週刊少年サンデー

水女神は今日も恋をするか?【第10滴】水女神の夢のネタバレ!

mizu 04 1280x720 - 水女神は今日も恋をするか?【第10滴】水女神の夢のネタバレ!

2019年2月27日発売、週刊少年サンデー13号の水女神は今日も恋をするか?【第10滴】水女神の夢を読んだので前回のあらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】
国王から、アクレアが砂漠で捨てられていた赤ん坊だということを聞いたアシャ。

国の中心人物であるアクレアが国の人間ではなかったことを驚きます。

それは本人にも国民にも秘密にされていることでした。

アクレアと一緒に置かれていた母親からの手紙を読むアシャに、国王は人の犠牲で成り立つ幸せは不幸だと語ります。

そこにやってきたアクレアは、アシャに優しくされると水が出る量が増すと話し始めます。

勘違いしたままの彼女は皆の前で検証を始めます。

優しくしてと言われたアシャは空回りしてしまいますが、その姿を見たアクレアはときめきで水を放出させるのでした。

水女神は今日も恋をするか?【第10滴】水女神の夢のネタバレ!

アクレアがアシャに優しくされる事で水を沢山出すことが出来ると誤解したその夜―――

「お願い、もっと優しくして。私もっともっと水出せるから。」

引き続き、アシャはアクレアにお願いされていました。

協力したいと思うアシャですが、照れながらも国王とフユたちの前で懇願するアクレアに戸惑っていました。

国王たちも「早う優しくせんかい!」とアシャを急き立てます。

そこで、アシャは国王が言っていた言葉を思い出します。

アクレアは自らを犠牲にして行動しているのだと。

アシャは今日は遅いので明日までに優しさを考えてくると言います。

納得したアクレアとは違い、後ろでみる国王たちは(ヘタレめ・・・)と思っていました。

アシャはアクレアにムリをしないでほしいと言いました。

水を出すことはアクレアしかできないことですが、アクレアだけが責任を感じる事ではない、みんなが一緒に背負う事だと話しました。

「もしかしてさっき明日にしようって言ったの、私が緊張してたから?」

ギクッ。

分かりやすい反応にお礼を言うアクレ。

「でもね、やらなきゃいけないからだけじゃないよ!」

アクレアは自分の意志でやっていることでもある、育ての親である祖母と約束したのだと話し始めます。

11年前、当時4歳のアクレアは、ベッドの中の王妃、フェルガナの元にやって来ました。

コホコホと席をする王妃はおばあちゃんとアクレアに呼ばれています。

アクレアは何もないところに咲いた花を嬉しそうに王妃に渡しました。

「・・・きっとアクレアちゃんの水のおかげね。」

自分のおかげだと聞いて目を輝かせるアクレア。

そのままだと枯れてしまうと言われて驚きます。

花瓶に入れた一輪の花に向かって謝ります。

王妃に元気になってもらいたかった為なのに、お花に悪いことをしてしまった。

そう話すアクレアに王妃は「元気になったのよ。」とアクレアを抱きしめました。

そして昔の思い出を話し始めました。

昔、まだ雨が降っていたころ、この辺りには大きな川があり、一面にきれいな草花の絨毯が広がっていました。

そこでは水遊びをすることもできたのです。

「・・・あの頃がよみがえるようだわ」

アクレアはいつかきっとその光景を取り戻したいと思っていました。

「夢なの。私の。」

アクレアは心にしまっていた大事な決意を話します。

「おばあちゃんが好きだった国を見てみたいの。みんなが元気に暮らす姿を・・・」

水の量が全く足りなかった今までは秘密にしていた夢ですが、水が増えれば、もっと頑張れば川も草花の絨毯も蘇る・・・・

「出来るよね!?」

そう話すアクレアに国王は「ムチャじゃ!」と答えます。

そんな量の水を出せば体がもたないとアクレアの体を心配する国王。

その言葉を聞いたアクレアの顔は青ざめていきます。

この夢を秘密にしていたのは、必死された時に自分までそう思ってしまうのが怖かったからでした。

「・・・大丈夫だよ。おじいちゃん。ただの夢だから。・・・ちょっと調子に乗っちゃった。」

必死で言葉を紡ぐアクレアにアシャが大きな声で言いました。

「出来ます!!!」

自分がときめかせることが出来ればきっとできる。

アシャは一緒に叶えようと彼女を励まします。

震えながら涙を流すアクレア。

いつも彼女のムチャを心配するアシャは反対すると思っていたのです。

(・・・あぁ、アシャくん・・・好き!)

その気持ちを確信し、ときめいた瞬間、大量の水がアクレアから放出しました。

城の外まで飛び出していった水はまるで雨のように空から降ってきます。

その光景に感動する国王。

アシャの優しさパワーの凄さをアクレアは実感します。

しかし、恋心に胸が苦しくなって、アクレアは先に帰るとその場を離れました。

今までで一番の水の量にアシャも驚いていました。

すると、濡れた手紙が光を放ちはじめます。

アクレアの母親からの手紙は濡れると色が変化し、違う文字が浮かび上がりました。

『愛しのアクレアへ』

そこには母親からの本当の言葉が書かれていました。

生きていく術として運命の相手を見つけろと書かれた手紙。

アクレアの恋は無限の可能性があり、消えた海すら取り戻せる魔法なのだと書かれています。

(海?・・・ってなんだ・・・?)

読みながら不思議そうなアシャ。

一方、アクレアはアシャの事を本気で好きになったと自覚したのでした。

水女神は今日も恋をするか?【第10滴】水女神の夢の感想

今回はセンターカラーでした!

アクレアとアシャがお互いに恋を自覚した瞬間でしょうか?

見つめ合う姿にドキドキのかわいらしいイラストです。

好きな子をときめかせるのも優しくするのも、相手からお願いされいきなりするのは難しいですね。

ウブな男の子には至難の業です。

しかし、相手を思う気持ちがあれば、相手の気持ちが溢れてしまうような行動ができるようです。

アクレアの母親が赤ちゃんを手放したのには、事情があったことが明らかになりました。

アクレア母子はどこから逃げ出したのか?

空から降る雨に喜ぶ国民ですが、これからのアクレアたちが心配な展開でした。