渋谷金魚

渋谷金魚【othersight】ネタバレ!金魚の謎は深まるばかり・・・

B04FC679 8301 427E B4D4 26B3B6C4802C 1226x720 - 渋谷金魚【othersight】ネタバレ!金魚の謎は深まるばかり・・・

月刊ガンガンJOKER7月号(6月22日発売)、渋谷金魚【other sight】のネタバレ・感想をまとめました。

前回のあらすじ

宇田川町を目指して行動を開始した一同。

しかし、『手足』の金魚に囲まれてしまい負傷者が多数。

負傷者は置いて、動ける人間だけで宇田川町を目指し続けることに。

初はみんなに「必ず戻ってくる」と告げます。

渋谷金魚最新話を無料で読む方法は?

渋谷金魚最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、渋谷金魚最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
渋谷金魚最新話を読む

渋谷金魚【other sight】ネタバレ

[それはーー今ではない、いつか。

土居美樹が「しゃべる金魚」を見たのは、20年前のことだ]

とある少女の家で、複数人の子どもが集まっていました。

「わぁ~!」

美樹も、その中にいました。

[しかし…それが「どこ」だったのか「誰が」「何人いた」かは…。

今では靄がかかった用に思い出せない]

美樹は、金魚を見ながら親友に言います。

「不思議だね、もーちゃん!」

すると、親友の少女も言いました。

「不思議だね、みーちゃん!」

[ただ、当時親友だった女の子が隣にいたことはかろうじて覚えている]

金魚鉢の中の金魚は、おもむろに水面から顔を出して小さく叫びました。

『ぷるぁ~~』

そんな金魚を見て、美樹は言います。

「でもしゃべってるって言うよりうめき声みたいじゃない?」

すると、「もーちゃん」も言います。

「でも何言おうとしてるみたいにも聞こえるよ?」

「もーちゃんが捕まえたの?」

[彼女がそう聞くと、隣の親友は首を振り、代わりに向かいにいた「誰か」が薄く微笑んで手を挙げた]

「もっといっぱい話しかけたらしゃべるようになるかな?」

[別の「誰か」が言った]

「お話できるようになったら楽しいね」

[また「誰か」が言った]

金魚鉢を囲むように座って、子ども達は金魚に話しかけ続けます。

[それから彼女達は日が暮れるまで話しかけたが、「その金魚」がそれ以上人間らしい言葉を話す事は無かった]

 

「…それで…どうなったんです?」

カフェの中で、話をしていた男女二人。

「ん~、それっきりみたい…。

何かその後学校で色々あって親友とも疎遠になっちゃったらしくて。

以来「その金魚」の事もずっと忘れてたらしいわ」

すると、男は女に聞きました。

「しかし何でまたその土居って交通課の婦警は…雪野さんにそんな話を?」

聞かれた女は苦笑を零しながら言います。

「ほら…私が昔「着物の少女」に殺されかけたって話。

アレどっかで聞いたみたい」

「ああ…「しゃべる金魚を見た事あるか」ぅて聞かれたんでしたっけ?

どうせ雪野さんの妄想なのに本気にしちゃって~!」

ハハハ、と笑う男。

「アンタ…1回マジでシメるわよ…!」

女は、テーブルに置いていた写真を手に取ります。

「…でも…ね…」

そして、土居美樹と話した時のことを思い返しました。

『…私…もーちゃんと最後に会った時に、彼女が言ってた事が…ずっと気になってて…』

それは、まだ美樹が幼かった時、学校の帰り道に「もーちゃん」が言ったのです。

『…ねぇ知ってる?

金魚ってね、人の心を食べるんだって。

じゃあさぁーー』

美樹は、雪野に不安そうに言いました。

『その先…思い出せないんです…。

でも私…それを聞いた時…。

すごく恐ろしくて…怖くて…以来、彼女と話さなくなってしまったんです!』

美樹の言葉を思い出しながら、写真を見る雪野。

その写真は、幼い時の美樹と、その隣には「もーちゃん」が写っています。

「……」

(やっぱり…とても似てるのよね…。

私が…17年前に会った「着物の少女」にーー…)

雪野は考えます。

(でも…もしそうなら、一体何がーー)

すると、その時でした。

「イヤアアァァアァア!!」

突然の悲鳴にざわつくカフェ内。

雪野と共に居た男も思わず席を立ちます。

「な…なんだ?」

「だっ、誰かっ! 誰かぁ!!」

叫び主はなおも叫びます。

[14:02]

男は雪野に言います。

「雪野さん外です!」

「え…ええ!!」

二人は慌てて、パニック状態に陥りかけている店内の客を押しのけて外へ出ようとします。

「警察です! どうしました!?」

「通してください!!」

[3月3日]

そして、外へ出た雪野と男が見た光景は。

[渋谷・道玄坂1丁目]

3月3日の、渋谷の惨劇でした。

無数の金魚がそこら中にはびこり、襲われて血肉の塊になっていく人々。

「いっ…たい…、何なのよ……これは……」

雪野は、震えながら呟きました。

渋谷金魚【other sight】感想

今回はちょっとした番外編のような回でした。

しかし、3月3日より以前から異常がきたしはじめていた様な感じの内容です。

金魚の謎は深まっていくばかりですね。

次回からはまた本編に戻るようです。

初達がどうなってしまうのか期待です。

渋谷金魚最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、渋谷金魚最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
渋谷金魚最新話を読む