週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第142話】1000年前の”約束”②のネタバレ!約束が結ばれた真相とは?

2019年7月13日発売、週刊少年ジャンプ33号の約束のネバーランド【第142話】1000年前の”約束”②のネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

”昼と夜”の場所にたどり着き、○○(鬼の頂点)に「約束を結びなおしたい」と伝えたエマ。○○はあっさりそれを承諾しましたが、代わりにご褒美がほしいと言います。

その1000年前、人間と鬼がまだ戦争を行っていた頃、仲間が全滅したラートリー家のユリウスは王家のレウウィス大公に取引がしたいと申し出ました。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

約束のネバーランド【第142話】1000年前の”約束”②のネタバレ

「申し上げます!西南の森にてレウウィス大公出現!ラートリー軍本陣壊滅!大将ラートリー様恐らくは・・・。」

そんな兵士の報告を受け、ユリウスの身を案じ、探しに行こうとする仲間たち。

そこへユリウスが無傷で帰ってきました。

無事帰還したユリウスに仲間たちが安堵する中、「すまない心配をかけて。それよりも今すぐに聞いてほしい話がある。」と話を切り出すユリウス。

ユリウスは一部の人間を差し出して和平を結ぶという提案を、考え直してほしいと言います。

「一度差し出せばそれで終われる。ただ一度きりで、奴らとの関わりを永久に絶てる方法があるのだ。」

たった一晩で本陣が壊滅したことを上げ、この先何千何万の兵や民を失うよりも、一度犠牲を差し出せばそれですべて片がつくなら、その方がいいとユリウスは説明します。

反対する仲間たちに、これは建設的な妥協であり、必要な代価だから、この案を飲んでくれと頭を下げて頼むユリウス。

そんなユリウスの提案に、仲間の女が「差し出された者たちの苦しみは?子々孫々、未来永劫に続くのでしょう?」と尋ねます。

「自分たちの安寧のため、苦しみと悲しみを背負う人々をこの先ずっと増やし続ける。この一度きりの決定で。これはそういうことではないのですか?」

そんな女の話を聞いた仲間たちは、「君も我々も、臨む未来のため、ずっと戦ってきたじゃないか。」とユリウスの提案に再度反対します。

しかし、頭を抱えて「綺麗ごとにも幻想にも、もううんざりだ。」というユリウス。

ユリウスは仲間のために、見ず知らずの連中を切り捨てて何が悪い、自分は正しいことをしているんだと主張します。

そんなユリウスに、じゃあなぜそんなにも苦しそうなんだとリーダー格の男が聞きます。

「君も本当は切り捨てたくないんだろう。」

リーダー格の男はユリウスが、真っすぐで優しいからこそ、人一倍責任を感じて自分を追い込んでしまっていると話します。

さらにリーダー格の男は人類の平和と妥協なき勝利を誰より望んでいたのは、ユリウスのはずだと言い、「君を独りここまで苦しませてしまってすまない。だが君のためにも、やはり俺は・・・俺たちはその提案をのむことはできない。」と告げました。

その後もユリウスは「違う、違うんだ・・・これは”和平”・・・最善だ。私は君たちに納得してほしいんだ。」と説得しますが、仲間たちの意思は固く、ユリウスは無駄だと悟ります。

「そうか・・・どうあっても考えを変えてはくれないんだね・・・。残念だ・・・本当に・・・残念だよ。」

ユリウスがそう告げ、仲間を睨むような目つきに変わった瞬間、鬼たちが次々とアジトに入り込み、仲間たちを包囲しました。

「ユリウス・・・お前・・・裏切ったのか!!」

すでにユリウスは鬼たちの王と取り決めを交わしていました。

「許してくれ。こうするより他がないのだ。君たちは和平の妨げになる。ゆえに誠に不本意だが、君たちが最初の食用人類に。和平の礎になってくれ。」

そう言い放ち、鬼に食われる仲間たちに背を向け、その場を立ち去るユリウス。

ユリウスはこれまで仲間と過ごした日々が蘇りますが、これで人間は救われるんだと自分に言い聞かせるのでした。

 

そしてユリウスはイヴェルク公と共に、○○の元を訪れ、望みを伝えます。

「せかいをふたつにわけてほしい?いいよ。そののぞみかなえてあげる。ただし、ぼくにも”ごほうび”をちょうだい。」

○○はご褒美を、ユリウスとイヴェルク、それぞれに要求しました。

まずイヴェルクには、その年で一番良い肉を差し出すこと。

「つくるんだろ、にんげん。のうえんで。きみやおうがたべるよりいいにくがほしい。」と○○は言いました。

そしてユリウスは、命を差し出してもいいと覚悟を決めますが、「きみはいまからもんばんだ」という○○。

門番とは二つの世界の平和を保つ調停役のことで、お互い種族が約束を破らないように、ユリウスとその一族が永遠にこの役を引き継ぎ続けることを要求します。

「そう、きみもししそんそん。このうんめいのうずのなか、にげられない。すてたともだちからも、うんめいからも。」

これで終わりだと思っていたユリウスは、それを聞いて絶望の表情に変わっていきました。

「君も平和の礎になるんだよ。」

 

それから時を経て、エマは約束を結びなおすため、○○の元に訪れました。

「いいよ、エマ。なにがのぞみ?ただしぼくにもごほうびをちょうだい。」

○○の言う「ごほうび」の存在は、ミネルヴァのペンの情報にも書かれていたため、エマも知っていました。

しかし、○○が何を考えて、何を欲しているのか全く読めないエマは、まるで気まぐれな神様だと感じます。

「ごほうびはね、たいせつなものがいいよね。野望、欲望、渇望、もらうならあいてのたいせつなものがいい。それでもきみはのぞむ?なにをのぞむ?」

○○の問いかけに、エマは○○と約束を交わすときの3つのルールを思い出します。

①○○との約束は上書きできない。

②○○との約束は破ることができない。

③”ごほうび”は絶対に断ってはいけない。

1000年前の「世界を分ける」という約束を踏まえて、エマの願いを告げます。

「食用児全員で人間の世界へ行きたい。それを最後に二世界間の行き来を不可能にして。」

そんなエマの望みを聞いた○○はニィッと笑いました。

「その望み、叶えてあげる。」

約束のネバーランド【第142話】1000年前の”約束”②の感想

約束が初めて結ばれたときのことが明らかになり、エマがついに○○に望みを伝えました。

本当に何を考えているか分からない○○が不気味ですね。

どんなご褒美を要求してくるのでしょうか?

次回の約束のネバーランド【第143話】が掲載される週刊少年ジャンプ34号は7月22日に発売されます。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む