週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第150話】700年の悲願のネタバレ!ギーラン、敗れる

2019年9月14日発売、週刊少年ジャンプ42号の約束のネバーランド【第150話】700年の悲願のネタバレや感想をまとめました。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

【前回のあらすじ】

ノーマンを止めるため城へ向かったエマとレイ。城の中ではギーランの家臣たちが女王レグラヴァリマと対峙していました。

そしてギーランへの恩を返すため、家臣たちはレグラヴァリマを取り囲んで自爆するのでした。

約束のネバーランド【第150話】700年の悲願のネタバレ

「ギーラン王に栄光あれ!!」

そう言って自爆した家臣たち。

家臣の首がボトッと転がります。

しかし煙が晴れると女王レグラヴァリマが、傷一つ付いてない姿で現れました。

余裕の表情をみせるレグラヴァリマですが、気づけば体に糸のような粘着質の物体がびっしりついていて動きを封じています。

 

実はギーランの家臣たちは、女王には束になっても敵わないことが分かっていました。

五摂家と家族は殺せても、王の血は別格なのです。

そこで家臣たちは女王の首を確実に刈り取るため、爆発したときに飛び散る粘着質の物体を仕掛けました。

そしてレグラヴァリマの動きを止めた後、女王に殺された家臣たちを食べて体の一部にしてほしいと家臣はギーランにお願いします。

皆復讐のためにあらゆるものを食べてきました。

それは生き繋ぐためでもあり、勝ち残るためでもありました。

最後は我々を食ろうてください、とギーランに頼む家臣。

我らは常にギーラン様と共にあり、お仕えできて幸せでした。後は頼みます。

そんな言葉を残した家臣の想いをギーランは受け止め、彼らの体を口に運びました。

我ら全員で女王を討とう、と。

 

レグラヴァリマは粘着質の物体を取ろうとしますが、動けば動くほどそれは体にまとわりついていきます。

するとギーランが棍棒のような武器を持って、レグラヴァリマの頭を殴りました。

助けに行こうとするイヴェルク公を、残りのギーラン兵たちが取り囲みます。

レグラヴァリマの固いお面は一度攻撃したくらいではヒビさえ入りませんが、ギーランはその面が割れるまで、はぎ取れるまで、何度もレグラヴァリマの頭を殴りました。

あなたは地獄に堕ちなければならない、我らのために全ての民のために、と。

そしてついにレグラヴァリマの面はパラパラと砕け、素顔が露になりました。

「終わりだ。地獄で詫びよ。」

そう言ってギーランは刀を手に取り、横たわるレグラヴァリマの顔めがけて突き刺します。

しかし刀が刺さる直前、ギーランの体が突然小さな四角い肉片となり、バラバラに崩れてしまいました。

レグラヴァリマが立ち上がると爪からは血がしたたり落ちており、首をコキッと鳴らします。

突然体がバラバラとなり、何が起こったのか分からない様子のギーラン。

レグラヴァリマはそんなギーランの頭部を掴むと、まさかここまでやるとは思わなかったと語り掛けます。

700年生き残っていた執念にも驚き「天晴れである」というレグラヴァリマ。

しかし運よく生き延びたなら、復讐など考えずに山なり谷なりにこもっていれば良かったのに愚かだと言います。

さらにレグラヴァリマはギーランの顔を死んだ家臣たちの方に向け「義が勝つとは限らぬのよ」と告げます。

しかしもう罪なき幼子にまで手をかけたギーランたちは、義からはズレていると語り「700年でよう濁ったのう」というレグラヴァリマ。

そんな中ギーランは早く再生しなければ、と肉片となった体を引きずりくっつけようとします。

その間に少しでも時間稼ぎをしようと、レグラヴァリマに向かっていく残りのギーラン兵。

しかしレグラヴァリマはギーラン兵たちを一振りで切り刻みます。

ギーランは家臣たちの死を無駄にはしないと体を再生させようとしますが、レグラヴァリマは「終わりだ」と言いながら、ギーランの頭部を床に落とし足でグシャッと踏みつけました。

それを見たイヴェルク公は高笑いし、やはり陛下は最強だ!!と言いながら、ギーランの体を蹴ります。

恥を知れ!!お前が王にだと!?思い上がるな大罪人が!!

そう言いながら何度もギーランの体を蹴り続けるイヴェルク公。

レグラヴァリマはそれを無視し腹が減った、と言うとギーランの頭部をそのまま食べようとします。

その瞬間、ギーランの頭部や横たわる家臣たちの頭部にとどめを刺すように、どこからともなく銃弾が降り注ぎました。

そして銃弾が止むと外から足音が聞こえてきます。

イヴェルク公は黒幕はギーランではなく別にいると考えていたため、こやつが黒幕だと確信します。

しかし扉から現れたザジを見て、「人間・・・!?」と驚愕するのでした。

約束のネバーランド【第150話】700年の悲願の感想

やはり女王は強かったですね。

女王の武器である爪は伸びるということでしょうか。

あともう一歩のところでギーランは殺されてしまいましたが、次はラムダVS女王となるようです。

次回どうなるのか楽しみですね!

次回の約束のネバーランド【第151話】が掲載される週刊少年ジャンプ43号は9月21日に発売されます。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む