週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第117話】檻への侵入②のネタバレ!無事に生還できるのか

2018年12月22日発売の週刊少年ジャンプ4・5号、約束のネバーランド【第117話】檻への侵入②を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

クリスの薬を確保するため農園に潜入することになったエマたち。エマは戦闘経験の豊富な救護班のザックに同行を頼みますが、普段は大人しいアンナが自分が行くと声を上げます。

実はアンナは救護班の中でも特に薬に詳しく、救護班の2人もアンナの意見を尊重しました。

そんなこんなでアンナを加えた、ハヤト、エマ、レイの4人は農園に侵入することに成功します。

しかし薬品室に向かう途中、鬼に見つかってしまったため、レイとハヤトは囮となり、エマとアンナは薬品室へ走りました。

約束のネバーランド【第117話】檻への侵入②のネタバレ

農園の薬品室に到着したエマとアンナ。

(すごい種類・・・こんなたくさんの中から・・・?)

大きな棚に詰め込まれた膨大な量の薬を前に呆然とするエマ。

「あった!この棚よ!まずはあの薬・・・」

そんな中アンナはレイとハヤトが鬼たちをひきつけてくれている間に急がないとと、次々と必要な薬を見つけていき、エマは指示された薬を棚からとっていきます。

その頃、監視室のモニターでレイたちを発見した鬼たちは、とらえようと動き出していました。

次々と追っ手の鬼がくる中、銃で鬼たちの目をつぶしながら逃げるレイ。

「レイさぁ~~~ん!!」

そこへレイの加勢に来たハヤト。

「は!?ハヤト!!?なんでお前・・・!!」

「レイさんが道も知らずに飛び出したから!!」

「バカ!!エマとアンナを守れよ!!」

そんなレイの言葉に、ハヤトはだからこそ戻ったといいます。

「あの2人を守るためにもおれたちは捕まっちゃいけない・・・一秒でも長く逃げ回らないといけないんです!!」と震えながら必死で叫ぶハヤト。

ハヤトが恐怖の中助けに来てくれたことに気づいたレイは「すまん助かる!お前は良い奴だ」と感謝。

「誰一人死なずに無事に戻ろう。逃げ道は任せた、鬼は任せろ。ひきつけるだけ引き付けて離脱するぞ!!」

そう言って走り出したレイは、壁に空いた窓の外を見て、何かに気づきました。

 

一方無事必要な薬を集め終わったエマとアンナは、元来た場所へと向かいます。

アンナはレイのことを心配しますが、エマは大丈夫と言います。

「レイはハヤトを守るし、レイ自身守る相手がいた方が死なないから」

その言葉に「確かに」と同意するアンナ。

「このまま外へ出て、レイたちと合流し次第すぐに帰ろう」

2人は下水道を通り、入ってきたマンホールから外へ出ようとしますが、ふたを開けた瞬間、鬼たちが待ち構えていました。

慌ててエマがマンホールのふたを閉め、アンナに逃げてと指示しますが、鬼たちはマンホールを壊し、エマを捕獲。

「こいつか?本当に人間だ、報告しろ」

「声がした。まだもう一匹いるぞ。本部本部。ん?違うこいつ特徴が」

エマの首元の数字を見た鬼たちは「最高級肉だァ―――ッ!!!」と叫び、我先にエマを食べようとします。

エマは逃げようと必死にもがきますが逃れることができません。

今まさにエマが食べられようとしたその時、紙袋をかぶった人物が2本の刀を持って現れ、鬼たちが切り刻まれます。

間一髪助かったエマですが、紙袋をかぶった人物は驚いて動けないエマにもなぜか斬りかかろうとします。

そこにハヤトが駆けつけ、慌てて静止。紙袋の人物にエマのことを「この人は仲間で恩人なんだ」と説明しました。

そしてレイとアンナも合流し、アンナはエマに無事でよかったと抱きつきます。

レイが紙袋の人物のことを仲間なのかとハヤトに聞くと、「こいつはザジ。ボス(ミネルヴァ)の腹心です。多分戻りの遅いおれとジンを捜しに」と答えました。

さらにザジについて、めちゃくちゃ強いが何を考えているか分からない、ボスのいうことしか聞かない狂犬だから気を付けてと忠告。

そんな中飛んでいる蝶々を目で追うザジ。

そんなザジのことを見てエマは、不思議なお面をかぶり、軽々と鬼を倒した彼は何者なのかと考えます。

そして一行は鬼たちに見つかる前に、急いで仲間の元に戻るのでした。

約束のネバーランド【第117話】檻への侵入②の感想

今回エマたちは薬を確保し、無事に農園を脱出することができました。

誰もケガをせずに、目的を達成できたということで良かったですね。

エマのピンチに駆け付けたザジですが不思議が多いキャラとはいえ、4体の鬼を難なく倒したので、かなり強力な助っ人となりそうです。

次はどんな展開になるのでしょうか。

次回の約束のネバーランド【第118話】が掲載される週刊少年ジャンプ6・7号の発売日は1月7日になります。