BELOVE

昭和ファンファーレ最終話!約束と誓いネタバレ!!明日の歌を歌う小夜子!

yjimageTW8INTCQ - 昭和ファンファーレ最終話!約束と誓いネタバレ!!明日の歌を歌う小夜子!

BELOVE(6月1日発売)7月号の昭和ファンファーレ最新34話永遠の喪失を読みましたので、ネタバレ・感想等まとめていきたいと思います!

昭和ファンファーレ 前回までのあらすじ

天性の歌声を持っている小夜子は映画スタァを目指して歌っていました。

その歌声に才能を感じたピアニストの浅海はオーディションを受けるように勧めます。

そんな中、同じく魔性の声を持つ月子と出会います。

二人は映画スタァになるために、頑張って日々を過ごしていきます。

しかし時代は流れ、昭和18年米英との開戦から1年半が経過しました。

ジャズや軽音楽など、敵性音楽が一掃され、小夜子達も軍国歌謡を歌わされるようになりました。

周囲の人々にも赤紙が来るようになり、映画監督や照明のスタッフも招集されていきます。

彼女の周囲にも、内地慰問団に入り、歌で兵隊を慰問する人々も出てきました。

そんな中、黙って浅海は学徒出陣で出征してしまいます。

小夜子は、そんな浅海を追って大陸の慰問団に参加します。

戦地を巡り、奇跡を信じて歌い続ける小夜子と月子。

そんな中、空襲で一緒に歌っていた花岡さんが爆風で大怪我を負ってしまいます。

そんな花岡さんを見て、月子は死んだ「かか」こと自分の母親を思い出します。

月子は自分の母親を亡くした傷が、まだ癒えていなかったのです。

夜子は、そんな月子に優しく声を掛けます。

小夜子の言葉が、月子の奥へ浸透し自然と涙が出てきます。

小夜子を見ながら、他人に興味のなかった月子はいつか小夜子が何を考えてどう生きていたのが疑問を持ちます。

帰国できず、しばらく足止めになるということで、小夜子と月子は司令部に呼ばれます。

小夜子と月子の歌う歌が「天女の勝ち歌」と言われ、その歌声を聞くと勝って戻れると噂されているそうです。

ちょうど、足止めされている間も慰問を続けて欲しいと言われます。

病院でも、小夜子と月子の噂は広まっており、聴けば治りが早くなると言われているそうです。

花岡さんは小夜子に「生き別れのお兄さん」にも歌が届くはずと伝えます。

そんな中、浅海の元に慰問団が来るという情報が入ります。

興味のない浅海に、「天女の勝ち歌」の話を周囲の兵隊が伝え、小夜子が歌っていることを知ります。

慰問の当日、浅海達は慰問団の歌声を聴くことが出来ず、作業についていました。

かすかに聴こえる小夜子の声に、浅海は耳を傾けます。

慰問団と買い物に出た時に偶然、浅海と小夜子は再会することができました。

小夜子は、黙って出征した浅海が悪いと告げ、会って確かめに来たと涙ぐみます。

走り去る浅海の後ろ姿に、会って話をするまで大陸にいると叫びます。

ある日、「生き別れの兄」として浅海が小夜子に会いに来ます。

小夜子は、浅海に会うために「生き別れの兄」に会いたいと一年かけて慰問の際に伝え続けていました。

上官命令で、妹の小夜子と半日過ごすことが許されました。

小夜子は浅海の肩に、身を預けます。

歌の歌詞になぞらえて、つい小夜子は浅海に口づけをしてしまいます。

自分のしたことに驚き、顔を隠す小夜子に浅海から再び口づけを交わします。

口づけを続けていた二人ですが、小夜子が息が出来なくなり中断します。

小夜子は急に男の人っぽくなった浅海に困惑します。

その後、浅海は小夜子に逢ってから音が溢れ出る様になり、楽譜に書き留めていました。

ひと月あまりで戦況は悪化しました。

本土空襲も広がっているらしく、深刻な事態になっていました。

小夜子は、兄の居る部隊にまた寄るかと尋ねますが、戦況は厳しいから普通は行って会えるとは限らないと言われてしまいます。

そんな時、月子が宿泊所の前に居る浅海を見つけます。

前線に行くことを悟った小夜子は、非国民でいいから逃げ回って帰ってきてと浅海に伝えます。

浅海は、小夜子と小夜子の音楽を諦めてないから生きて帰ると約束します。

言葉をいくら重ねても不安で、不安だから浅海の命を繋ぎ止めたいと小夜子は願います。

その日は、とても寒い日だったので浅海の身体の熱さを体を重ねながら小夜子は感じます。

「小夜子、渡すものがあるんだ」

と紙のような物を渡そうとして、浅海は帰ってから渡すと約束します。

泣きそうになる小夜子に、思い出す顔は笑顔が良いから笑ってほしいと浅海が告げます。

「たくさんの歌を作って帰るよ」

君と築く未来への華やかな始まりの楽曲(ファンファーレ)を、、、

約9ヶ月ぶりに戻った内地は外地よりも戦地のようでした。

家族で群馬へ疎開することになり、小夜子も一緒にといわれましたが小夜子は血が繋がっていない事を気にして東京へ残る事にしました。

その日の夜、空襲があり小夜子の自宅周辺が燃えたと聞き、小夜子は周囲の人が止めるのも聞かずに自宅へ帰りました。

自宅に着いた小夜子は、焼け野原になっている事に呆然とします。

小さい頃、小夜子を置いて出ていった母親が小夜子に声を掛けてくれました。

置いていった母親に対し、感謝しかないと言う小夜子に対し母親は後悔の念にかられます。

小夜子を本当の母親から引き離していた罪悪感がお母ちゃんにはずっとありました。

小夜子ともっと話したそうなお母ちゃんに気づかず話し続けていると小夜子は急に倒れてしまいます。

妊娠3~4ヶ月と言われ、驚く小夜子にお医者さんは全然気づかなかったことに驚きます。

焼け出されてしまった小夜子とお母ちゃんは撮影事務所で一緒に過ごすことになりました。

大切な人と自分との血のつながった家族ができることに小夜子はうれしく感じます。

浅海の母親であり、スタアである海堂静代が小夜子の妊娠を聞いてやってきました。

大人とはいえ、若手女優が未婚で赤ん坊を産むなんてとんだ醜聞でスタア生命は絶たれると小夜子に伝えます。

そんな中、空襲警報が鳴り響き、自分は産むと静代に宣言する小夜子。

その後も静代から卵や砂糖など軍の横流し品が届きます。

静代さんから家を貸すから東京のはずれに行きなさいと言われ、三人で行くことにしました。

そんな中、浅海の部隊が日本に戻る辞令が出ていました。

そう想いを馳せる浅海のもとに敵襲が襲います。

怪我をした仲間を助け、逃げようとした浅海の上に敵の爆撃がきました。

”浅海っ”

小夜子の笑顔が浮かびます。

その頃小夜子はお腹の赤ちゃんが蹴ったと月子と話をしていました。

その後、玉音放送が流れ戦争が終わったことを小夜子たちは知ります。

そんな中、海堂静代から電話が入り小夜子は事務室で電話を取りました。

電話の内容を聞いた小夜子は言葉を失います。

海堂静代からの電話は浅海の戦死の知らせでした。

虫の知らせもなかった、東京のはずれで空襲をやりすごしながら先のことばかり考えていたと小夜子は悩みます。

そんな時に占領軍のために歌を歌って欲しいと依頼を受けます。

小夜子はしばらくふせっていたし、妊娠のこともあるからしばらくは撮影には呼ばれないと言われてしまいます。

進駐軍の接待の日がやってきましたが、サクラホールで浅海がピアノを弾いていた事を思い出し、小夜子は歌えなくなってしまいます。

小夜子は夢を見ました。

浅見は小夜子を抱きしめます。

目が覚めた小夜子は涙を流していました。

”なぜだかわかった 浅海はもう帰ってこない”

月子は小夜子と小夜子のかかとの生活が気に入っているので一緒にいてあげると小夜子に伝えます。

お母ちゃんにも、群馬のお父ちゃんの所へ行かなくていいのかと尋ねますが、小夜子と一緒に居たいと言われてしまいます。

月子やお母ちゃんや海堂静代さんが見守る中、無事に小夜子は元気な女の子を出産しました。

小夜子は自分と浅海との子供のためにがんばろうと心に決めます。

ヤミ市で買った商品に手を加えて、利益が出るように高値で売るんだど意気込みながら、小夜子はお母ちゃんに言います。

色々と考えてお金を稼ごうとする小夜子に歌の仕事はしないのかとお母ちゃんは尋ねます。

明音の面倒はちゃんと見ると言うお母ちゃんに対し、歌えないと返事をする小夜子。

小夜子は明音と二人で月子の見送りに出ます。

そこには、小夜子に想いを寄せていた天良が立っていました。

この時、少しだけ小夜子は救われた気がしたのでした。

昭和ファンファーレ最新話を無料で読む方法は?

昭和ファンファーレ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、昭和ファンファーレ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
昭和ファンファーレ最新話を読む

昭和ファンファーレ最終話!約束と誓いネタバレ!!明日の歌を歌う小夜子!

「ハイ、直りましたよ」

天良が家の修理をし終わって、部屋に入ると小夜子が明音にお乳をあげていました。

「あ…それ乳あげてんのか。

なんていうか目の保…いや毒」

顔を手で隠しながら言う天良に小夜子は怒ります。

部屋を出た天良は、仕事に行こうとする月子と鉢合わせします。

「世話になっちゃって悪いなァ、住むとこ見つかり次第出ていくから」

そう言う天良に、女だけだと物騒だから助かっていると月子は返事をします。

月子がなんだかちょっと変わったと話す天良に月子は、天良から以前言われたことは正しかったと答えます。

「私を救うのはべつにあなたじゃなくてもよかった

私を救うのは私だったわ」

微笑みながらようやく楽しいと思えるようになったから好きにやるわと、玄関へ向かいます。

「がんばれよ」

「あなたもね」

お互いに背中越しに声を掛け合いました。

天良も、小夜子のヤミまがいのやりくりを手伝うと言い出しますが、小夜子は天良には映画の仕事があるからと訴えます。

「顔にこんな傷あっちゃあ映画俳優なんざやっちゃいられねぇさ」

化粧とかで誤魔化せると説得しようとする小夜子に、そんな気分になれないと天良はつぶやきます。

南方の戦線は激しかったと聞いていた小夜子は天良の顔の傷は何でできたのか、つらいことがあったのかと思いを馳せます。

痛みを全部、自分が背負えればいいのにと悩む小夜子の頭を天良が撫でます。

驚く小夜子になでてほしそうな顔だと思ってと笑いながら天良は小夜子に言います。

天良はふと、小夜子が何で子供みたいな髪型をしているのか尋ねると、邪魔だったからとキッパリ答えられました。

「あんたはいつも生きる力に満ちてるなぁ、救われる」

笑う天良を見ながら、救われているのは自分だと小夜子は思っていました。

天良に、品物の仕入れ方を教えたりしながら、小夜子は日々は食べることと稼ぐことで頭をいっぱいにして忙しく過ごしていきます。

小夜子はそんな中、家族が住んでいる所へやっと会いに行きます。

すると、久子姉ちゃんは慌ててお父ちゃんを呼びに行き、お父ちゃんは開口一番小夜子をひっぱたきます。

「なぜもっと早く来んかったぁ!!

手紙だけじゃわからんだろ!!

昔からおまえは言葉がたりん」

なんとか幸子姉ちゃんがお父ちゃんをなだめます。

久子姉ちゃんは、お父ちゃんは東京に行くと何度も言っており、なだめるのが大変だったと小夜子に話します。

小さな千代が大きくなっていたことに驚く小夜子でしたが、千代にお母ちゃんを借りっぱなしでゴメンと謝ります。

「お母ちゃんはみんなのでしょ!」

千代のその言葉や、他の家族の気遣ってくれる言葉に本物の家族のように小夜子は素直に感じることができました。

自分が子供を持ったからだろうかと考えていると、待っていた天良が子どもたちに楽しそうに寸劇を演じていました。

そんな姿を見て、再びキネマに戻るべきだと話す小夜子に、天良は小夜子こそ歌に戻るべきだと諭します。

嫌そうな小夜子に、米兵に聴かせてやるのはちょっとしゃくにさわるが小夜子の歌で奴らが圧倒されると思えば悪くないと天良は楽しそうに話します。

「昔、歌ひとつで不良どもの膝を折らせたじゃねぇか。

ああいうさ空腹も怒りも忘れさせる楽しいのをさ、待ってるぜ、

みんな、俺も。

澄み渡るようなあんたの歌をさ」

オーディション会場へ向かおうとした小夜子でしたが、きっと歌えないと家に帰ります。

すると慌ててお母ちゃんが小夜子のもとへやってきました。

「いま静代さんが玄関に!!」

浅見と同じ部隊に居た方が遺品を届けに来てくれていました。

「自分は小夜子さんが生き別れの妹なんかじゃないことを知っていましたし…

どうぞこれを…すべてあなたに宛てたものです」

たくさんの封筒と手紙を小夜子に手渡しました。

「暇さえあればどこででもどんな時でも書いていたものです。

それを書いている時の海堂はいつも幸せそうでした」

小夜子が見ると、それは何枚も何枚も書かれた自分のための楽曲でした。

俺の作った曲を君が歌うんだ

小夜子は楽譜を胸に抱き、大泣きします。

「浅見、浅見、浅見」

約束を、誓いを忘れてはいなかった

いつだって幼いころのあの約束を

果たすために

小夜子は楽譜を胸に歩き出しました。

風が気持ちよく通ります。

”どんな時も歌うのが好きだった”

歌え小夜子

”声がする”

小夜子の頭の中に浅見の声が響きます。

みんな待ってる

焼けた大地が広がる空が、海に続く河川が

聞こえてるだろう?

音はいつも

”頭にある”

小夜子は浅見の声を感じ、歌い始めます。

”悲しい時にも悔しい時にもうれしい時にも

明日を築く歌を”

小夜子の歌が焼けた大地に響きます。

そして、舞台の上で小夜子は歌います。

満員の観客に見守られ、堂々と歌っていました。

その頃、月子は車に乗り込んでいました。

「急いでください。

アンコールには間に合いたいの」

手に持っているキネマ雑誌には、天良の記事や海堂静代の一代記の記事が載っていました。

「アンコールです。

すぐに幕が開きます。

準備いいですかー?」

そんな中、明音が舞台袖にやってきます。

「ちかくでおうたききたい」

「おいで、明音。

開幕のトランペット、走り出すピアノの旋律、

はずむように流れるように軽やかに揺れるスウィング」

わくわくすると言う明音に、小夜子は伝えます。

「これは明日の歌、愛の歌。

この曲を作ったのはね、あなたのお父さん」

そこには嬉しそうに微笑む、小夜子によく似た明音の姿がありました。

昭和ファンファーレ最終話!約束と誓い!明日の歌を歌う小夜子!の感想

小夜子、歌えるようになりましたね。

やっぱり小夜子を動かすのは、天良でも月子でもなく浅見でしたね。

愛の言葉でもなく、遺言でもなく、ただただ明日を願う歌。

浅見と小夜子らしい絆にとても感動しました。

リカチ先生の新作は秋に掲載予定みたいですので、楽しみですね!

昭和ファンファーレ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、昭和ファンファーレ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
昭和ファンファーレ最新話を読む