新米姉妹のふたりごはん

新米姉妹のふたりごはん【41品目・バターチキンカレー】ネタバレ!暑い夏にはカレーが食べたくなる!

D9306069 8934 4B0D B395 B0A1A3717629 1280x720 - 新米姉妹のふたりごはん【41品目・バターチキンカレー】ネタバレ!暑い夏にはカレーが食べたくなる!

月刊コミック電撃大王9月号(7月27日発売)、新米姉妹のふたりごはん【第41話】のネタバレ・感想をまとめました。

前回のあらすじ

あやりの指がさかむけしてしまっていて、甘夏が染みていました。

その手当をしていると、あやりはサチの指が気になりました。

それは、ネイル。

あやりもサチにやってもらい、初めてのネイルを体験。

それから2人でマーマーレードを塗ったスコーンでおやつタイムを楽しんだのでした、

新米姉妹のふたりごはん最新話を無料で読む方法は?

ちなみに新米姉妹のふたりごは最新話を無料で読む方法はマガジンウォーカーでできます!

マガジンウォーカーはマンガ、アニメ、ゲーム、声優など80誌以上の人気雑誌が月額500円(税抜)で読み放題のサービスで、登録月は無料で利用できます!

ぜひこの機会にお試し加入してみてください!↓

新米姉妹のふたりごはん【41品目・バターチキンカレー】ネタバレ

いつにも増して落ち着かない様子のサチ。

そんな時、インターホンが鳴りました。

「おじゃましま…」

「絵梨! ちゃんと持ってきた!?」

部屋の奥から走ってきたサチと、それを追いかけてきたあやり。

そんな様子を見て絵梨は笑います。

「はいはい持ってきたよ、はい」

言いながら、カバンからお弁当箱のようなものを出しました。

「これが絵梨んちの…!?」

「ではうちのも用意します! おいしいのをがんばって作りますね!」

そう言って、キッチンに入って野菜を切り始めるあやり。

「ふふ、むふふ…今日はカレー大会だー!」

と、こういう事になったのは先日の話です。

「はえー(カレー)?」

学校での昼休み、友人が聞いてきたのです。

「うん、サッチんちのカレーってどんな感じなの?」

「んー、あやりが色々作ってくれるんだけど多いのはバターチキンカレーかな」

「バターチキンカレーってインドカレー屋で出るやつじゃん!」

と、そこで絵梨も言いました。

「カレーって家によってけっこう違いそうだよね。

うちで多いはキーマカレーだね」

「絵梨のキーマカレー!? サチ食べたことないよ!? 食べたい!」

キーマカレー、と聞いて身を乗り出すサチ。

目を輝かせながら絵梨に迫ります。

「食べたいなーっ、絵梨のキーマカレー!」

「…し、しょーがないなーっ! じゃあいっそみんなで食べ比べとかしてみちゃう?」

「やったー! するするー! 二人もどう?」

「あー…うちレトルトだし」

「我々はいいんで~、楽しんできなよ!」

「そっかー」

と、休日に絵梨を読んで食べ比べをしてみようという話になったのでした。

「ってかんじだったんだけど、大丈夫だった?」

作って持ってきたカレーをいったん冷蔵庫にしまいながら絵梨が言います。

「は、はい! 私も絵梨さんのカレー食べてみたいです!

で、では…お二人のリクエストにお応えしてバターチキンカレーを作りますね」

言いながら、下準備を済ませたあやりが用意をしていきます。

「まずお鍋にたっぷりのバターを溶かして、みじん切りにしたショウガ・ニンニク・玉ねぎを炒めます。

香りが出たら火を弱めて…」

そこであやりは、缶ジュースを開けながら言いました。

「トマトジュースを加えます!」

「トマトジュース!? カレーにトマトジュース入れてたの!?」

サチが驚きの声をあげました。

「トマトには昆布と同じグルタミン酸などのうま味成分が入っているので、トマト缶やトマトジュースを入れるとカレーにぐっとうま味が出ます」

絵梨もその様子を見つめます。

「カレー粉とトマトジュースをなじませたら水と塩を加えて…。

沸騰したらヨーグルトとカレー粉に浸けておいた鶏肉を入れてよく煮込みます。

仕上げに生クリームを入れて、よく混ぜれば…」

と、その瞬間。

カレーの色が少し明るくなりました。

「色が変わった!」

「いつものバターチキンカレーの色だーっ!」

そこで、サチは気付きます。

(普通のカレーより薄い黄色だなって思ってたけど)

「生クリームの色だったんだ…!? またひとつ世界の仕組みを知ってしまった…」

なんて言っていると、あやりは絵梨に説明を続けました。

「あとはひと煮立ちさせれば出来上がりです」

「へー、ホントにすぐできるじゃん。

じゃ、私のキーマカレーも温めなおして」

「それぞれ器によそって、少し残しておいた生クリームをバターチキンカレーに回しかければ…。

バターチキンカレーに」

「キーマカレー、タンドリーチキンにラッシー!」

「私たち、今日マハラジャなのでは~!?」

食卓の上には、豪華なカレーメニューが並びます。

「絵梨のキーマカレーとバターチキンカレー、ちょっとずつよそっちゃおー」

「あっいいなー」

そして、3人はそれぞれ席につき、

「いただきます!」

と、口にカレーを運びました。

「うん…っ、ま~~っっ!」

3人一斉に声を上げます。

「キーマカレー、スパイスが効いていてごはんが進みます。

半熟卵を乗せてもおいしそうですね」

「うん、うちのチビっ子たちはそうしてるよ。

バターチキンカレーまろやかでコクがあって食べやすい! うちでもやってみよ」

あやりと絵梨がそれぞれ褒め合います。

するとサチは。

「うちのカレーのレシピか~、う~~~~ん。

絵梨にならまぁいいかな!」

「何様だ!?

…カレーの食べ比べ、思ってたよりさらに面白いかも」

絵梨が呟くと、サチが満面の笑みで頷きました。

「うん! あやりのも絵梨のも、すっごくおいしい!!」

「篠田さんちのカレーも気になるね」

「そ、そうですね。

次は篠田さんを呼んでまたやりましょうか」

「また食べ比べできるの!? やったー!!」

新米姉妹のふたりごはん【第41話】感想

今回はカレー回でした!

あやりのバターチキンカレーもとっても美味しそうでしたが、絵梨のキーマカレーのレシピも気になるところです。

確かにカレーって家庭によって具材だったり隠し味に入れるものが違ったりしますよね。

バターチキンカレー、また作ってみたいです。

次回はどんなメニューでしょうか?

ちなみに新米姉妹のふたりごは最新話を無料で読む方法はマガジンウォーカーでできます!

マガジンウォーカーはマンガ、アニメ、ゲーム、声優など80誌以上の人気雑誌が月額500円(税抜)で読み放題のサービスで、登録月は無料で利用できます!

ぜひこの機会にお試し加入してみてください!↓