週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第145話】それぞれの のネタバレ!ついに決戦が開幕!

2019年8月5日発売、週刊少年ジャンプ36・37合併号の約束のネバーランド【第145話】それぞれの のネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

ついにムジカたちを見つけ出し、ノーマンの命令により襲い掛かるジンたち。しかしラムダの食用児たちが突然苦しみだし、計画は失敗に終わります。

その後ギルダからノーマンの計画を知らされたムジカは、王都へ向かうことを決意。

約束を結びなおし、アジトに戻ってきたエマもノーマンの本当の計画を知り、レイと共に王都へ急ぐのでした。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

約束のネバーランド【第145話】それぞれの のネタバレ

ノーマンを止めるために、それぞれ王都へと向かうムジカ、ソンジュ、ドン、ギルダ、アイシェ一行とエマとレイ。

アジトの階段を下りながら、レイが「俺たちのデッドラインはノーマンが、王・貴族を殺しつくすまで」とエマに話します。

王・貴族を殺しつくせば、鬼は政治機構を失います。

それは自分たちにとっては交渉相手を失うということだというレイ。

つまりそうなれば和平の道は絶たれ、戦争も混乱もとめられなくなるのです。

王・貴族が集まるティファリのタイミングをノーマンは逃したくないはずで、恐らく何よりも先に王・貴族の殲滅を実行するとレイは予測します。

「王・貴族の殲滅。どれだけ遅れても、それまでには間に合ってノーマンを説き伏せなければ―――」

そんなレイの言葉を受けて、エマの脳裏に虐殺される鬼たちと、血だらけのノーマンの姿がよぎります。

そして「王都までは?」とレイに聞くエマ。

「フツーに行きゃ5日。」

「でも危険度外視で近道を超急げば?」

「3日。俺たちの足なら・・・間に合う!」

しかしアンナは「今11月7日の午後。ティファリまで実質あと2日半・・・だよ?」と不安そうに言います。

「・・・ギリギリ間に合ってねぇじゃん。」

「てか、それじゃバリバリ戦火ど真ん中じゃ・・・ヤバくね?」

「それにエマ、戻ってきたばかりでしょ?」

「いや・・・レイだってたった3時間前に・・・。」

と口々に不安を吐露する子供たち。

するとそこに突然馬に乗ったオリバー達が現れました。

唖然とするエマたちに「乗れ!」と指示するオリバー。

 

オリバーの後ろに乗り「馬乗れたの?みんな・・・」と驚くエマに、2人が七つの壁に行っている間に覚えたのだとナイジェルが答えます。

「でもなんで・・・みんな・・・特にジリアン・・・いいの?鬼まで救うのには反対だったんじゃ・・・。」

そんなエマの言葉に、仲間に危害を加える鬼は全部殺すと話すジリアン。

しかしジリアンはノーマンやエマを助けたいのだと言います。

すると「さぁお喋りは終わりだ。とばすぞ。」と言うオリバー。

「俺たち4人と4頭が最大の速度で送り届ける。王都へ。ノーマンの元へ!!」

 

一方王都へ着々と歩みを進めるノーマンたち。

物見からの報告によると、王都軍は着々と偽の地点へ向かっており、各領から出発した五摂家の親族車両も全て予定通り、ティファリ当日朝に到着するとのこと。

ノーマンはそれを聞いて「上々だな」というと、ヴィンセントに「例のアレは?」と尋ねます。

「完璧だ、間に合った。持ってきたよ。後で確認してくれ。」というヴィンセント。

「よっしゃ!計画は万事抜かりなしだ!!」

そういって喜ぶバーバラ。

 

一方アジトで待つヴァイオレットは、ノーマンの計画について「ぬかりねぇ時ほど危ないんだ。」と話していました。

「確かに・・・そう思うとちょっと急いでる感じはあるよね。焦ってる・・・的な?」

「私たちが鬼に姿を見られたあの件が理由にあるのだろうけど・・・。」

そんな子供たちの話を聞いたサンディは、それだけがこんなに急いでる理由なのかなと疑問を口にします。

 

その頃、ノーマンたちは夜営で休息をとっていました。

「薬は?」と聞くノーマンに「ちゃんと飲んでる。」「予備も持ってる。」と答えるバーバラとシスロ。

「それでいい。順調な時ほど用心だ。あとはよく休め、休息も薬の一つだ。」

そういうノーマンに、「ありがとな。ここまで連れてきてくれて。」とシスロが感謝します。

続けて「ボスがいたから私たちは生きられた。ここまで来られた。」というヴィンセント。

さらにバーバラも、自分たちはこんな体になってしまって時間もないけど、ノーマンのおかげで世界を変えられると話します。

「死ぬ前にこのヘドの出る世界をブチこわせるんだ・・・!!」

「俺たちはここで果てても新しい世界、その先へボスや他の食用児たちがいける。それが俺たちの何よりの願いで希望なんだ。」

そんなシスロたちの言葉に、「馬鹿を言うな」と返すノーマン。

まず自分たちは無血で勝利し、誰一人戦死は許さないと言います。

さらに「僕たちは新しい世界を作る。そして全員で見るんだこの目で。」と語り掛けるノーマン。

「僕たちは自由だ!!今こそ1000年の苦しみを終わらせるぞ!!」

そういってノーマンは仲間たちを鼓舞するのでした。

 

その後、ノーマンは一人外に出ると、エマやレイのことを思い出します。

「レイ・・・エマ・・・。」

空を見上げてそう呟くノーマン。

しかし突然頭を抑えて激しく咳き込み始めます。

(ちっ・・・またか・・・)

口を押えていたノーマンの手には、血がべったりとついていました。

その手を切ない表情で見つめるノーマン。

(ごめんね)

 

2047年11月10日。ティファリ当日。

王都には鬼たちが集まり、お祭りムードに。

「始めよう」

ノーマンの合図で王都に大爆発が起こり、ついに決戦が開幕するのでした。

約束のネバーランド【第145話】それぞれの の感想

とうとう決戦が始まりました。

ノーマンも他のラムダの食用児と同様の症状が出ているようです。

その病は治すことができるのか分かりませんが、悲しい展開にならなければいいですね・・・。

まずはエマたちがノーマンを止めることができるのか、それが気になりますね。

次回の約束のネバーランド【第146話】が掲載される週刊少年ジャンプ38号は8月19日に発売されます。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む