週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第141話】1000年前の”約束”①のネタバレ!人間が鬼たちと結んだ約束はもう一つあった!

2019年7月8日発売、週刊少年ジャンプ32号の約束のネバーランド【第141話】1000年前の”約束”①のネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

エマとレイは四次元の立方体の中で、穴を発見しました。その中に手を入れるとレイはアジトへと戻り、エマだけ”昼と夜”の場所にたどり着きます。

そしてエマはついに○○(読めない文字の鬼)と対面し、「約束を結びなおしたい」と伝えました。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

約束のネバーランド【第141話】1000年前の”約束”①のネタバレ

以前、エマがアジトで食用児の仲間たちに、「○○と新たな約束を結ぶ」と伝えたときのこと。

ナットはどんな約束をどうやってやるのか、とエマに疑問を投げかけます。

そんなナットの疑問に対して、モニターの情報を指さしながら「それについてはここ」というエマ。

そこには人間と鬼が交わした約束が、一つではないことが記されていました。

”人間は鬼を狩らない。だから鬼も人間を狩らない。お互い世界をすみわける。”

これは人間が鬼の王と交わした約束ですが、実はもう一つ、人間と鬼たちが○○と交わした約束がありました。

「それを利用すれば結べる。俺たちはこの世界から逃げられる。」というレイ。

 

エマは”昼と夜”の場所で、○○に「約束を結びなおしに来た。」と伝えました。

そんなエマの言葉に、あっさり「いいよ。」と返事をする○○。

あまりの軽さにエマは驚き、呆然とします。

「いいよ。なにがのぞみ?」

(軽い・・・思ってたのより全然軽い・・・あれ!?いやいいんだけど。)

エマが驚いていると、○○は「ただしぼくにもごほうびをちょうだい。」と言います。

そんな○○の言葉に、表情を曇らせるエマ。

 

1000年と少し前の話。

鬼と人間は抗争を繰り広げていました。

「まだ伏兵がいたのか・・・。」と疲労の色を見せる仲間を、ラートリーが鼓舞します。

「あれを倒せばこの拠点は人間のもの。また一歩平和に近づくのだ。あと少し。勝って故郷に帰ろう。」

その後、大勢の犠牲者が出たものの、何とか鬼たちの拠点を落とすことができた人間たち。

いつまでこの戦いが続くのかと、疲労困憊の様子で話し合います。

そんな中、一人の兵士が「和平・・・という手はないのだろうか。」と口にしました。

その言葉に驚く一同。

鬼が了承しないだろうと仲間たちに言われるも、兵士は「方法は考える」と本気の様子。

するとユリウスが「一部の人間を差し出す・・・というのはどうだろう。」と切り出しました。

「あらかじめ差し出すのだ。庭に果樹を植えよと苗を与えるが如く・・・。例えば悪人・・・奴隷でも良い。それに怪物たちをあがめ与する者などを・・・それかあるいは・・・。」

そこまで言って、我に返り口をつぐむユリウスに、仲間たちは義に欠ける行為だと反対します。

「どうかしていた。忘れてくれ。」とすぐに提案を取り下げるユリウス。

一人の兵士は一度人間を差し出せば、影響に要求されかねないと話し、ユリウスの策を却下します。

「奇しくも我々はこの地で出会い、今こうして国や民族を超えて力を合わせ戦っている。先祖代々続いたこの戦争を俺たちの代で終わらせる。食われない世界をつかみ取るんだ!!」

そんな兵士の言葉に仲間の士気は上がり、鬼と戦い続けることを誓うのでした。

 

その後もあと少しで勝てると自分たちを鼓舞しながら戦い続ける人間たちの前に、強力な怪物が現れました。

その怪物が王家のレウウィス大公であると気づくユリウス。

レウウィス大公を前に戦況は一瞬で覆されてしまい、仲間は殺され、ユリウスは一人生き残ります。

そんなユリウスに「月がきれいだねぇ。さて、残るは君だけか。」と声をかけるレウウィス大公。

その瞬間、ユリウスは自分が疲れていることを自覚します。

(帰りたい!!うんざりだ!!民のため?兵のため?どうでもいい。私がつかれたんだ。じき終わる?それはいつだ。すべて幻想綺麗ごと。勝ち目の見えている今こそが好機ではないのか。終わらせるんだ!今!私が!)

そう決心したユリウスは剣を捨て、兜を脱いでレウウィス大公に告げるのでした。

「レウウィス大公とお見受けする。王陛下に会わせてほしい。取引がしたい。」

約束のネバーランド【第141話】1000年前の”約束”①の感想

エマの約束を結びなおしたいという要求に対して、あっさり承諾したかに見えた○○ですが、やはりご褒美を要求してきましたね。

当然簡単にいかないとは思いましたが、どんなものを要求してくるのか、何を考えてるのか分からず不気味です。

そして人間と鬼たちが○○と結んだもう一つの約束とは、何なのでしょうか?

次回の約束のネバーランド【第142話】が掲載される週刊少年ジャンプ33号は7月13日に発売されます。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む