週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第137話】変換のネタバレ!エマが見つけた迷路を抜け出す方法とは?

2019年6月10日発売の週刊少年ジャンプ28号、約束のネバーランド【第137話】変換を読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

七つの壁へと向かったエマとレイは、時間の流れがめちゃくちゃなゆがんだ空間に苦戦していました。しかしレイはミネルヴァのペンのヒントを頼りに、七つの壁の正体が”時空”だということを突き止めます。

それでも具体的にどうすればいいのか分からないまま先に進むと、広い砂漠に出ました。しかしなぜかエマは姿を消してしまい、年を取った姿で途方に暮れるレイ。その時、エマが「私分かったかもしんない!」と子供の姿で現れるのでした。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

約束のネバーランド【第137話】変換のネタバレ

(もうダメだ。ごめんエマ・・・ノーマン。あれ?誰・・・?)

諦めかけたレイの前に「レ――――イ!私分かったかも!!」と子供の姿のエマが現れます。

「ア?あんだって?」

しかし年老いたレイは耳が遠くなり、エマを認識することもできません。

「しっかりして、おじいちゃん!」

エマはレイの頬を叩くと、正気に戻ったレイが元の姿に戻っていきます。

「私分かったの。レイのいってた通りだった。”七つの壁”は時空でここは不安定で鍵は脳なんだよ。」

そんなエマの言葉が理解できないレイ。

エマはレイに順を追って話し始めました。

「まずここは時空がめちゃくちゃ不安定なの。で、それが全部知ってる光景でつながってる。今の場所は私たちの意識とリンクしているんだよ。意識的にも無意識的にも。つまり意識が介入してる。そして意識が介入できるんだよ、この場所は!」

自分たちの考え次第で、時空も越えられるのだと言うエマ。

めちゃくちゃな仮説に半信半疑のレイは、「根拠は?」とエマに聞きます。

そんなレイの問いにエマは「ない」と答えたものの、”時間を巻き戻す”と強く考えたら小さくなったのだと言います。

そしてレイになぜおじいちゃんになったのか、なぜ元に戻ったのかと聞くエマ。

(引き金は俺の意識・・・。)

しかしこんな砂漠は見たことがないというレイですが、思い返せば広い場所を探していて、「砂」も伝承にはあったと考え直します。

さらに小さくなったり老いたり、そのたびに荷物や服もバラバラで、すべて潜在意識の投影かと考えるレイ。

そしてエマは、自分たちはこの場所を正しく認識出来ておらず迷子になっていたけど、この場所には正しい姿があるのだと言います。

「それはきっと時間を止めて巻き戻したら現れる。それがきっと壁が現れるってことなんだ。出来るよ、信じて、想像して。さぁレイ、ちょっくら時間を止めて巻き戻そう。」

(すべて脳次第。自分次第。考え方ひとつで世界が変わっていく。こんな場面にもか。)

レイはエマの言葉を整理した後、「お前本当頭おかしいぞ。」と言い放ちます。

そんなレイの言葉に「でも試してみる価値あるでしょ。」とエマ。

(小さいころ、何が無理とかできっこないとか考えたことすらなかった。思い出せ、あの頃の感覚。出来る、信じる。心の底から一部の疑いもなく”止めて巻き戻す”)

2人は目を閉じ、手をつなぎ、時間を巻き戻すため集中します。

すると2人の周りの景色は、どんどん変わっていきました。

「変わった・・・これが・・・正しい姿?」

気づくと2人は何もないシンプルな立方体の中にいました。

これが一辺10里の立方体かというエマ。

「マジで意識が空間に干渉しているのか。」とレイが驚きます。

そしてレイはブツブツとつぶやきながら何かを考え始め、「なぁエマ。ひょっとすると○○(読めない文字の鬼)は――」と言いかけます。

その時、エマの背後に何かを見つけるレイ。

それは立方体の中に浮かぶ、黒い穴でした。

 

一方、ノーマンたちのアジト。

ゴールディ・ポンドの脱走者たちの銃の腕前を見て、褒めるシスロとバーバラ。

「さすが狩庭の脱走者。いや彼ら全員見事な訓練を受けてきている。これは想定以上の戦力になる。なぁボス。」

そんなヴィンセントの言葉にノーマンは同意しますが、あくまで彼らは後方支援だと言います。

ノーマンがギーラン卿の動向を確認すると、すべて計画通りだというヴィンセント。

「”アレ”の用意は?使えそうか?」

「恐らく間に合うと思う。」

「では我々も動こう。目指すは王都。進軍する!」

約束のネバーランド【第137話】変換の感想

今までどうやって攻略するのかもわからなかった迷路でしたが、ようやく抜け出すことが出来ましたね。

しかし次は不思議な穴が現れました。

どんな展開になるのか、とても気になりますね!

そしてノーマンがついに王都への進軍をスタートしました。

意外と早い展開になりそうですが、エマとレイは間に合うのでしょうか?

次回の約束のネバーランド【第138話】が掲載される週刊少年ジャンプ29号の発売日は6月17日になります。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む