週刊少年サンデー

天野めぐみはスキだらけ!【第156話】さぶっ のネタバレ!

asuki 03 810x720 - 天野めぐみはスキだらけ!【第156話】さぶっ のネタバレ!

2019年1月30日発売、週刊少年サンデー9号の天野めぐみはスキだらけ!【第156話】さぶっ を読んだので前回のあらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】
いとこの宙と一緒に海の家でアルバイトをすることになっためぐみと学。

その容姿から客にモテモテの宙とめぐみを見て、学は自分との差を感じます。

さらに、いつもと違い自分を避けるめぐみにショックを受けます。

めぐみは汗をかいた状態で学に近づくのが恥ずかしくて、距離をとっていたのです。

そんなぎこちない二人の様子に気が付いた宙の気づかいで、一緒に海で遊ぶ時間ができた二人。

イケメンで頭の良い宙を凄いと褒める学に対し、めぐみは学の良いところを沢山伝えます。

元気になった二人は、海での楽しい思い出を作ったのでした。

天野めぐみはスキだらけ!【第156話】さぶっ のネタバレ!

夏休みも終わりが近づいてきたある夜。

めぐみはベッドの上でくつろぎながら友人と電話で話していました。

「天野さん、夏休みはどう?進藤君と二人で・・・どこか出かけたりできた!?」

ワクワク顔の友人に聞かれますが、めぐみは学と二人ではどこにも出かけていないことに気が付きます。

夏が終わってしまうよ!と言われ、めぐみもマズいと焦り始めます。

「なんか夏っぽいことしたくない!?」

さっそく翌日、進藤軒で学の作ったご飯を食べながら、めぐみは明日の予定をたずねました。

「明日はちょっと・・・夏といえばコレ!・・・っていう予定が入ってるんだよな。」

キラーンと顔を輝かせた学はめぐみも一緒にくるかと誘います。

喜ぶめぐみでしたが、翌日に学が連れてきたのは図書館でした。

冷房の効いた図書館で勉強するのが夏のイベントと言う学に脱力するめぐみ。

朝から閉館の5時まで勉強する気でいる学に、げっそりとした表情を浮かべます。

さっそく数学の勉強の準備を始める学ですが、めぐみが随分おしゃれをしていることに気が付きました。

(図書館で勉強するだけなのに、変な奴だな・・・)

夏の一日を勉強して過ごすことに不満なめぐみは文句を言い続けます。

そんな彼女を励ますように学が言います。

「今日は一日見ててやるから。」

「!・・・じゃガンバる。」

その言葉に頬を染めためぐみも勉強を始めます。

涼しい図書館ですが、電車でここまで来るのに出た汗がなかなかひかないめぐみ。

学がいるのにお構いなしにシートで谷間を拭きはじめました。

「!!!」

全身を拭いためぐみは、落ちたシートを拾おうと、無防備な姿を学に見せます。

(人の目を考えてくれ天野!!!)

真っ赤になりながら目をそらした学ですが、スキだらけのめぐみに集中できず、思わず席を移動してしまいます。

本番を想定した60分過去問を解くから話しかけるな。と言われ、退屈なめぐみはさっそくアイスを食べて時間をつぶします。

「見てくれるって言ってたのに・・・・・・」

冷房の効いた図書館の中に戻ると、肩だしワンピースのめぐみは寒さに震えます。

そんなめぐみの様子に勉強中だった学が気が付きました。

「はい。」

自分の上着を差し出す学。

「えっ・・・いいの?」

「冷房の効いてる場所での必需品だ」

学のやさしさに笑顔になるめぐみでしたが、半そで姿の学はこっそりと震えていました。

日が暮れてきます。

勉強に集中していためぐみも疲れてきたようで顔を上げます。

自習室の壁には人々の影がうつっていました。

自分と学の影が隣同士であることに気が付いためぐみはこっそり悪戯を始めます。

キツネを作って学の頭をつついてみたり、角を生やしてみたり・・・。

ひとりで楽しんでいためぐみですが、そこでふと気が付いて、そっと体を斜めに傾けていきます。

寄り添いあう自分たちの影を見て真っ赤になっためぐみは、体がほてって学に上着を返すのでした。

日が暮れて、空には星が見え始めています。

図書館からの帰り、腕を伸ばしながらめぐみが満足そうに言いました。

「こんなに勉強やったの初めてかも!」

「よー頑張った。」

学も笑顔で答えます。

駅までの帰り道で、お祭りが行われているのに気が付きました。

縁日のにぎやかな様子にめぐみは寄り道しようと誘います。

「そーだな、今日は勉強頑張ったしな。」

「やったーー!!」

焼きそばに輪投げ、綿あめと、屋台で存分に楽しんだ二人。

めぐみも笑顔です。

「・・・確かに今日は頑張ってたよ。天野は・・・」

電車の中で視線を斜め上にしながら、学はつぶやきました。

隣には学にもたれかかり眠ってしまっためぐみがいました。

真っ赤になった学は開いた本を見ることもできず目線をそらしたままです。

起こすべきか、寝かしておくべきか、駅に着くまで悩み続ける学でした。

天野めぐみはスキだらけ!【第156話】さぶっ の感想

せっかくおしゃれに気が付いても感想は、変な奴。

スキだらけのめぐみよりも勉強を取る、など今回もヘタレな所を沢山見せてくれた学でした。

対してめぐみはデートだと思って気合を入れたんだろうな、と思う可愛いワンピースでしたね。

つまらない勉強も学と一緒にいられるならと我慢して、こっそり陰で寄り添ってしまうところなど、とってもピュアで可愛かったです。

勉強に集中しているようでめぐみの事をしっかり見て、上着を貸してくれる学。

そんな優しいところにめぐみも惚れているのでしょうね。

最期には夏祭りの思い出もできて良かったですね。

今回は登場しなかった宙が、何度も自分の脳内で「青春だー!!」と叫んでいました。