週刊漫画TIMES

妻、小学生になる。【第36話】のネタバレ!新島家の対照的なクリスマス

2019年11月29日発売、週刊漫画TIMES11月29日号の妻、小学生になる。【第36話】のネタバレや感想をまとめました。

妻、小学生になる。最新話を無料で読む方法は?

妻、小学生になる。最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、妻、小学生になる。最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
妻、小学生になる。最新話を読む

【前回のあらすじ】

麻衣は好美と詩織と共にクリスマスパーティーを行いました。その最中クリスマスデートを断られた蓮司から初詣に行こうと誘われ、幸せをかみしめる麻衣。

一方、父親となるかもしれない広樹を遊園地で待っていた貴恵と母・千嘉でしたが、結局広樹は現れませんでした。

しかしその後、立ち寄ったデパートで千嘉は偶然にも広樹と遭遇。その上、広樹には妻子がいたことが判明し、千嘉は激怒するのでした。

妻、小学生になる。【第36話】のネタバレ

デパートのベンチで一人大人しく待つ貴恵。

そこへ千嘉が戻り「いくよ・・・」と一言告げます。

貴恵は「・・・うん」と返事をしながらも、千嘉のただならぬ様子を見て何かを感じ取りました。

そしてデパートの中を歩き始めたとき、妻子を連れて歩く広樹の姿を発見する貴恵。

そこですべてを察した貴恵は、眉をひそめながら千嘉と共にその場を後にするのでした。

 

一方部屋で一人テレビを見ている圭介。

そんな中、インターホンが鳴り「まさか貴恵が・・・!」とサンタの恰好をして登場する貴恵を想像して期待します。

しかし玄関の扉を開けると、そこには酔いつぶれた麻衣を抱える好美と詩織の姿がありました。

麻衣からは女友達と女子会だと聞いてはいたものの、好美と詩織のことだとは知らなかったため驚く圭介。

 

その後、麻衣を布団で寝かせ玄関先で話す圭介たち。

麻衣は自分のペースが分かっていなかったようで、序盤で酔っぱらってしまったようです。

そのため詩織は飲み物が余っているから、このまま一緒に飲みませんか?と言って、ワインのボトルを取り出します。

好美は麻衣ちゃんが寝ちゃってるのに悪いと遠慮しますが、せっかくのパーティーで娘がご迷惑をかけたんだから上がってという圭介。

詩織は「じゃあお言葉に甘えて」と微笑み、小声でよかったわね!と好美に言います。

好美は顔を赤らめながら「う・・・うん・・・」と返しました。

こうして圭介と好美と詩織のクリスマスパーティーがスタートしたのでした。

 

一方自宅に戻った千嘉は「ふざけんな!!」と叫び、部屋で暴れていました。

何普通に父親やってんだよ!!

指輪してなかったじゃねえかよ!!

絶対に許さない!絶対にぶち壊してやる!

死ね!死ね!死ねー!!

叫び疲れた後、千嘉は「なんてな・・・本当は分かってんだよ・・・」とポツリとつぶやきました。

「私が消えるのが一番いんだろう・・・?」

 

その頃、貴恵は部屋で一人マフラーを握りしめて立ち尽くし、涙を流していました。

何かいってあげたい・・・

何かしてあげたい・・・

白石万理華としてじゃなく・・・

新島貴恵として・・・

 

とはいっても今の状態で言葉をかけても、千嘉にとっては癪に触るだけだと考える貴恵。

自分にできることはなんだろうと学校で一日中考えていました。

 

そして家に帰った貴恵はキッチンに立って料理を始めます。

もらっていた少ない小遣いで材料をそろえました。

作っても食べてもらえないかもしれないし、それどころか勝手なことをして怒られるかもしれません。

しかしそれでも新島貴恵としては、何もしないなんてことはできなかったのです。

千嘉はクリスマスに貴恵を連れて遊園地に連れて行ってくれました。

ちゃんと3人でこれから家族として生きていこうとしていたのです。

(今まで私のことは放置して、まともに子育てなんてしてなかったことは悪いけど・・・)

その時「ごめんね」と言って涙を流していた千嘉のことが浮かび、悲しい表情になる貴恵。

 

その後、料理を作った貴恵は不安そうな表情で千嘉の部屋の前に立ちます。

そして胸に手を当て、大丈夫何があっても私には新島家がいる・・・と圭介と麻衣の顔を思い浮かべる貴恵。

 

一方千嘉は暗い部屋で、絶対に許さねえ・・・めちゃくちゃにしてやる・・・と考えながら、スマホをいじっていました。

既婚者だった彼氏から慰謝料を請求する方法を調べているようです。

その時、部屋のドアをノックする音と「ママ・・・ごはんつくった・・・」という貴恵の声が聞こえてきました。

千嘉は眉をひそめながら無表情で扉を開け、リビングへ向かいます。

机の上のオムライスを見て、これ万理華が作ったの?と聞く千嘉。

貴恵は「うん・・・」と返事をして、心配そうに千嘉の顔色を窺います。

すると「何あんた・・・私を慰めようとか思ったわけ?」という千嘉。

「逆にみじめになるわ・・・子供の分際で・・・余計なことして・・・出てって!」

そう叫ぶ千嘉を貴恵は悲しい表情で見つめるのでした。

妻、小学生になる。【第36話】の感想

同じ女性としての立場で救いたいと考えた貴恵でしたが、千嘉には届きませんでしたね。

千嘉の気持ちもわかりますが、やはり貴恵が可哀そうで、とてもいたたまれない気持ちになりました。

今後どんな展開になるのか気になりますね。

次回の妻、小学生になる。【第37話】が掲載される週刊漫画TIMESは12月20日に発売されます。

妻、小学生になる。最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、妻、小学生になる。最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
妻、小学生になる。最新話を読む