週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第131話】入口のネタバレ!女王レグラヴァリマ登場!

2019年4月15日発売の週刊少年ジャンプ20号、約束のネバーランド【第131話】入口を読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

エマは鬼を殺したくないという自分の気持ちと、そのために七つの壁に行ってくるということを仲間たちに報告。

仲間たちは様々な反応を見せますが、ノーマンも救おうとしているエマの決意を知り、エマたちを快く送り出すのでした。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

約束のネバーランド【第131話】入口のネタバレ

エマとレイは、クヴィティダラの寺で見つけた天井絵をヒントに、七つの壁に行く準備を始めます。

寺に建つ6つの塔の天井絵をつなぎ合わせると、昼と夜への入り口に入る手順が示されていました。

まずは月が映り込んだ金の水を入れた容器に、ナイフで自分たちの手を切り血を注ぐエマとレイ。

そして金の水と血が混ざった液体の中に、吸血植物のヴィダを挿しました。

離れたところから2人を心配そうに見ている仲間たち。

「これで行けるの?」と不安そうな様子のドミニクに、「一度試した。これでいける。」とドンが言います。

そして2人の血を吸ってヴィダが咲きました。

エマとレイがみんなの方を振り返って「じゃあ、行ってきます!」といった瞬間、2人はフッと消えます。

突然目の前から姿を消したエマとレイに、驚く仲間たち。

すでに経験済みのドンとギルダは心配そうな様子で、立ち尽くしていました。

 

そんな中、エマとレイは森の中の大きな扉の前に立っていました。

「やっぱりみんな消えたね・・・。」と言いながら、辺りを見渡しながら仲間たちがいないことを確認するエマ。

「ああ・・・またここに来たな。」と以前のことを思い出しながらいうレイ。

扉には見たこともない文字が書かれていますが、なぜか文字の意味が理解できる不思議な文字です。

前にも読んだその文字を、改めてエマが読み上げます。

「この先進むと引き返せない。引き返すならこの扉を今すぐこの逆側の面から開けて帰るべし。入口へようこそ。」

そしてかつて○○から言われた「ちゃんとおいでよ。つぎはいりぐちから。」という言葉を思い出すエマ。

エマは○○はこの扉の先にいると、感じていました。

(6つの天井絵・・・その5つ目の天井絵は真っ黒だった。つまりただすんなり”昼と夜”へ行けるってわけじゃないんだよね?)

エマたちは、以前来たときはここで引き返しましたが、今度こそ突き進む覚悟を決めます。

「どんと来い!」

そう言ってエマは、レイと共に扉を開きました。

(待っててノーマン、フィル、みんな・・・!)

 

2047年11月、王都では五摂家が王の間に集まっていました。

五摂家たちが立って並ぶ中、だらしなく座るドッザ卿。

「立てドッザ。不敬であるぞ。」

とドッザ卿にバイヨン卿が注意します。

「別によかろう。陛下がお見えになれば皆ひざまずくのだ。」

と態度を変えないドッザ卿に、バイヨン卿はこれだから下賤の成り上がり者はと内心イラ立っている様子。

そんなバイヨン卿に父同様に堅苦しいやつだというプポ卿。

さらにプポ卿はバイヨン失踪から1年半の間、陛下の弟レウウィス太公にも連絡がつかないといいます。

自分の息子のルーチェも、ノウス卿のノウス・ノウマ兄妹同様に行方が知れぬままだと呟くドッザ卿。

「同時期に揃いも揃って実に奇っ怪・・・これは果たして偶然か?なぁバイヨン。」

「・・・何が言いたい?」

「何が?そりゃあお主の父が―――」

そんなドッザ卿とバイヨン卿の険悪なムードに、「うるさい、聞くに堪えぬ。しばし黙れドッザ。」とノウム卿が割って入ります。

「あぁ?小娘ー。」と突っかかろうとするドッザ卿に、それまで黙って聞いていたイヴェルク公が「やめぬか」と仲裁します。

「ドッザ卿も口を慎め。陛下の御成りだ。」

そんなイヴェルク公の言葉と共に、シャランシャランと音を鳴らし、従者を従えながら女王レグラヴァリマが現れました。

レグラヴァリマは王座に腰かけると、床にひれ伏す五摂家の鬼たちに向かって言葉を掛けます。

「面を上げよ。」

約束のネバーランド【第131話】入口の感想

今回エマとレイが昼と夜への入り口をついに開きました。

その先に何があるのかとても気になりますね。

そしてすべての五摂家と女王レグラヴァリマが姿を現しました。

恐らくラスボスになると思いますが、まさか女王が出てくるとは思いませんでした。

これからどんな展開になるのか楽しみです!

次回の約束のネバーランド【第132話】が掲載される週刊少年ジャンプ21号の発売日は4月22日になります。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む