惰性67パーセント

惰性67パーセント【第58話】ネタバレ!彼女はなんでも触りたい

a53d75fcc5d8bf03e124c3f7fed5904b - 惰性67パーセント【第58話】ネタバレ!彼女はなんでも触りたい

2019年2月19日発売、ウルトラジャンプ3月号の惰性67パーセント【第58話】彼女はなんでも触りたいを読んだのでネタバレ・感想をまとめました。

惰性67パーセント【第58話】彼女はなんでも触りたい・ネタバレ

北原萌は学食でコロッケそばを食べています。その目の前でただただコロッケそばを眺めている女性がいたので気になって見ています

「そばつゆを吸って刻一刻とその食感を変えていくエンターテインメント性こそコロッケそばの醍醐味と言えよう それをただふやけるがまま眺めているとはどういう了見…」

コロッケそばにこだわりがある北原は目の前の女性に謎の疑問を持ち始めます。

すると女性はやっとコロッケそばを食べるのかと思いきやいきなり素手でコロッケそばをグシャグシャと鷲掴みにします

驚く北原はついその女性に声をかけてしまいます

「ちょま ちょおおーーー!?どういうことだお前~~~っ!!」

謎の女性はあっけらかんとした表情をします

「見た事ないものは1度は触ってマチエールを確認したいっていうか なんかもうただ触りたい」

北原はその女性を気に入ったのか謎の女性を部屋に招待することにします

部屋では吉澤みなみが絵を描いている。北原と女性が笑顔で挨拶をするが謎の女性の突然の襲来に吉澤は困惑します

そこで初めて謎の女性が自己紹介をして、絵画科1年の五木順子だと名乗った。北原もここで初めて彼女の学科と名前を知る事になります。

吉澤が何をしに来たのかたずねると五木は置いてあった男性器が型どられたシリコン製のモノを触り始めます

「お~~これが… 使い心地はどうっすか、気持ちいい?」

五木は吉澤にセクハラ質問をします

「うちにあるだけで使ってねぇよ!!」

そんな五木の意地悪な質問に顔を真っ赤にして反論をする吉澤

「おい北原よ何なんだこいつは?」

「学食でコロッケ握りつぶしてて面白いから連れて来た。」

たまらず北原に質問をするも、よくわからない回答が返ってきてさらに困惑する吉澤

自分が握っているものがお風呂のシーリング材とほぼ一緒だと気づくもあまり面白くはなかった五木に北原が触ったものの中で面白いものは何かと質問をします

すると吉澤が茶化してう〇こは流石にないだろ?と聞くと

「あ、う〇こはですね 意外と固いんすよ」

と、言い放ち北原と吉澤はドン引きするが五木は気づかずそのまま話そうとするが北原が静止します

その時ちょうど西田が帰宅すし、見た事のない五木に驚く。吉澤が西田になんでも握りたがる五木さんだと説明すると

「何でもって…脱皮したてのザリガニとか?」

「あれはね~ぐんにょりしてるっす」

斜め上の事を言ったのであろう西田の問はあっさりと五木の返しによって一蹴される
そして、その答えを聞いたときもしかして自分の股間も触られるのではと思ったのかそっと股間を隠すように手を置きます

それを見た吉澤と北原は何の心配をしているのかとチクワで西田の頬をペチペチと叩きながら尋問をします

その光景を見た五木は

「おち〇ち〇なら触ったことあるので別に~~弟のを中学の頃」

と衝撃発言をし、一同いやいやいや…と半信半疑

すると突然五木が「なんでもいいけどおっぱい触らせてください」と吉澤に聞きます

脈絡のない唐突なお願い事に吉澤はなぜか聞くと五木は説明するのをめんどくさがり
なぜか数秒間が空いたあと「じゃあ揉みますね」と謎展開に吉澤は「許可してねーよ!!」

すると観念したのか五木は「このサイズのデカパイはまだ揉んだ事無いんで」と
理由を白状しました

が、それでも揉ませてくれないので有り金を全部渡すからと取引を申し出ます
大体3000円くらいです

3000円かぁ、と悩んでいる吉澤になぜか金額を1000円減らしてくる五木

吉「いやいやおかしい!!そこは普通増やすところでしょ!!」

五「有り金なので上がりません 上げてダメなら下げてみる」

吉「そんなことわざ無いからね!?」

五木の天然に振り回される吉澤。ここでまた五木が値段を下げようとすると
吉澤は五木の手を止め、揉ませることにしました

それを見ていた西田は自分の財布を確認しようとしたが北原に怒られます

今いる部屋だと西田もいるので移動をする吉澤と五木。そのあとをジッと見つめる西田の背中には哀愁が漂います

吉澤は覚悟を決め五木に胸を揉ませるため両腕を上げる。すると五木はズボッと服の中に直接手を入れ揉み始めました

まさか直接胸を揉まれると思っていなかった吉澤は

吉「直はダメだろ直は!!」

五「そんなルールあったっすか?」

吉「無いけど許可もしてない!!」

五木の天然振りを見てか更に服の上からやさしくと乳首は触らないという条件が追加された
五木は後出しルールが多いと愚痴りながらも約束通りに服の上から優しく揉みます

すると優しく揉まれすぎて感じてしまった吉澤は五木に優しすぎるとアイアンクローを決めてしまいます

まだ揉み足りないのか事務的に触るからと五木は言うが強制終了

隣の部屋でやり取りを聞いていた西田は五木に

「教えてくれ!どんな感じだった?重さは?モース硬度は?700円までなら出す!!」

と、膝をつき本気の懇願をします

すると五木は考え、悩み

五「宮本くんのおっぱいと大体同じ」

吉「それって太った男の胸と比較してんの!?」

五「所詮人間の肉なんで大体同じっす でもこっちの方がでっかくて迫力があるっす」

西「宮本くんの連絡先わかる?」

吉「お前もすごいな…」

惰性67パーセント【第58話】彼女はなんでも触りたい・感想

ウルトラジャンプの巻頭&表紙になっている作品とは思えないくらいの
ちょっぴりエッチで濃厚な作品でした!

見ているこっちが「えぇ大丈夫なのか??」とハラハラドキドキしてしまう展開に
いつも以上に漫画を読む力がこもりました。

漫画も5巻まで出ているそうですので、これからの作品もとても楽しみです!

次回の惰性67パーセント【第59話】が掲載されるウルトラジャンプ4月号の発売日は3月19日になります。