週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第128話】決めたのネタバレ!ノーマンを説得するエマ

2019年3月25日発売の週刊少年ジャンプ17号、約束のネバーランド【第128話】決めたを読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

ノーマンの作戦を聞いたエマとレイ。エマは鬼を殺したくないという気持ちをノーマンに打ち明け、人間を食べなくても退化しないムジカの存在伝えました。

ノーマンによるとムジカは邪血の少女といい、一滴の血を飲むだけで、鬼たちは彼女と同じ特異体質に変化するのだとか。しかし自分たちの利益を優先させた王家と貴族たちは、特異体質を持ったムジカや鬼たちを食い殺しました。

記録ではそう記されていたようですが、実際はムジカは生きており、計画に支障はないけど、後に邪魔な存在になる可能性があるから殺そうというノーマン。当然エマは猛反対し、ノーマンとエマは対立するのでした。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

約束のネバーランド【第128話】決めたのネタバレ

「エマ!断言する。鬼を絶滅させなければ家族で笑える未来はない。」

ノーマンの言葉にはエマも正しいと言います。

しかし、それは全て確率の正しさで、正しいとは何か?というエマ。

「私は敵だからと言って根絶やしにすること、罪のない子供たちまで殺戮することは正しいとはどうしても思えない!絶滅って重いよ。殺すって重いよ。」

さらにエマは、殺さなくてもいい道は他にちゃんとあると言います。

人間の世界で受け入れてもらえるか分からないけど、受け入れてもらえる可能性は0じゃない、危険でもわずかでも死なずに生き残る方法があるなら、その道にかけて進みたいと。

そうやって信じてきて今があり、確率だけで選んでいたら自分たちは脱獄もしてないし、弟妹たちもここにはいないというエマ。

「私は鬼を滅ぼしたくない・・・少なくとも・・・友達(ムジカ)を殺さなくては生きられない未来なら、私はもうきっと笑えない。」

エマの必死の訴えに、ノーマンはもうギーランと手を結んだから作戦の撤回は出来ないといいます。

それについては「わかってる」というエマ。

「王と五摂家を打倒するまではいい、でも王たちを殺してしまわないで。その血で人を食べなくていい鬼を増やしたい。同時に七つの壁を越えて約束を結びなおす。そしてすべての鬼を退化しない体に変えてすべての農園をなくしたら、全ての食用児で人間世界に渡ろう。」

そんなエマの提案を「夢物語だね」と切り捨てるノーマン。

「百歩譲って人間の世界どうこうは良しとしよう。でも七つの壁が終始不確定過ぎる。七つの壁の向こうにすべての鬼の頂点のあの方がいる。七つの壁、そんな場所は鬼の世界のどこにもない。ラートリー家にすら資料一つ残ってない伝承で、全く謎だらけ。」

というノーマンにエマは「知ってるよ。」と返します。

七つの壁への行き方は一年半で突き止めた、必要なものも集めた、条件さえそろえばいつでも行けるというエマの言葉に、驚くノーマン。

エマは七つの壁について、ノーマンの言う通り本当に行けるのか行って何があるのか、たどり着けたとしてちゃんと約束を結びなおせるのか分からないけど、それが分からなくてダメというなら、自分が行って確かめてくるといいます。

「行って全部確かめてくるから、ちゃんと約束結びなおせて戻ってこられたら、絶滅考え直してね。」

そう言ってノーマンの手を強く握るエマ。

「えっ待って。いつそんな話に・・・ていうか”戻ってこられたら”って・・・?」

エマの勢いに押されながら、戸惑うノーマンに、レイが七つの壁のリスクが2つあると話し始めます。

「入り口は分かってるけど出口は知らない。それから、あとは何かそこに入ったやつ基本帰ってこられないらしい。」

「はあ―――――!!?なんだソレ、リスクだらけじゃないか!!」

声を荒げるノーマンに「でもいかなきゃ絶滅でしょ?」というエマ。

元々行くつもりだったし大丈夫だというエマに、ノーマンは全然大丈夫じゃないと心配します。

そんなノーマンに1000年前、初代ラートリーは戻ってきたから帰ってくる方法は必ずあるというエマ。

「それにね、絶滅させたくないのは私だし、そのくらい自分で背負って確かめてくるよ。」

「そのくらいって・・・。」

「そのくらいでしょ?ノーマンの方がもっと背負ってる。一人で全部神様みたいに。ねぇノーマン。神様になんかならなくていいんだよ。」

エマはそういってノーマンを抱きしめました。

そしてノーマンは辛くないのかと、問いかけるエマ。

「本心から鬼を絶滅させたいの?ノーマンも鬼を殺してスカッとするの?ノーマンも全部話してよ。また一人で全部背負って遠くへ行っちゃうのやだよ・・・!」

エマの脳裏にはノーマンが出荷された日のことが浮かびます。

するとノーマンは、僕はもうどこにも行かないよと笑顔をみせました。

「エマの考えは分かった。でも僕の考えも変わらない。計画を止める気はない。遅らせる気も待つ気もない。エマがどうしても絶滅を止めたいなら、そのために七つの壁に行くというならば、ぼくが王家・五摂家を殺させる前に戻ってくるんだ。」

そしてノーマンはエマの肩に手を置き、絶滅を止める確約もしない、エマが戻った時に初めて考えようと承諾し、エマもそれで充分だと感謝しました。

さらにノーマンはレイに声をかけ、「ああもちろん俺も行く、任せろ。」と答えるレイ。

「二人とも必ず無事に戻ってきてね。」というノーマンに、エマとレイは力強く返事をしました。

 

ノーマンの部屋を出たエマとレイ。

エマは改めてレイに自分の決意を伝えます。

「私決めた。分かった!もう迷わない!殺戮なんてさせない。絶対別の選択見つけ出そう。もう二度とノーマンを一人で行かせたりしない・・・!」

「おう!」

約束のネバーランド【第128話】決めたの感想

ノーマンの計画は変更しないものの、エマは別行動して鬼を絶滅させないように動くといった方向に話がまとまりましたね。

またエマとレイが別行動になりますが、今後の展開がどうなるのか気になりますね。

次回の約束のネバーランド【第129話】が掲載される週刊少年ジャンプ18号の発売日は4月1日になります。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む