月刊LaLa

学園ベビーシッターズ第108話ネタバレ!てるてる坊主にお願いごと!

626a18953581eb9bc55b34db27649522 800x720 - 学園ベビーシッターズ第108話ネタバレ!てるてる坊主にお願いごと!

月刊LaLa8月号(6月24日発売)の学園ベビーシッターズ108話を読みましたので、ネタバレと感想をまとめました。

前回までのあらすじ

鹿島竜一と虎太郎の兄弟は、突然の飛行機事故で両親を亡くしてしまいました。

二人で途方にくれる中、同じ飛行機事故で息子夫婦を亡くした森ノ宮学園の理事長に引き取られる事になりました。

理事長が鹿島兄弟を引き取る条件として提示したのは、学園内の保育ルームでベビーシッター部の部員になることでした。

理事長は、鹿島兄弟が成人するまで面倒をみるかわりに竜一は授業時間を除いた時間をベビーシッターとして働いてもらうと伝えます。

理事長と一緒に暮らしている犀川さんも、二人の事を十分にお世話をしてくれてだんだんと4人は家族の様になっていきます。

学園内で働く先生たちの子どもを預かっている保育ルームで働く兎田と一緒に竜一は毎日子ども達のお世話で大忙しです。

虎太郎も他の子供達と仲良くなり、毎日楽しく過ごしています。

同級生の狼谷隼も弟の鷹(たか)が保育ルームで預けられているため、次第に野球部と兼部して保育ルームを手伝うようになります。

熊塚奇凛(きりん)は演劇部顧問の熊塚先生の娘でおしゃべり上手な女の子です。

最年少の猿渡美鳥(みどり)は高等部の事務室勤務の猿渡先生の娘です。

体育教師の狸塚先生の息子で双子の兄弟、にこにこしている拓馬(たくま)と泣き虫の数馬(かずま)はいつも一緒に居ます。

子どもながらの奇想天外な行動に、癒やされたり振り回されたりしながら鹿島兄弟の毎日は過ぎていきます。

学園ベビーシッターズの最新巻を全部無料で読む方法は?

学園ベビーシッターズの最新巻全部無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、学園ベビーシッターズの最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
学園ベビーシッターズの最新巻を読む

学園ベビーシッターズ第108話ネタバレ!!てるてる坊主にお願いごと!!

雨が続く梅雨の季節

狼谷くん家の鷹くんは今日も元気いっぱいです

「オイ、鷹走るな」

雨の中、カッパ姿で走り回る鷹を隼が捕まえた瞬間、水たまりで鷹はジャンプしました。

バジャーン

隼の顔や制服に泥水がかかり、その次の瞬間、鷹の泣き声が周囲に響き渡りました…

一方こちらは雨の日だってマイペースな虎太郎くん

かたつむりをじいい…と見つめていました。

「虎太郎たぶんそろそろみんな来るし、保育ルームの中戻らないか?」

30分くらいそのかたつむりみてるぞと呟きながら竜一は虎太郎の手を引っ張ります。

すると、カタツムリの頭に雨粒があたり、殻の中に頭が引っ込んだのを見て、虎太郎は驚きます。

「にちゃ、かちゅむりかくえんぼ」

再び、じっとする虎太郎でしたがそこに泥だらけの狼谷兄弟がやってきました。

「んなところで何やってんだお前ら」

「おで、じぶであるぐぅぅ」

その姿を見た竜一はびっくりしてしまいます。

鷹にドロ水かけられただけだと平然という隼に対して、竜一は少しは気にしろとツッコみながらハンカチを渡します。

「あーなるほど。それで隼は着替えにロッカー行ってて

鷹は怒られてすねてんのか」

竜一にしがみついて泣く鷹を見ながら、兎田さんは虎太郎に折り紙で作ったカタツムリを渡します。

「ふふ、雨の日も子供達は楽しそうよねぇ」

狸塚先生のいつものふんわりヘアーが濡れていたため、竜一は拓馬君達にかけられたのか心配します。

否定する双子に、先生は水たまりでぱしゃぱしゃする二人を傘でガードしていたから結局濡れてしまったと説明します。

そこに、奇凜ちゃんが水たまりに入るのはお子様のすることだと言いますが、奇凜ちゃんのパンツにもドロがはねていると兎田さんに突っ込まれます。

隼が着替えから戻ってくるのが遅いので、兎田さんは鷹をからかいます。

「鷹~これはいよいよ本気で隼にきらわれちまったんじゃねえかあ~?」

泣き出す鷹に、竜一は隼が前野球より鷹が大事だと話していたと言い聞かせます。

その話が聞こえた隼が、竜一の頭を叩き適当な事を言うなと言いだします。

泣きべそをかいている鷹の頭を撫でて、隼は呟きます。

「アホか、アホがアホなことしたからって今更嫌うか、あほ」

隼が成長したことに皆感動し、怒っていたから遅くなったわけじゃないんだなと兎田さんから言われます。

球技大会のプリントを父親(蛇原先生)から教室に持って行けと言われたから遅くなったと説明します。

球技大会の話を聞いた瞬間皆が出たいと言い出し、竜一は止めますが兎田さんも理事長は虎太郎たちに甘いから大丈夫だろと言い出します。

「仕方ねぇ練習だな」

と乗り気な隼に竜一も驚きます。

しかし、雨が降っているため練習が出来ないと話していると虎太郎が『うるるんぱんだちゃんとてるてるぼうず』の絵本を取り出し、竜一に見せます。

「じゃあ皆テルテル坊主作って晴れになるようお願いしような」

竜一の言葉に皆、喜びテルテル坊主を作ることになりました。

”後は晴れの日を待つばかり”

雨の日が続きますが、皆の願いが通じたのかとうとう晴れました。

保育ルームの皆は、野球をやる気まんまんで準備をしてきました。

「よし最初に鷹、俺がボール投げてやるからとにかくバットにあててみろ。

あと鹿島、お前はまず走り込みと腕立て100回・スクワット100回やっとけ」

隼が竜一に向かって言うとガチじゃんと兎田さんがつっこみます。

たんたんと隼が指示した事を竜一はこなしていましたが、一方鷹はなかなかボールをバットに当てることが出来ません。

隼のアドバイスもあり、やっと鷹はボールを当て、守備練習のため虎太郎が取りに行きます。

すると、途中で動かなくなった虎太郎を心配し竜一が駆けつけると、虎太郎はカタツムリが居なくなったと訴えます。

カタツムリが雨が降っている方が好きだと説明すると虎太郎は落ち込んでしまいます。

すると竜一はテルテル坊主を1個だけ逆さまにし、雨のお願いにしてあげました。

ボールを取って嬉しそうに虎太郎は練習に戻りました。

結局のところ晴れでも雨でも楽しい毎日には変わらない

保育ルームのみんなです

ちなみに球技大会は雨で卓球に混ぜてもらうことになりました

学園ベビーシッターズ第108話ネタバレ!!てるてる坊主にお願いごと!!

今回は梅雨の一コマですね。

テルテル坊主に願い事、誰しも一度はやったことがありますよねー

虎太郎のカタツムリに会いたい気持ちが伝わったのか、球技大会は雨になっちゃいましたね。

次回はどんな可愛い話に出会えるでしょうか?

次回の学園ベビーシッターズ第109話は次号9月号(7月24日発売)に掲載予定です!

学園ベビーシッターズの最新巻全部無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、学園ベビーシッターズの最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
学園ベビーシッターズの最新巻を読む