週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第111話】望まざる客最新話ネタバレと感想!

yakuneba - 約束のネバーランド【第111話】望まざる客最新話ネタバレと感想!

2018年11月12日発売の週刊少年ジャンプ50号、約束のネバーランド【第111話】望まざる客を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

これからネタバレ含む内容を紹介します。よければ漫画を読む方法もご覧ください。

約束のネバーランド【第111話】望まざる客のネタバレ

エマはルーカスが襲撃前に受けたミネルヴァと名乗る人物からの電話のメモを読み、彼と接触することを決意。子供たちはユウゴとルーカスの帰りを待ちますが、しびれを切らし、一部の子供たちが独断で2人を探しにシェルターに向かいます。それを木の陰からアンドリューが見つめていました。

エマとオリバーはルーカスのメモのことを、夜が更け始める頃まで話し合っていました。

「明日みんなに話そう、きみの意見を聞けて良かった」とオリバーがエマに感謝します。

するとギルダが慌ただしく2人の元にやってきて、ドミニクとアリシアがいないことを伝えます。

荷物や武器、他にも子供たちがいないことを確認し、「手分けして探すぞ!」とレイが走り出した時、2発の銃声が聞こえました。

その音を聞き、全員で銃声の聞こえた方向へ走り出します。

銃声が聞こえた先にたどり着くと、そこには森の中で立ち尽くすドミニクの姿がありました。

急いで駆け寄ろうとする子供たちにドミニクは「逃げて!!来ちゃダメ!!」と叫びます。

次の瞬間銃声と共に駆けつけた少年の一人の頭から、血しぶきが上がります。もう1度銃声が響き、ドミニクのふくらはぎも撃ち抜かれてしまいました。

そして顔の左半分が崩れ落ちた血だらけのアンドリューがアリシアを抱えて現れます。

最初に見た姿と別人になっていて驚くレイと、なぜあの姿で生きているのか驚くドン、そして敵が他にいないか確認するジリアン。

「敵がここにいる・・・じゃあユウゴとルーカスは?」

エマの顔が絶望に変わります。

アンドリューは「いつまで立っている!跪けェ!!」とアリシアのこめかみに銃口を向けて叫びます。

エマたちは武器を置いて跪き、両手を上にあげました。

レイは木の陰に隠れているオリバーとザックに、時間を稼ぐのでアンドリューを頼むとアイコンタクト。頷いたオリバーとザックは、身を隠し、アンドリューの後ろに回り込もうとしますが、気づかれ銃弾が飛びます。

「どいつもこいつも図に乗りやがって!」

「奴らの餌の分際でェ!!食用生物の分際でェ!!」

「跪けと言ってるだろうがブタ共がァァ!!!」

怒ったアンドリューは倒れているドミニクの背中を荒々しく踏みつけ、ドミニクは叫びます。

叫び声に怒ったエマたちはその隙をついて、一斉に銃をアンドリューに向けました。

しかし撃てないエマ。

その気持ちを察してアンドリューは不敵な笑みを浮かべ、エマのことをフィルに訊いたと言います。

「君たちは家族思いだ。そして”優しい”」

「揃いも揃って愚かしいほどに」

そう言って口元をゆがめるアンドリュー。そしてドミニクやアリシアといた3人の子供たちがどう死んだのか話し始めました。

「私は手負いで奴らには数の利もチャンスもあったのに・・・なんで私が生きているのか?人間を撃てなかったからさ。奴らは人を撃つのをためらったのだ!」

「こっちはいとも簡単に殺せたよ。あいつらは色んな事を想像したんだろうなァ」

「”同じ人間””同じ痛み””殺せば命は決して戻らない”なんてなァ」

そう話すアンドリューは「ついでにあの2人も死んだよ」と、ユウゴとルーカスの話も始めました。

エマたちは凍り付きます。

「あの2人は驚くほど強かった・・・だがお互いに庇いあって負傷し、挙句、我々を道連れに爆死しやがった。」

「が、この通り私は生きている!奴らは死に損ってやつだ!!」

そう言うとアンドリューは狂ったように高笑いをしました。

「お前らを必死に守るため、わざわざ宣戦布告までして自分たちを前にしたのになァ」

「足引きずってはらわた潰れて蜂の巣にサレても戦ったのに!!天は私の味方なのだ!!アハハハハ!!」

耐え切れずエマが再びアンドリューに銃を構えなおします。

そんなエマに「撃てないよ」とアンドリューは言いました。

「私は人間で、そして・・・もし私を撃てばこのガキ共を殺す。君に選択肢はない。仲良く全員であの世へ行クんだ。」

アンドリューはアリシアに突き付けた銃に力を入れます。

その時、夜の森に銃声が響き渡りました。

約束のネバーランド【111話】望まざる客の感想

今回はアンドリューが3人の子供たちとユウゴ、ルーカスを殺したことを告白しました。

アンドリューが明らかに瀕死の状態で生きているのが不気味で、なぜか執念深く子供たちを狙う胸糞悪い展開です。

最後の銃声はいったい誰が発砲したんでしょうか。

そしてアンドリューと接触したフィルはどうなったのでしょうか。

次回もとても気になりますね。

次回の約束のネバーランド【112話】が掲載される週刊少年ジャンプ51号の発売日は11月19日になります。

まとめ

以上、約束のネバーランド【第111話】望まざる客のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらに面白みがあります。漫画を読めるサービスをまとめていますので、ぜひご覧になってみてください!