月刊少年ガンガン

裏世界ピクニック【第15話】ネタバレ!ホラーっぽくなってきた。

2019年4月12日発売の月間少年ガンガン5月号、「裏世界ピクニック」第15話を読んだので、これまでのあらすじ、ネタバレ、感想を書きます。

「前回のあらすじ」

友達の少ない女子大生、空魚は裏世界で金髪美人女子大生の鳥子と出会う。

裏世界へ行って帰ってこなくなった、鳥子の友達冴子を探すため、二人は何度も裏世界に出入りする。

その度に命も危ないような怖い思いをしてきた。

空魚はいくらお金が欲しいと言っても、見たこともない鳥子の友達を探すため、死ぬほど怖い思いをして気や頭がおかしくなるのは嫌だし、さらに死ぬなんてとんでもない。

鳥子にそのことを告げる。

結局、空魚は鳥子と喧嘩したままわれてしまう。

その後、すぐに鳥子もいなくなってしまった。

鳥子を探すため、空魚は小桜と共に裏世界へやって来た。

裏世界ピクニック【第15話】時間、空間、おっさんⅡのネタバレ!

「お前ら、ケンカでもした?」

小桜に聞かれ言葉に詰まる空魚。

鳥子と喧嘩別れしてから5日目、空魚は小桜に電話していた。

ケンカした?という質問に「どうしてですか?」と尋ねる空魚。

「いつもギャーギャーうるさい鳥子がこの間は、妙に暗くてウザかった。痴話げんかに巻き込まないでくれる」と言う小桜。

鳥子が小桜に電話してきたのが三日前。空魚が鳥子に最後に会ったのが五日前。

空魚もそろそろ限界。

「あー迷惑、迷惑」と言いながら小桜は鳥子の自宅の住所を教えてくれた。

礼はお中元で、ということで小桜に送ってもらった住所に早速出かける、空魚。

高そうなマンション。

建物の入り口の前にインターフォンが付いている。

部屋番号を押して部屋の主に開けてもらう仕組み。

しばらく迷ったけど、404とプッシュする。

「はい」とインターフォンから声が聞こえた。

空魚は「紙越ですけど」と言。

再び「はい」。

桜子に住所教えてもらって来た、と告げるとマンションの入り口が自動で空いた。

はい、としか言わなかったインターフォンの鳥子に変だと思いながらも、空魚はマンションに入った。

404号室へ向かう。

ケンカして六日目。

やはり鳥子のいない生活は寂しい。

悔しいけど、謝ろうと思い鳥子の部屋の前に立つ。

呼び鈴を押す。

ドアの向こうから聞こえてきたのは、ドタドタっとせわしない足音。

急に来たから、さすがに鳥子も慌てているのかな、と思ったがそれにしては足音が大きすぎる。

すごい勢いで向かってくる足音。

ドアの前でピタリとやんだ。

もしかして倒れているのかも、と思いドアに手をかける。

開いている。

そっと開けてみる。

青い光。この色は・・・・

商店街の廃屋でドアスコープを覗いた時に見た、八尺様に擬態した鳥居状構造物の間からにじみ出ていた、きさらぎ駅で遭遇した怪物の頭上から放たれていた、あの色だった。

空魚はドアを閉めて少し考えた。

廃屋の時と同じなら、次にドアを開けたとき正常な光景に戻っていた。

空魚はもう一度ゆっくりドアを開けた。

しかし鳥子の部屋は、青い光に満たされていた。

鳥子は中にいるんだろうか。

どうしたらいいんだろうと思い、ふと通路から外を見下ろした。

な何かおかしい・・・・。

静かすぎる。

そして人も車も見当たらない。

空魚は慌ててエレベーターへと走った。

エレベーターは動いていた。

一階に降りる。

エレベーターを出てフッと見ると、お知らせの張り紙の内容がおかしい。

外へ出た。

誰もいない・・・・・・・・・・・。

自分以外誰もいない。

空魚が焦っていると、電話が鳴った。

鳥子、小桜さん誰でもいい。

着信画面は文字化け。

空魚は電話に出た。

『ああ、いたいた。カキコシ ソラヲだね』

空魚は思わず、はい、と返事してしまった。

『あーすぐ行くから。ちょっと、そこ動かないで!』

と言うと電話は切れていた。

「ええそうです。見つけました。すぐ対処します」

声のする方を見ると携帯電話を持って走ってくる中年男性。

「こういうの困るんだ。あの子のことはあきらめて帰って!」

叔父さんが空魚に向かって言った。

訳が分からない空魚は、そのおじさんを見上げて

「は?」

さらに

「じゃないと次は帰れなくなるよ」

おじさんが言った。

瞬間、車のクラクションの音。

空魚は辺りを見回した。

戻った・・・・・・。

元の世界に戻っていた。

空魚は、今自分が体験したのとよく似た話を知っていた。

人も車もっ姿を消し自分ひとり。

そこで作業員のような格好をした中年男性と遭遇する。

そして直後、元の世界に戻っていることに気づく。

異世界に迷い込む系のネット怪談。

『時空のおっさん』だった。

裏世界ピクニック【第15話】感想

今回の話は少しホラー系で怖いと思った。

いきなり車も人も猫もいなくなったら、すっごく不安になると思う。

ネット怪談や、都市伝説は身近な身の回りで起こりそうで怖いですね。

空魚も一人だと安全主義ですね。鳥子の部屋には入れなかった。

次回からは鳥子探しかなぁ。