週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第136話】迷路のネタバレ!七つの壁の正体とは?

2019年6月3日発売の週刊少年ジャンプ27号、約束のネバーランド【第136話】迷路を読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

ドンとギルダを呼び出したノーマンは、ソンジュとムジカを探してほしいと依頼しました。ノーマンがソンジュやムジカを殺そうとしていることを知っている2人は、それを阻止するために、ノーマンの依頼を承諾します。

一方七つの壁に向かったエマとレイ。未来のレイはなぜか赤ん坊の姿になっているエマを抱えて、ひたすら荒野を彷徨っていました。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

約束のネバーランド【第136話】迷路のネタバレ

エマとレイは○○(名前の読めない鬼)の「あそぼ」という声や、矢印に沿って先へと進んでいきます。

「またここ・・・。」

「これで何度目だ・・・。」

しかし何度も同じモニター室に出てしまい、途方にくれる2人。

(いや俺もエマも数えてる。矢印のモニター室はこれで32回目。モニター室自体には、通算154回目。迷路。同じ場所に何度も出る。でも部屋はそれぞれ少しずつ違う。

つながる部屋は毎度でたらめだし、たとえ同じ条件・道順でたどっても違う場所に出る。法則性はない。つまり今に至って、解決の糸口さえ見えない。

めちゃくちゃなのは空間だけじゃない。時間も物理法則すら・・・何もかもが不安定ですべてが狂っている。)

考えても分からない迷路のような空間に、「クソッなんだここは。」とイラ立って本を投げ出すレイ。

(こんな無秩序・・・量子の世界じゃあるまいし、さもなくば幻覚?夢?いや夢と現実の区別くらいつく。これは現実だ。俺たちは弄ばれている。)

「ねぇこんなことが出来る○○って、そもそも一体何なんだろう。」

というエマの問いにも、レイは「知るかよ!!」とイラ立った様子で投げやりに答えます。

そんなレイの様子を見て、大分参っていることを察するエマ。

しかしレイは「ただ、大分わかってきた。七つの壁の正体・・・。」と言って、ミネルヴァのペンで得た情報を思い返します。

 

まず北へ10里。つぎに東へ10里。つぎに南へ10里。つぎに西へ10里。

天へ10里。地へ10里。

砂の間で矢が止まり、日が東へ沈むとき、地が哭き壁は現れる。

彼と我らを隔つもの。即ち七つの壁なり。

 

「”彼と我らを隔つもの”・・・この迷路、ここまで○○が自在に超越していて、俺たちが越えられていないものって何だ。」

そんなレイの問いに対して、「・・・空間と・・・時間?」と答えるエマ。

エマの答えにレイは同意すると、寺で見たマークもヒントだったんだと話し始めます。

「あれは立方体と砂時計。”東西南北天地”で6つ・・・これはキューブで空間。そして”砂の間で矢が止まり”は時間の静止。同じく伝承の後半は時間を指している。

”前後左右上下”6面の器枠+”時間”計7つの要素。それは世界を規定する物理的限界(かべ)だ。”時空”っていう物理的限界。それこそが多分、”七つの壁”の正体なんだよ。」

そんなレイの見解に、エマは「壁は現れる」ってどう表れるのかと疑問を口にします。

さらに「7つの壁が時空なら、7つの壁を越える=時空の超越。この迷路を抜けるには時空を越えなきゃいけない・・・?」と続け、どうするのかと頭を抱えるエマ。

「それなんだ。”砂の間で矢が止まり日が東へ沈むとき”これはたぶん時間を止めて巻き戻すってことを表してる。でも時間の静止や逆行なんて、人間にゃできるわけねぇし、出来たとて、現れた壁をどう超えるのかもわかんねぇ。」

7つの壁の見当はついたものの、ますますどうすればいいのかさっぱり分からないというレイ。

「ちくしょう・・・!」

レイは早くここを出なければ、ノーマンの計画阻止に間に合わないと焦り始めていました。

「それに・・・この迷路、迷えば迷うほど感覚がおかしくなってくる。」

(気を抜くと見失いそうになる・・・今いつで、どこにいるのか、自分が何なのか。現実なのか、悪魔なのか。)

 

再び先に進み始めた2人はある部屋に入ります。

そこは扉を開けても壁があり、今までの部屋とは何か違いました。

そしてレイが窓を開いてみると、目の前に大きな砂漠が広がっていました。

「砂漠・・・。」

「やっと見たことねぇ場所に出た。」

”砂の間で矢が止まり、日が東へ沈むとき”という言葉を思い出し、「砂も太陽もあるよね」と言うエマ。

”時間を止めて巻き戻す”、それが出来れば、ここで片が付くと2人は考えます。

そしてエマはとりあえず砂嵐に矢を射ってみようと提案します。

レイが「ダメ元でも何でも片っ端から試そうぜ。」と話していると、エマの身体が突然縮み始めました。

「うわっ。」

「またか!」

「わわっレイ止まらな・・・。」

エマは赤ん坊の姿になって、気を失ってしまいました。

レイは慌ててエマに駆け寄りますが、エマはジグソーパズルのピースのように分かれていき、バラバラになって消え去ってしまいます。

そしてショックを受けるレイも、手がしわだらけになって年をとっていました。

辺りには鬼の幻覚も見えます。

(そうだ・・・6つの天井絵・・・最後の昼と夜の絵。そこに鬼はいなかった。それまで描かれていた鬼が・・・たどり着けなかったんだ・・・誰も。みんなここで迷って自分を見失って朽ちて・・・。)

レイは限界を感じ、ノーマンやエマに謝って崩れ落ちます。

しかしその時

「レ――――イ!!私分かったかもしんない!!」

と子供の姿をしたエマが、タンスの扉のようなところから飛び出してきました。

約束のネバーランド【第136話】迷路の感想

少しずつ謎が明かされていく七つの壁。

まだ謎は多いようですが、最後はエマが何か答えにたどり着いたのでしょうか?

次回の約束のネバーランド【第137話】が掲載される週刊少年ジャンプ28号の発売日は6月10日になります。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む