真の料理に興味が向かない様子でしたが、ムリヤリに口に入れられた瞬間、事態は一変します。

一口食べたあと、手が止まらず皿を持ち上げてどんどんかっ込んでいきました。

当然ただのチャーハンではありませんでした。

お題にあったように、五大料理の要素を取り入れたチャーハンの仕上がりは見事なものになっていました。

創真は、どこかから見ているであろう真凪に、自分の料理も食べて欲しいと呼び掛けました。

そして、このチャーハンという料理が、創真にとって母との思い出の料理だと言うのでした。

食戟のソーマ最新話を無料で読む方法は?

食戟のソーマ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、食戟のソーマ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
食戟のソーマ最新話を読む

食戟のソーマ【第311話】失敗の味のネタバレ

創真からの申し出で、料理を試食して欲しいと言われた真凪は、創真の意図は分からないとしながらも、試食することを受け入れました。

対戦相手の朝陽の品も食べたことから公平を期すためにもという事なのでしょう。

ただし、創真の品を食べて反吐を吐くかもしれないとバケツを用意させます。

審査員3人の反応から、創真の作った料理が美味であることは間違いないのですが、それでも、真凪の求める美味レベルは尋常ではない為、並大抵の料理では真凪は戻してしまいます。

けれど、審査員たちは今も尚創真の料理に感じ入っている様子…

それは、朝陽の時以上に…──────

真凪は徐に創真の料理を口にしました。

一口目に感じる違和感…もぐもぐと噛み締めていくと予想だにしなかった極上の風味が広がってきたというのです!!

朝陽もまた、その違和感に気付いていました。

ふんだんに使ったスパイスやバター・醤油を使っているはずのチャーハンだというのに、更に被せていたクロッシュを開けた時にほとんど匂いが漂ってくなかったと言います。

「その秘密は……他紙わせた五大料理の内の一品、『変則式ウフ・マヨネーズ』にあるんすよ」

創真の言うウフ・マヨネーズとは、フレンチビストロの大定番のメニューであり、固めに仕上げた半熟卵に、野菜や自家製マヨネーズを添える皿のことです。

真凪によると、創真の作った品はかなり柔らかいトロトロの半熟にしてあると言います。

その半熟卵と特製マヨネーズを合わせた卵液を焚いた米ひと粒ひと粒に纏わせ、風味を閉じ込めていると…

それは、中華鍋と玉じゃくしを通常ではあり得ない高火力・超高速で振るうことで可能にしたと見抜きました。

「初見では知覚できないほど薄い卵のベールは、さながら極小のオムライス!!!」

結果、チャーハンは噛み締めた瞬間コーティングが破れ、全ての味と香りが一気に舌の上に展開・炸裂したというわけです。

創真が用意した品は『香らないチャーハン』でした!!

創真は土鍋で焚き上げた時点ですでに米に火を入れています。

それなのに、炒め油も使わずに卵を纏わせたとなれば、一瞬でも手間取ると火が入り過ぎた出来損ないのチャーハンになってしまう恐れがありました。

見た目よりもとても際どい調理によって、できた品だったと分かると、会場に緊張が走りました!

失敗が怖くないのか…どうしてそんな調理法が思いつくのだと…

「ある料理人から教えてもらったんすよ。俺の母ちゃん。母ちゃんが……作ってた失敗作からね──────」

10年前──────

お食事処ゆきひらは賑わっていました。

当時6歳の創真は、常連客からの”おまかせ”オーダーが入って、久しぶりに母の料理が出るとワクワクしながら祖父に話し掛けますが、祖父は懲りないなと呆れ気味です。

オーダーを受けた創真の母・幸平珠子は張り切って料理を出しました。

けれど、その料理を食べた客は一口目でその不味さに悶絶して白目をむいてしまいました。

「俺の母ちゃんは……料理がド下手だった」

常連客達は、珠子の作る”おまかせ”で、賭けをして楽しんでいました。

料理屋の子なのに料理が不得手な珠子だが、たまにアタリが出るのだと盛り上がります。

特にチャーハンだけは割と打率がいいと話すと、珠子は一番何回も失敗してる料理だから当たり前だと意気揚々と語りました。

客たちは、それにも笑いながら、料理がべらぼうに上手い婿養子が来てくれたから、ゆきひらは安泰だと言い、城一郎にオーダーをするのです。

いつまでも笑いが絶えない、賑やかな店内を創真は嬉しそうに眺めていました。

「そんな母ちゃんに初めて教えてもらった料理が…チャーハンだった」

創真は、失敗も成功も関係なく、どこまでも楽しそうに鍋を振るう母の姿が大好きだったのです。

そして、創真は朝陽に確かにすごい道具と能力を山ほど持っていて、どんな愛でも作れるんだろうけれど、一つだけ朝陽が知らず、創真が知っている味があると言いました。

「失敗の味。そいつがこの皿を作ってくれた立役者です」

朝陽は才能に乏しい料理人は言うことが違うと、創真の言葉をくだらないと一蹴しました。

「俺は城一郎すら倒した料理人!!最強は俺……っ。最強の男にはそんなもんいらねぇんだよ!!!」

その時、突然バァンッ!という激しい音が会場内に響き渡りました。

朝陽の時と同様に、真凪の”おさずけ”が来たのかとざわつき始める会場内でしたが、朝陽の時とは少し様子が違っていました。

大きな音がした後も、立て続けにバンバンと音が鳴りやみません。

ただのおさずけではないッッ!!!!

一体何が起ころうとしているのでしょうか…!?

食戟のソーマ【第311話】失敗の味の感想

創真のお母さんはどんな人なのか気になっていましたが、まさかの料理下手だったとは…

城一郎とのなれそめとかも気になりますね!

そして、そんな母から教えてもらったチャーハンで勝負に来た創真は、朝陽とは違う形で美食を求めていくという思いが強く感じられました。

勝負の行方はまだ分かりませんが、真凪の”おさずけ”のはんのうからすると、とても期待が持てそうですよね!!

創真と朝陽両者の実食が終わり、いよいよ勝負の結果が出る時が近づいていると思うとドキドキします!

次回も楽しみに待ちたいと思います!!

次回の食戟のソーマ【第312話】が掲載される週刊少年ジャンプ26号の発売日は5月27日になります。

食戟のソーマ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、食戟のソーマ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
食戟のソーマ最新話を読む