週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第138話】鬼探し1のネタバレ!アイシェの隠していることが明らかに!

2019年6月17日発売の週刊少年ジャンプ29号、約束のネバーランド【第138話】鬼探し①を読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

七つの壁への扉を開けたエマとレイは、時空空間がゆがんだ世界に苦戦。そんな中、エマは自分たちの意識とゆがんだ世界がリンクしていることに気づきます。

2人が意識を集中して時間を巻き戻してみると、ゆがんだ世界が消え、その場所の正しい姿である一辺10里の立方体が露になりました。一方ノーマンは王都への進軍を始めるのでした。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

約束のネバーランド【第138話】鬼探し①のネタバレ

ノーマンのアジトでは、ヴィンセントが実験室のような場所で、ビーカーに入っている液体の中に何かを垂らしています。

「できたのかそれ?」と聞くシスロに、「ああ」と答えるヴィンセント。

ヴィンセントは改めてノーマンのことを、天才だと言います。

天才なんてちゃちな言葉では足りない、それ以上の存在で、ノーマンほど偉大で高潔で完璧な存在はいないと絶賛。

するとシスロは少し不安そうに「なぁ・・・これでいいんだよな。」とつぶやきます。

「?」を浮かべるヴィンセントに、「いや何でもねぇ。忘れてくれ。」というシスロ。

続けてシスロは「邪血見つかるかな。」と聞き、「見つかるさ。ボスはあのギーランだって見つけ出したのだ。」とヴィンセントが答えます。

「殺せるかな。」というシスロの問いには、「殺すさ。」と答えるヴィンセント。

「それもただボスを信じればいい・・・。」

そう言いながらヴィンセントが先ほど作った液体を、鬼のネズミに飲ませると、ネズミは鳴き声を上げながら姿を変貌させました。

それを見たヴィンセントは「成功だ」とつぶやきます。

「すべてはボスの計画通り。王都も邪血も何も心配はいらないんだ。」

 

一方、森の中でソンジュとムジカを探すドンやギルダたち一行。

ノーマンのマップとアイシェの犬による探索で、鬼の足跡や焚火の跡を見つけ、ドンとギルダが確認します。

しかしそれらの足跡はムジカのものにしては大きく、ソンジュのものにしては小さく、よく見ると四足歩行であることから、恐らく小型の野良鬼だと推測するギルダ。

さらに焚火の跡は、落ちているのが人間の骨だったため、ソンジュやムジカではないというドン。

「すごいですね!お二人とも!物知りっていうか、さすがです!かっこいいです!」

ハヤトが2人に感心しますが、ギルダはすごいのはアイシェとその犬たちだと言います。

どんな細かい手がかりも見つけてきて、自分たちも見逃すような時間のかかるものも、すぐに発見することに驚いている様子。

さらに銃の名手であるアイシェは、仲間内でも随一の腕前。

ノーマンに救助されて以来、どんどん腕を上げて小さな遠くの的でも百発百中で打ち抜けるのだとか。

またアイシェは五感もとてつもなく優れており、鼻も目も耳もいいと説明するハヤト。

そんなことを話していたハヤトやドンたちの元に、突然アイシェが投げたナイフが飛んできました。

ナイフはドンの顔の横をすり抜け、後ろの木に迫ってきていた毒蜘蛛に刺さります。

「あのっ・・・ありがとう!」

アイシェに感謝するドンですが、アイシェはそっぽを向いてしまいました。

ギルダはアイシェのことを、探索としても護衛としても完璧な同伴者だと言います。

そんなギルダの言葉に、「そして刺客としても。あと監視としてもな。」と付け加えるドン。

犬とアイシェに常に見られていて隙が無いため、ムジカたちを「守れるかしら・・・。」と不安そうな顔でギルダがつぶやきます。

するとドンが「ちげー。どう守るかだろ。」とギルダを励ましました。

そんなドンの言葉に「そうね、ごめん!」と謝って自分を叩くギルダ。

ドンはムジカのそばにはソンジュがいて、ソンジュがいる限り2人ともそう簡単には殺されないと言いますが、とはいえやはり心配な様子です。

何を考えてるのかアイシェと話が出来ればいいとドンは言いますが、人間の言葉が分からない上、犬としか話さないアイシェ。

フレンドリー作戦でアイシェと分かり合おうと努力してみたドンとギルダですが、見事に失敗してしまうのでした。

 

次の日の朝。

引き続きムジカたちを捜索していたハヤトに、突然木に擬態していた鬼が襲い掛かりました。

アイシェは慣れた様子で、銃を構えますが、先にドンが鬼に石を投げつけます。

そんなドンの行動に驚くアイシェ。

ドンは鬼を口笛でおびき寄せ、その隙にギルダやハヤト、アイシェは逃げました。

鬼から逃げることが出来、ハヤトはドンに感謝しますが、なぜ殺さなかったのかと聞きます。

ドンは銃弾は貴重だし音もでる上、人間の痕跡を残すことをしない方が安全だと言います。

弓で殺せばよかったというハヤトに、「まぁ殺さずに済むなら、それが一番いいかなって。」と笑いながら返すドン。

 

その日の夜。

ハヤトが薪を集めに行き、アイシェが眠っている間、ギルダは「昼間のアレ気づいた?」とドンに話を切り出します。

「あの足跡・・・似てた。そっくりだった・・・!」

それはソンジュとムジカと、一緒にいた馬の足跡に似ているものを見つけたという話でした。

こんなにも早く手掛かりが見つかったのかと驚くドンですが、まだ違う馬かもしれないから分からないとギルダ。

「でも・・・どうする。これがマジでムジカたちだったら。」

ギルダはじきに出会うムジカたちを殺させないために、自分たちがすべきことはと考え、「そう・・・ドン、だから・・・。」と言いかけます。

しかしその時背後に、いつの間にかアイシェが立っており、2人は驚きます。

「なるほど。あんた達・・・邪血たちを逃がすつもりか。」

アイシェは人間の言葉でそう話すのでした。

約束のネバーランド【第138話】鬼探し①の感想

人間の言葉が分からなかったはずのアイシェが、実は喋れたということに驚きましたね。

アイシェがこれからどう出るのか、ドンやギルダもどうやってアイシェに接するのか、楽しみですね!

次回の約束のネバーランド【第139話】が掲載される週刊少年ジャンプ30号の発売日は6月24日になります。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む