未分類

裏世界ピクニック【第17話】時間空間おっさんⅣのネタバレ!空魚と小桜裏世界へ!

IMG 20190612 104646 - 裏世界ピクニック【第17話】時間空間おっさんⅣのネタバレ!空魚と小桜裏世界へ!

2019年6月12日発売の月刊少年ガンガン7月号、「裏世界ピクニック」第17話を読んだので、これまでのあらすじ、ネタバレ、感想を書きます。

「前回のあらすじ」

鳥子の家を訪ねた空魚。

マンションの様子がおかしい。

鳥子の部屋を開けると青い光で溢れていた。

その後誰もいなくなった町で、出会った時空のおっさん。

空魚は、落ち着いて、もう一度鳥子の部屋を見に行こうとしたが、アパートの入り口が開かない。

スマホを取り出し電話してみようかと画面を見ると、メッセージが入っていた。

送り主は、自分だった。

盗撮のような鳥子の写真が何枚か送られてきている。

時間は昨日、小桜と電話している時間。

写真をよく見るとストーカーのような空魚が、覗き込むように鳥子を見ている姿が写っていた。

めちゃくちゃだが、写真に写っている醜くゆがんだ顔の自分の姿を否定できない心理に落ち込む空魚。

思案したあげく、怖い、と言う思いも超えて空魚は鳥子を探しに行くことを決めた。

裏世界ピクニック最新話を無料で読む方法は?

裏世界ピクニックの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、裏世界ピクニック最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
裏世界ピクニック最新話を読む

裏世界ピクニック【第17話】時間、空間、おっさんⅣのネタバレ!!

鳥子を探しに行こうと決めた空魚。

やって来たのは、小桜の家。

やっぱり一人はっ怖い空魚。

「一緒に、来てもらえないかな・・・」

と言う空魚に、当然小桜は

「いやだ、めんどくさい」

の答え。

何とか一緒に来てもらおうと説得する空魚。

でも小桜は

「私は現場向きじゃないの」「さっさと行けよ」

と言う。

仕方なく空魚は、一人で行くのが怖いことを告げる。

何をいまさらと小桜はあきれ顔。

小桜、はーっとため息をつき

「変な写真を見せてみな」

と空魚のスマホに送られてきた写真を見る。

鳥子をのぞき込む空魚の写真。

「空魚ちゃんの、ドッペルゲンガーってやつか。面白いね。ひっどい顔してる」

と小桜。

その時小桜がこれなんだよ、と見たことのない写真を空魚の突き付けた。

裏世界の草原に立つ髪の長い女性の写真。

「この写真、どこに・・・・・・?」

と尋ねる空魚。

「鳥子の写ったやつ前にあった。日付は五月十四日だ」

五月十四日は空魚が鳥子と初めて会った日だった。

「気づきませんでした。知ってる人ですか?」

写真を見つめる小桜に聞いた。

「ああよく知ってるよ。閏間冴月。鳥子が探している当人だ」

この人が冴月さん。

空魚は今までこの写真に気づかなかった。

「気に入らない・・・」

呟く小桜。

その時玄関の呼び鈴が鳴った。

玄関のカメラをパソコンに映した小桜。

そこには三人の中年の太ったおばさん。

「どちらさま?」

と聞く小桜。

「ごめんください。お隣の方についてお尋ねしたいことがありまして」

どうも変な感じがする。

「近所づきあいは皆無です」

と答える小桜。

「玄関先ではなんですので、直接お話をできませんか」

「どういわれても何も知らないよ」

モニターのおばさんたちと、押し問答をしている小桜。

モニターを眺める空魚はおばあさんたちの胸についているマークに気づいた。

時空のおっさんと同じマークだ!

おばさんたちと押し問答している小桜のマイクを抑え込み

「話さない方がいいかもしれない、時空のおっさんと似たようなやつかも」

空魚が言った。

「ひょっとして、MIBかこれ」

と小桜

「そう!そうです!!」

理不尽な事情が集中した状態で、空魚と小桜は、今の状況を口論しはじめる。

そんなことをしていると、玄関のおばさんたちが、ドアを暴力的の叩き始めた。

異常なチャイムの押し方、殴る蹴るでドアを叩き続ける。

小桜はぶつくさと論絶しながら、床下から何かを取り出した。

「なんですかそれ?!」

びっくりする空魚。

「普通のショットガンだよ」

と小桜。

驚いている空魚をしり目に

「玄関壊されるのも癪だし」

と部屋を出る。

後を追う空魚。

ドンドンと叩かれ続けているドアに向かって

「いい加減にしろ!撃つぞ!」

小桜が叫ぶとピタリと止まった。

空魚に

「開けて」

と言う小桜。

仕方なくドアのノブに手をかける。

あれ、思う空魚。

大宮の廃屋でも、鳥子の部屋でも、ドアの向こうで激しい物音がして開けてみると何もない。

そっとドアを開ける。

やっぱり誰もいない。

「だんだんわかってた」

「裏世界の存在は、人間の語る怪異の文脈に則って現れる・・・・・・」

小桜が今まで起こってきたことを、説明しているとき、急にチェーンのかかったドアの隙間から巨大な顔がのぞき込んできた。

「ぐぉむうぇんくどわすぁぁいいいいい(ごめんください)!!!!!」

巨大な顔が叫ぶ。

驚き慌てた小桜は、ショットガンを撃ってしまった。

目を開けると、そこは裏世界。

激怒する小桜。

「どうせ裏世界来ちゃったんだし、鳥子を探すの手伝ってくれませんか?」

空魚は言った。

大きくため息をつく小桜。

結局二人鳥子を探すことに!

裏世界ピクニック【第17話】の感想。

今回小桜遂に裏世界に侵入してしまいました。

これで、やっと三話前の空魚と小桜のシーンに結び付きました。

めんどうくさがりだけど小桜結構好きです。

ところで今回初めて冴月さんが姿を見せました。(写真だけど)

なんか、八尺様に似てるなと思った。

次回から二人のピクニックだと思うので楽しみです。

裏世界ピクニックの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、裏世界ピクニック最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
裏世界ピクニック最新話を読む