約束のネバーランド

約束のネバーランド【第113話】楽園の王 ついにミネルヴァ登場!

neba113 - 約束のネバーランド【第113話】楽園の王 ついにミネルヴァ登場!

2018年11月26日発売の週刊少年ジャンプ52号、約束のネバーランド【第113話】楽園の王を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

約束のネバーランド【第113話】楽園の王のネタバレ

エマたちはアンドリューと対峙。ユウゴとルーカスから狙撃を学んでいたオリバーがアンドリューの関節を破壊します。その後アンドリューは野生の鬼に食われ、人質だったアリシアとドミニクを助けだすことに成功。エマたちはフクロウ型のカメラで、敵に居場所がばれていることが分かったため、地下道跡を去り、ルーカスの残したメモの場所に向かうことにしました。

2047年10月。

侵入者を知らせる警報が農園に鳴り響きます。

歩きながら「モーモタロサンモモタロサン♪」と歌う女。

「なんだその歌」

「鬼退治の歌」

鬼の死体が転がる廊下を歩く4人の侵入者。

棍棒を持つ女が壁にもたれ、「ねえ後であいつら食っていい?」と鬼を見下ろしながら言いました。

「好きにしろ、どうせよせっつってもまた食うんだろ」とあきれ気味な男。

「だってさぁ、アタシらばっか食われてムカつくだろ」

「私もムカつくが他に語彙はないのか?」とスキンヘッドの男。

「ほかに何といえばいい?」と聞かれると「いくらでもあるだろう。腹が立つ、憤慨する、怒り心頭に発する、悲歌慷慨する」とスキンヘッドの男が答えます。

「あ?意味わかんねぇ」

そんな会話をしながら廊下を歩いていると、4人はたくさんの食用児が収容された場所に到着しました。

「悲歌慷慨、運命など悲しみ憤り嘆くことだ」

と、先にそこで待っていたミネルヴァを名乗る人物が答えます。

「臭え汚え」と女が言うと、「外見は綺麗な建物だったが、中は劣悪最底辺の量産農園だったか」とスキンヘッドがつぶやきます。

そしてミネルヴァが「ザジ」と4人の仲間の一人を呼びました。

顔を紙袋で覆ったザジは食用児の手錠を刀で切ります。

「おいで」

ミネルヴァが食用児に声をかけると「あ・・・う・・・う・・・」とわずかに反応し、涙を流しました。

「かわいそうに」と食用児を抱きしめるミネルヴァ。

「連れて帰るか?」とスキンヘッドが訊ねると「・・・いや、この装置を外したらこの子たちは死んでしまう」と答えます。

「悔しいが自分たちにできることはない」

「せめて全員の手足の枷を外してやろう」

ミネルヴァの提案によって、食用児は手足の枷を外されますが、姿勢を保つことができずにぐったりしています。

「次に生まれてきたときには人間として生を全うできますように」

ミネルヴァはそう言って、農園のブレーカーを落とします。

ピーピーという電子音が鳴りやみ、食用児も動かなくなりました。

「この後はどうする?」

スキンヘッドが聞くと「焼き尽くせ。農園は破壊する、例外なくだ」と答えるミネルヴァ。

4人は農園に油をまき、マッチで火をつけます。

「農園を破壊し全食用児を解放し、この世界を終わらせる」

ミネルヴァは農園から離れながら、仲間にそう告げました。

そしてある場所にたどり着いた5人は、ホールの2階に行きバルコニーに出ます。

「私は食用児の楽園を作ろう」

ミネルヴァがそう宣言すると、下から大勢の子供たちが歓声を上げました。

「ミネルヴァ!!ミネルヴァ!!」

場面は変わり、エマたちはルーカスから渡されたメモを見ていました。

ミネルヴァと名乗る人物から伝えられた数字の羅列は、「神話の本の暗号」だとエマが話します。

「指示された単語をつなげると、go to the jaw of lion」

つまり「ライオンのあごへ行け」という意味ですが、子供たちは何のことか分からず首をひねります。

しかしイベットが「お寺と金の水の場所探しの時に見た!」と、シェルターの地図にライオンのあごがあったことを思い出しました。

「西へ10日歩いた先にある荒野。このミネルヴァさんが来いといってるのはそこだ」とエマ。

そしてエマは仲間たちの墓石の前に手を置き、別れを告げます。

(ユウゴ・・・ルーカス・・・みんな・・・)

(見てて、必ず世界を変えるから)

「行ってきます!」

約束のネバーランド【第113話】楽園の王の感想

今回は恐らくミネルヴァと思われる人物が、強力な仲間とともに農園を破壊し、食用児を解放するという目的を持って動いていることが分かりました。

ミネルヴァには鬼たちを簡単に倒してしまうとてつもなく強い仲間がいることが衝撃でした。

彼らが救ってきた食用児の数は相当なものだったので、エマたちにとっては非常に心強い味方になるだろうと思います。

次回の約束のネバーランド【第114話】が掲載される週刊少年ジャンプ53号の発売日は12月3日になります。