週刊少年サンデー

天野めぐみはスキだらけ!【第162話】のネタバレ!キャプテンは忙しいのです

asuki 06 - 天野めぐみはスキだらけ!【第162話】のネタバレ!キャプテンは忙しいのです

2019年3月13日発売、週刊少年サンデー15号の天野めぐみはスキだらけ!【第162話】を読んだので前回のあらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

部活の筋トレメニューでバランスボールに挑戦した女子剣道部の部員たち。

顧問に呼ばれためぐみは部員たちの前でバランスボールに挑戦しますが、胸が重いため、バランスを取るのも一苦労のようです。

体幹に自信のある部員もいれば、きつくて息があがる部員の姿も・・・。

ダイエットにも良さそう。という言葉が、ややぽちゃ体系のめぐみの琴線に触れました。

めぐみの家に学が訪問すると、めぐみはバランスボールの上に座って勉強をしています。

部活で使ってからハマって、家用に購入したというめぐみは、常にバランスを使っていました。

バランスボールを使うのと勉強の効率も上がると聞いたことのある学は、めぐみの学力向上を期待しますが、バランスボールを使いながらスキだらけのめぐみに気が散って勉強ができません。

あまりバランスボールを使うなと言い出した学に、めぐみは実際に使ってみたら良い、とやり方を教えます。

バランスボールに背中を乗せた所、バランスを崩し、めぐみの両足の間に滑り込んでしまった学は、がっつりめぐみに怒られたのでした。

天野めぐみはスキだらけ!【第162話】のネタバレ!

剣道部の顧問から生徒会に提出する書類と、練習メニューを考えるように頼まれためぐみは、ずっしりとその書類の重みを感じます。

日曜日の他校との練習試合では、主将でありながらあっさりと負けてしまい、顧問から剣がふらついていると注意をされてしまいます。

「ハイッ!!!」

力強く返事をしながらも、めぐみの表情はどこか疲れていました。

「さんざんだったっスね・・・」

女子剣道部の部室にて。

「そーだね・・・ゴメン、ウチのせいで・・・」

疲れが目に見える様子のめぐみに、同情する部員もいますが、副キャプテンの鮫島は稽古の内容がぬるく、メニューを変えるべきだと主張します。

「厳しくすりゃいいってモンじゃないっス。」

「試合の質を決めるのは日々の鍛錬だ。」

にらみ合う部員たちに、めぐみは自分ももう少し考えてみると答えます。

めぐみが持っている書類を見て、友人の楓が心配して尋ねます。

「天野っち・・・その色々と、仕事大丈夫か?」

「あ・・・うん!ウチは大丈夫だよ!!」

めぐみはそう答えますが、その姿はとても忙しそうでした。

その夜、学の家の定食屋にやってきためぐみは疲れ切った表情をしていました。

胸も重くて机にのせています。

「最近・・・・めっちゃ忙しくてさ・・・・」

(天野に食欲が無い!?)

食欲旺盛なめぐみが箸を持たないことに、学は驚いていました。

その後、学に愚痴を話し出すめぐみ。

練習メニューを考える事、生徒会や学校への書類を作る事、雑務が積みあがったうえ、勉強までやらなくてはいけません。

涙しためぐみを学が同情します。

引退した先輩は、なんでもこなしていてスゴかった事を思い出すめぐみ。

「うまくいかないな―――・・・先輩みたいに・・・」

めぐみの呟きに、学は言います。

「別に、変に比較して悲観することはないだろ。先輩は先輩で・・・天野は天野なわけだし」

とりあえず、やれることからやってみろ。と学に言われると、めぐみも少し元気が出てきます。

家に帰ってシャワーを浴びためぐみは、「よーし・・・やれることから!!」と気合をいれました。

早速、参考になる剣道の本を用意すると、メニューを組み、書類仕事に取り掛かります。

翌日からの、新メニューの説明にも力が入ります。

後輩たちが先に帰っていく中、黒板にメニューを書いていくめぐみ。

そこに鮫島が入ってきました。

「今日の稽古は良かった。」

そういうと、チョークをもった鮫島が、メニューの提案を始めます。

「いいね、それ!!」

次々にメニューを書き出す鮫島にお礼を言おうとすると、真美が腰に抱き着いてきます。

「私にも手伝うことない!?書類とかさ、手伝うよ!!!」

目を輝かせて真美が尋ねます。

背の低い真美に抱き着かれて、制服が持ち上げられるとめぐみが悲鳴を上げます。

そこに楓が加わりました。

「俺も仕事手伝うぜ!!」

今度はめぐみが嬉しくて抱き返すと、スカートから楓の猫(?)さんパンツが丸見えになります。

皆でくっ付いている様子を見て、後輩たちは先輩たちの仲の良さに安心して笑顔を浮かべます。

後輩のりんごも手伝いに名乗りを上げます。

皆で仕事を始めました。

皆の協力で、無事に締め切りに間に合っためぐみは、嬉しさで涙ぐみます。

「ウチは幸せなキャプテンだよ・・・」

いつものように、学の帰りを偶然のように装って待つめぐみ。

「奇遇だね!一緒に帰ろ!!」

昨日とは違い、輝くような笑顔に、学は心配事が解決したことを察しました。

めぐみにミルクティーを渡します。

(少し心配してはいたが・・・大丈夫みたいだな・・・)

天野めぐみはスキだらけ!【第162話】の感想

今回は、パンツはたくさん出てきますがエロは若干少なめです。

運動部のキャプテンは忙しそうですね!

部活に学業に恋愛に・・・・若い頃だからこそやらなければいけないことも沢山。

最初は苦手なことまで全部自分一人でやろうとするめぐみでしたが、みんなの協力を受け入れることでキャプテンとして少し成長したように思います。

そんなめぐみを、聞き役と美味しい料理で陰ながら支える学。

普段はヘタレな学ですが、幼馴染を優しく見守る姿はとても素敵に見えました。

今回も、学と一緒に帰ろうと待っているめぐみが健気でかわいかったです。