週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第149話】証明する義務のネタバレ!女王レグラヴァリマの実力

2019年9月9日発売、週刊少年ジャンプ41号の約束のネバーランド【第149話】証明する義務のネタバレや感想をまとめました。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

【前回のあらすじ】

ノーマンを止めるために王都に到着したエマとレイは、そこでドンやギルダ、ムジカたちと再会。

そしてエマとレイは城へ、ドンやムジカたちはノーマンが絶滅させようとしている民衆の被害を減らすために、それぞれ動くことになりました。

一方オリバー達はノーマンたちが追い出した鬼の兵たちがアジトを探していることに気づき、それをアジトへ知らせに向かいました。

約束のネバーランド【第149話】証明する義務のネタバレ

爆炎と悲鳴が渦巻く中、急いで城にいるノーマンの元へと向かうエマとレイ。

しかし城の門はどこもふさがれており、別の道から行こうとレイが話します。

立ち去ろうとするレイにあの道は?と天井近くの穴を指さすエマ。

行けると判断したレイはバレーボールのレシーブのように自分の手をジャンプ台に使って、エマをジャンプさせました。

ノーマンとみんなへの想いを胸にエマは高く飛びます。

 

一方王の間で女王レグラヴァリマとイヴェルク公と対峙するギーラン。

辺りには五摂家の首が転がっており、ドッザ卿までやられたことにイヴェルク公は由々しき事態だと考えます。

ドッザ卿は元ギーラン家の将軍であり、武力だけでいえば現王城内では女王の次に相当します。

そんなドッザ卿を有無を言わさず、一刀でギーランでもない一部下が殺したことに動揺するイヴェルク公。

ドッザ卿を殺した家臣だけでなくギーランの周囲にいる兵たちは、配下の中でも特に精鋭だろうと推測します。

しかしイヴェルク公の頭の中には、ある疑問が浮かんでいました。

もしギーラン家が盗難の賊徒であればラムダや系列農園で盗んだ質のいい人肉も食べているはずですが、ギーランたちは野良に近い姿で現れたのです。

つまりこの襲撃や盗難自体から黒幕は別にいると推測するイヴェルク公。

イヴェルク公が黒幕に考えを巡らせていると、女王レグラヴァリマがイヴェルク公を下がらせました。

そんな女王の行動を見たギーランの家臣はイヴェルク公が王政の要であり、先代王の時世から政治上の実務を担っているため、イヴェルク公が死んだらさすがの女王も困るようだと感じます。

それでも家臣は王も五摂家もノーマンも全員食いつくして、ギーランを王にすることだけを考えていました。

そしてギーランの家臣たちは、女王に向かって一斉に攻撃を仕掛けます。

しかし女王は一瞬にして、長く鋭い爪のようなもので複数の家臣たちを殺してしまいました。

そんな状況にも他の家臣は怯むことなく、再び女王に立ち向かっていきます。

 

実はギーランの家臣たちにはギーランに拾ってもらい、チャンスをもらった恩がありました。

ギーランが野良落ちだとイヴェルク公から知らされたとき、家臣たちは何かの間違いだと訴えます。

しかし女王の裁きに異を唱え、逆らう者は皆同罪だと、家臣たちはギーランと一緒に野良落ちの刑に処させることとなってしまいました。

そんな家臣たちにギーランは自分たちのことはいいから、君たちまで刑を被ることはないと発言の撤回を求めます。

こんな時にも家臣の心配をするギーランに対し、家臣たちは自分たちの主君にありもせぬ罪を着せられて認めるわけにはいかないと、ギーランと共に野良落ちとなる覚悟を決めたのです。

そして刑は執行され、ギーランの妻や家族は野良落ちの過程で亡くなりました。

その後、野良鬼と化して森へ放たれたギーランたち。

しかし、そこで元領民たちが自ら体を差し出し、ギーランたちに救いの手を差し伸べたのです。

こうして生かされたことで、家臣たちは正しさを証明する義務があると考えていました。

 

そして女王に殺されかけても、立ち上がり続ける家臣たち。

そんな家臣に向かって避けるだけ、立ち上がるだけ己の苦痛が長引くだけで無益だと女王は言います。

それでも向かってくる家臣を容赦なく殺していく女王。

家臣たちは自分たちの勝利まで終わりはない、この復讐は絶対だと何度も立ち向かっていきます。

女王が再びそれを一蹴しようとした時、一匹の家臣が女王の後ろから攻撃を仕掛けました。

しかし女王はそれを避けて家臣の顔を半分切り落とします。

顔を切られた家臣ですが、なぜか口元はニイッと笑っていました。

それを見て驚く女王。

実は家臣たちも端から王族に敵うとは思っていませんでした。

気づけば女王の周りには爆弾を身に付けた家臣たちの姿が。

そして心の中でお仕えできて幸せでした、後は頼みますとギーランに告げる家臣。

ギーラン王に栄光あれ!と叫んだ家臣たちは、そのまま自爆するのでした。

約束のネバーランド【第149話】証明する義務の感想

やはり女王はとても強かったですね。

しかしかなりの覚悟を持って自爆したギーランの家臣たちでしたが、果たして女王レグラヴァリマはどうなったのでしょうか?

とても気になる展開ですね!

次回の約束のネバーランド【第150話】が掲載される週刊少年ジャンプ42号は9月16日に発売されます。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む