週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第139話】鬼探し②のネタバレ!アイシェの真実とは?

2019年6月24日発売の週刊少年ジャンプ30号、約束のネバーランド【第139話】鬼探し②を読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

ドンとギルダは、ノーマンに頼まれてハヤト、アイシェと共にソンジュとムジカを探す旅に出ました。2人はノーマンがアイシェにムジカたちを殺させようとしていると考えており、ムジカたちを守ろうとしていました。

ある日の夜、アイシェの飼い犬たちの捜索により、ムジカたちに着実に近づいてることをこっそり話し合っていたドンとギルダ。しかしその会話を眠っていたはずのアイシェが聞いており、「邪血たちを逃がすつもりか」と突然話し始めました。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

約束のネバーランド【第139話】鬼探し②のネタバレ

(バレた!?)

自分たちの狙いがバレたのかと焦るドン。

しかしギルダは、鬼の言葉しか喋れないと聞かされていたアイシェが喋れたことに疑問を感じていました。

「どうして?あなた・・・言葉が解るの?アイシェ。」

 

ある農園職員の鬼のお話。

その男は口数が少なく、いつも俯いたさえない男。

彼は子供の頃から自分の顔が嫌いでした。

男は顔の右半分がある日突然形を失って以来、何を食べても元に戻らなかったのです。

周りの鬼たちからは「まるで野良だ。野良落ちだ。」とからかわれ、人間を食べても顔の形は戻りませんでした。

彼にとって自分の顔は呪いでした。

そのせいか、その日廃棄されるためベルトコンベアに流れてきた食肉の赤子の一人を彼は自分だと感じました。

その子は顔の右目辺りに痣があり、見た目が微妙だという理由で捨てられそうになっていたのですが、男は魔が差して赤子を盗んでしまい、自分の家に連れ帰ります。

男は捨てるとはいえ、農園の所有物である赤子を連れ帰ったことを激しく後悔しました。

赤子を食べようかと悩んだものの、結局犬だと考えて飼育することにしました。

その後、農園の仕事を辞めた男は、街のはずれからさらに離れた森の奥へと隠れ住むことにします。

男は人間が何を食べるのか、何を着るのかも分からず、戸惑いながらも泣いている赤子をあやし、育てているうちにいつしか自分の呪いも忘れて、幸せな日々を過ごしました。

そんなある日、男は外の様子がおかしいことに気づいて、アイシェに隠れるように指示します。

しかし男が外に出たところ、突然ノーマンたちの襲撃に遭いました。

ザジに頭を打ち付けられて攻撃される男。

(いやだ・・・まだ死ねない・・・死にたくない。アイシェ、アイシェ、アイ)

男はアイシェのことを想いながら、死んでしまいます。

家の中でアイシェを探し出し、「大丈夫・・・もう大丈夫だからな。」と手を差し伸べるシスロ。

しかし育ての親を殺されたアイシェは、憎しみを込めた目でシスロを睨みつけました。

(許さない。よくも・・・殺してやる。殺してやる!!)

 

アイシェはどうして言葉が解るのかというギルダの問いに、「”嫌い”だから」と答えます。

自分の育ての親をノーマンたちに殺されたアイシェは、彼らのことを仇だと思っており、本来口も聞きたくないほど大嫌いでしたが、今を生き抜くために無知を装って従っているのだと言います。

するとアイシェは、他の人間たちなら迷わず殺す鬼を、なぜ逃がしたいのかと逆にドンたちに聞きます。

そんなアイシェの問いに、自分たちも鬼は憎いしそれ以上に怖いけど、ソンジュとムジカには助けてもらって、2人は恩人で大切な友達なんだと答えるドン。

「俺たちの仲間の一人がさ、鬼たちも悪い鬼ばかりじゃないだろうって、争いたくないって言ったんだ。それに乗っかるわけじゃないんだけどさ。俺たちも鬼を絶滅させたくない。できるならそのために、ソンジュとムジカを探してるんだ。」

そしてギルダは、もしアイシェが護衛兼刺客なら、ムジカたちを守らないといけないと考えていたことを話しました。

「なぁアイシェ・・・ノーマンは・・・ボスはアイシェにムジカたちを殺す命令を・・・。」

そんなドンの言葉に、「知らない。私はそんな命令受けてない。」と返すアイシェ。

続けて「むしろ私はあんたたちが――」と話そうとしたアイシェの言葉を遮るように、「よかった~~!!」とドンとギルダが喜び、安堵します。

2人はノーマンがムジカたちを殺すのではなく保護する方向に、考え直してくれていたんだと安心して涙を流します。

そしてアイシェが刺客ではないかと、疑ってごめんと謝るドンたち。

その光景を唖然とした様子で見つめるアイシェ。

するとギルダが仮に自分たちがムジカたちを連れて帰っても、すぐにノーマンが殺す可能性があるのではと口にします。

しかし、それについてはしばらく安全だろうというドン。

連れて帰るまで殺さないのなら、交渉の余地は残してくれているわけだから、問答無用で殺すような無情なやり方ではないと喜びます。

「よかった・・・!これで安心してムジカたちを捜せる・・・!」

 

一方、ドンたちを残して少し離れた場所に来ていたハヤトは、屈強な仲間たちを連れたジンにその日の探索結果を報告します。

今日も手掛かりはなしだとハヤトに伝えられたものの、「だがじき見つかる」というジン。

「邪血は見つけ次第、俺たちで殺す。すべてはボスの命令通りに!!」

約束のネバーランド【第139話】鬼探し②の感想

アイシェは鬼に酷い扱いを受けていたわけではなく、むしろ幸せに暮らしていたんですね。

とても意外でしたが、悲しい物語でしたね。

そしてドンたちが無警戒だったハヤトやジンが、危険人物だったという事実も明らかになりました。

ドンたちは完全に油断している状態ですが、果たしてムジカたちを守れるのでしょうか?

次回の約束のネバーランド【第140話】が掲載される週刊少年ジャンプ31号の発売日は、7月1日になります。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む