週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第127話】対立のネタバレ!対立するエマとノーマン

hqdefault e1552891708346 - 約束のネバーランド【第127話】対立のネタバレ!対立するエマとノーマン

2019年3月18日発売の週刊少年ジャンプ16号、約束のネバーランド【第127話】対立を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

エマとレイはノーマンの作戦について聞きました。鬼の社会は身分階層があり、権力や富を全て持っているのが王家と五摂家です。

そんな王家と五摂家に不満を持つ鬼たちもおり、その中の一つが元貴族のギーラン家。ギーラン家は王家と五摂家に無実の罪を着せられた恨みを持っているため、それを利用して同盟を組み、鬼同士を衝突させることをノーマンは企んでいました。

一方鬼を滅ぼしたくないエマはノーマンに人間を食べなくても退化しないソンジュとムジカの話をします。その話を聞いたノーマンは「邪血の少女の一族はまだ生きていたのか」と驚くのでした。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

約束のネバーランド【第127話】対立のネタバレ

約700年前。

「農園からの人肉はまだか。もう2年はまともに人肉を食えてない・・・」

「隣の村は全滅だってよ。みんな獣みたいに変わっちまったって。」

「ああ駄目だ・・・俺たちもじきに・・・。」

と、村の鬼たちは飢えに苦しんでいます。

そんな時突然少女の鬼が現れ、「大丈夫、もう大丈夫よ。」と優しく微笑み、手を差し述べました。

 

そしてノーマンの部屋。

「邪血の少女?ノーマンは・・・知ってたの?」

エマの問いに、「ああ・・・存在を伝え聞く限りだけど・・・。」とノーマンは邪血の少女について語り始めました。

その鬼は生まれてから一度も人間を食べたことがなく、人を食べなくても人型の形質と知能を保てる超特異個体。

生年不明、出身不明であり、初めて存在が確認されたのは700年前のことでした。

少女は飢餓の村に現れた救世主で、わずかな血でその力を他者に伝染させることができ、彼女の血を一口飲んだだけで鬼は彼女と同じ体質を手にできたのです。

飢餓の村では彼女の力をみんなで分け合い、全滅を免れたのだとか。

その噂はやがて王や貴族の耳に入り、彼女を含めてその血を持つ全員が捕らえられ、食い殺されました。

「え?・・・なんで?」

と驚くエマに、それは彼女の血を恐れたからだというノーマン。

彼女はその時に食べられて死んだと記載されていますが、実際は逃げ延びて生きていたようです。

「けどそうなると、ソンジュは元から人を食わなくていいってわけじゃなくて、ムジカの血で退化を免れた生き残りってことなのか。王家と五つの貴族も”例外”ってわけだな。」

というレイに、ノーマンがその通りだと言います。

ギーランもそれを知っていて王家と五摂家を殺して食べたがっており、だからこそギーランをぶつけて一掃するというノーマン。

「そういうわけで、王家・五摂家は”例外”ではあるのだが、作戦上一切支障はない。王たちは数も限られているし、僕たちが直接始末するよ。レイが懸念した”策”の崩れはないよ。それより危ないのは・・・」

とノーマンが言いかけたとき、「ねぇ待って!何で王家や貴族たちは、ムジカの仲間を食べちゃったの?」とエマが割って入ります。

そんなエマの疑問に「邪魔だったから」と答えるレイ。

王たちからすれば農園によって人肉の供給を握れているため、いつ誰にどれだけ肉を与えるかで意図的な格差を作れて、鬼社会を好きにコントロールできるのです。

そんな王たちにとっては、農園を必要としないムジカたちの力は邪魔でしかないため、捕えて殺し、独占したのだろうと見解を述べるレイ。

レイの話にノーマンは黙って頷きます。

驚くエマに、みんな私利私欲で動いている、みんながエマみたいに優しい気持ちで考えているわけじゃないというノーマン。

そしてノーマンは退化した鬼を人型に戻す能力を持つソンジュとムジカの動きを警戒します。

自分たちが反乱を起こしたときどう動くか分からないし、ラートリー家に彼らが捕まってしまっても不都合で危険要素のため、探し出して殺すというノーマン。

そんなノーマンの言葉に、エマは反対します。

「ソンジュとムジカは大丈夫だよ!友達なの恩人なの!殺すなんてヤダ!!」

「でも彼らは鬼なんだよ?僕らが鬼を滅ぼすのを彼女らが黙ってみていると思う?それを許せると思う?」

そうエマに問いかけるノーマンに、じゃあ絶滅させなければいいとエマは声を荒げます。

そしてエマは鬼を滅ぼしたくないという気持ちを打ち明け、ムジカの血や王や貴族の血があれば鬼たちが人を食べなくてもいい体になり、争わなくてもよくなると言いますが、ノーマンはそれを否定します。

鬼は必要がなくても人間を食べたければ襲ってくるし、700年の王と貴族、ギーラン達もそうだったというノーマン。

「そもそも人間だってそうじゃないか。大好きなご飯に私を食べるなと言われて、はい分かったと我慢できる?エマならできるかもしれないけど・・・弟妹たちに同じ我慢を強いられる?すべての鬼が僕らに情けをかけて食欲を抑えられると思う?」

そんなノーマンの言葉に、じゃあ人間の世界に逃げようとエマは言います。

七つの壁を越えて、約束を結びなおして、鬼が追ってこられないようにしてから人間の世界へ逃げればいいというエマ。

そんなエマの主張を、人間の世界が安全で受け入れてもらえるかもわからないと突き放すノーマン。

そしてノーマンは何もかも選び取れるほど世界は甘くないといい、断言するのでした。

「鬼を絶滅させなければ家族で笑える未来はない!」

約束のネバーランド【第127話】対立の感想

ようやく気持ちを口にしたエマですが、やはりノーマンと対立することになってしまいました。

エマの気持ちも分かりますが、ノーマンは少し残酷ながらも正論を言っていると感じます。

今のところ食用児が安全に暮らすためならば、鬼の絶滅は致し方ないのかなと思いますが、エマかノーマンが妥協するのか、それともまた別の案が出てくるのか、気になりますね。

次回の約束のネバーランド【第128話】が掲載される週刊少年ジャンプ17号の発売日は3月25日になります。

ちなみに約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む