月刊LaLa

夏目友人帳第100話ネタバレ!ニャンコ先生が行方不明!?

D7RIxN3VsAAantU 1200x720 - 夏目友人帳第100話ネタバレ!ニャンコ先生が行方不明!?

月刊LaLa7月号(5月24日発売)の夏目友人帳第100話を読みましたので、ネタバレ・感想をまとめました!!

前回までのあらすじ

小さい頃から時々、変なものを見た

他の人には見えないらしいそれらは、おそらく

妖怪と言われるものの類

小さい頃から妖(あやかし)が見えていた為、両親が死んだ後親戚をたらい回しにされていた夏目貴志は、ある日神社の中にある結界を破ってしまい、まねき猫の姿の妖怪と出会います。

そのまねき猫の妖怪「斑(まだら)」から”夏目レイコ”という、夏目の祖母の名前と間違えられます。

そして、斑から結界を破ってくれたお礼に用心棒でもしてやるから、先生と呼べと言われ、その見かけからニャンコ先生と呼ぶようになります。

ニャンコ先生から祖母の遺品の友人帳の存在を聞かされます。

その「友人帳」は夏目レイコと妖の間で交わされた契約書の様なもので、その友人帳を持つものに名前を書かれた者が呼ばれれば、逆らうことは出来ないと言われていると斑は語ります。

妖怪たちは多くの妖怪を統べる事の出来る友人帳を手に入れるために、夏目を探していると語ります。

妖怪に追いかけられながら、夏目は友人帳にある名前を返してあげたいと言い出し、ニャンコ先生から方法を教えてもらいました。

友人帳にある名前を妖に返すためには、その妖怪をイメージして友人帳を開いて念じると自動的に名前の紙を割り出してくれます。

そして、紙を咥え手を強く打ち合わせ、集中し息を吐くと名前が紙から出てきて妖の所へ戻ります。

紙を咥えた瞬間、レイコとその妖が契約を結んだ時の事が頭に浮かび祖母の孤独を夏目は感じることになります。

名前をできるだけ返したいと言う夏目は、ニャンコ先生に途中で命を落としたら友人帳を譲ると約束します。

いつ、命を落とすか分からないからとニャンコ先生はいつも夏目の側を離れようとはしません。

現在、遠縁の藤原滋・塔子夫妻に引き取られ、夏目は穏やかに日常を過ごしていました。

友人帳にある名前を返していく中で、妖とも学校の友達とも仲を深めていくことになり夏目もだんだんと成長していきます。

自分の不注意からかけられた妖の祟りに悩んでいた多軌透、八ツ原の坊主の息子の田沼要、そして夏目のクラスメイトの北本篤史に西村悟と仲を深めていきます。

多軌と田沼は夏目が妖が見えることを知っていて心強い存在でもあります。

紙人形を使って妖を祓う名取周一や、的場一門の当主の的場静司など妖祓い側の人達とも話すようになり、妖に対して複雑な気持ちを夏目は抱くようになります。

特に、的場は手段を選ばずに妖を祓うことが多く、夏目は的場のやり方に納得することができません。

妖たちも「犬の会」と称し、夏目のためなら馳せ参じ、夏目の妖に対するおせっかいに付き合ってくれます。

夏目友人帳の最新巻を全部無料で読む方法は?

夏目友人帳の最新巻全部無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、夏目友人帳の最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
夏目友人帳の最新巻を読む

夏目友人帳第100話ネタバレ!ニャンコ先生が行方不明!?

名取さんが札を使って妖を祓っていきます。

「いやあ、お見事お見事。

さすがだねぇ、名取君にお願いしたかいがありました。」

物が多くてすまないと謝る末崎さんに、名取はおもしろいものが沢山ありそうだ、と伝えます。

「聞くところによると最近は依島家に出入りをされているようだが…

あんな怪しい隠居を頼るなんておよしなさい。

君ほどの実力、よければうちが後ろ盾になってもいい。」

ありがたい申し出ですが…と断ろうとした名取はあるものがあることに気付きました。

末崎家を後にしながら、名取の式の笹子・瓜姫は末崎家といえば多方面に顔がきく名家で破格の申し出だったのでは…と名取に伝えます。

「お前たち見たか?」

質問には答えず、名取は続けます。

「あの部屋にあったあれ…私はあれを以前どこかで見たことがある…

あれは…」

その頃、夏目とニャンコ先生は塔子さんが欲しがっていた有名店のクッキーを買いに出かけていました。

「感謝しろよ、夏目。

塔子を喜ばせる情報を提供してやったのだから」

そう言うニャンコ先生に、自分が食べたかっただけではないのかと夏目はツッコみます。

すると、急にニャンコ先生は先に帰っていろと走り出します。

「私の分のクッキー残しておけよ」

草むらに入って、進んでいくニャンコ先生が途中木の幹にぶつかります。

「ぷっ

大丈夫か先生、ドジだなぁ。

じゃあ先に帰るからな…」

家に帰って塔子さんにクッキーを渡すと、とても喜んでくれました。

ニャンコ先生から勧められたとは言えませんでしたが、塔子さんや滋さんと一緒に美味しいと食べてしまった後、ニャンコ先生が帰っていないことが気にかかります。

次の日の朝も帰ってきていなかったため、学校でも夏目は考え事をしており、昨日ニャンコ先生と別れた草むらで何か感じたことが気になります。

すると、田沼がおもしろいものを拾ったと夏目に見せてくれました。

「おもしろいってのは言いすぎかもしれないけど、何かににてると想わないか?」

茶碗のカケラのようなものを見せながら、草むらで小鳥たちが陶器のカケラをつついていたと話してくれます。

「この灰色似てないか?

少しだけどこのオレンジも

なんとなくニャンコ先生の模様にさ」

夏目は、昨日草むらでニャンコ先生が木の幹でぶつかった事を思い出していました。

”先生の依代である招き猫は陶器…まさか…そんなことは…”

どこで拾ったのか尋ねる夏目に、台風で折れた古木の辺りでと答えた田沼に夏目は真っ青になって言います。

「ありえないって思っているけどこれ…

ニャンコ先生のカケラだったらどうしよう…」

「え!?」

放課後、二人は折れた古木の所へやってきました。

「…いや待てよ夏目。

先生は今まで数々の衝撃を受けてきた」

田沼が冷静に、ニャンコ先生は今回はぶつかっただけなんだろ?と

夏目を諭します。

「でもこのカケラは変な感じなんだけど…先生と同じ感じがするんだ

このカケラから」

先生と同じ気配がすると感じ、夏目はゾッとします。

田沼から先生に何かあったなら自分たちがしっかりしないといけないと言われ、夏目も冷静に考えます。

「…おかげで少し落ち着いたよ。

このカケラに触れたら妙に動揺してしまって…

だけど…仮にこれが先生のものだとして

なぜ先生は帰ってこないんだろう?」

ケガをして動けなくなっているのか、欠けた姿ではバツが悪くて帰ってこないのか…と夏目は考えます。

すると、田沼はカケラをおもしろいと言ったもう一つの理由を話してくれました。

白霞焼といわれる血管模様が浮き出てくる、ある焼き物の里で焼かれたもので今は幻の品と言われるほど出回ってないものらしく、拾ったカケラに血管模様が見えると田沼は語ります。

「白霞焼の里で焼かれたものかもしれないな」

夏目と田沼は相談して、明日の朝まで先生の帰りを待ってみることにしました。

塔子さんも、ニャンコ先生が帰らないことを心配しており、夏目も眠りにつく前に、先生はきっとふらりと帰ってくると考えていました。

「いつものことだ、先生」

夏目は夢を見ていました。

背中が欠けているニャンコ先生が、灯の方へ進んでいきます。

あれは窯…?

夏目が目を覚ましても、ニャンコ先生は帰ってきていませんでした。

”あの夢はカケラが見せたものだろうか”

次の日の朝、夏目は田沼に電話を掛けます。

「あ、田沼。

昨日話してくれた白霞焼の窯元がどこにあるか知らないか?

ここから行ける距離なのかな」

ニャンコ先生の手がかりを探しに白霞焼の里と呼ばれている灯邑地区へ夏目は一人ででかけていきました。

”先生は白霞焼の里にいるだろうか

それとも俺の考えすぎで入れ違いにいつものようにひょっこり帰って

クッキーを食べていてくれているだろうかーーー”

駅からは山の方へバスへ入り、降車後もかなり歩いて一本橋を渡った所に白霞焼の里灯邑の集落はありました。

「ここ…人は住んでいるのか?」

田沼の言葉を思い出します。

『白霞焼の窯元は灯邑に一軒しか残ってないそうなんだ。』

『職人さんもそこにたったひとりだけらしくてーーー』

まるで、廃村だと呟きながら夏目は進んでいきますが、どこからか視線を感じ振り向きますが誰もいません。

木の陰に、猫の姿のようなものを見つけた夏目は慌てて追いかけようとします。

「先生!?

ニャンコ先生なのか!?

待ってくれ先…」

「うるさいぞ」

夏目のカバンの中からいつものように先生が出てきました。

「何をさわいでおる」

何でカバンの中に入っているんだ、どこに行っていたんだと責める夏目に、戻らんことなどよくあるだろうがとニャンコ先生は言い返します。

「それで今朝戻ってみたら何やらお前が旅支度していたから

こうしてついてきたのだ」

欠けたりしていないのかと心配する夏目に、いつも通りのパーフェクトボディだと答えます。

「よかったぁ…そうか…このカケラ先生じゃなかったのか」

「そもそもお前なぜこんな寂れた場所に?

カケラ、とは何の話だ?」

そう尋ねるニャンコ先生にカケラを見せた時、ガララと扉を開く音が聞こえてきました。

音がする方へ向かうと、そこには窯元があり、男性が居ました。

「ほぉ、こんなひなびた家にお客とは。

何用ですか?」

この人が幻の白霞焼の…と考えながらニャンコ先生はもう見つかったので尋ねることは特にないと夏目は考えていました。

すると、夏目が握りしめていたカケラを見つけた男性は夏目に語りかけます。

「おもしろいものをお持ちだね。

それはここで焼かれたものだ。

それにその猫は君の?」

その瞬間、別の男性が入ってきました。

「おい、あんたそこで何している

帰ってくれと言っただろう」

悪びれもなく、こんな辺ぴな所まで足を運んだので品物を拝見していたと答えます。

本当の職人さんが来たことが分かり、こっちの人は何者なのか夏目が考えていると

「ここにはただの陶器しかない

コレクターのあんたが欲しがるようなものは無い」

と職人さんが言っているのを聞いて、正体が判明します。

コレクターの男性が、夏目のカケラも欲しいなと言った瞬間、手に持った容器から煙が出てきました。

「失礼します!」

慌てて逃げ出す夏目に、驚いた職人さんでしたが煙を吸って気を失ってしまいます。

「勘のいい子だ」

逃げる最中に、薄気味の悪い男だったが妖ではなかったとニャンコ先生は言い、人形のような気配だったと夏目に伝えます。

すると、夏目は急に気を失ってしまいます。

「夏目!?」

コレクターの男性が、ギターケースのようなものから薄い木の人形を取り出します。

「さぁお前達。

行ってこい」

「それで何者なんだ?あの男は」

ニャンコ先生の声が夏目に聞こえてきます。

『関わりを持つべきではない奴さ』

『ふん!何にしろもう待つのは飽きたぞ

あんな術私が軽く突破してやる』

”あれ?この声は…”

遠い意識の中で、夏目の頭の中に声が響いてきます。

『よせ、妖の身では分が悪い』

『さいわい切り抜けた笹後の知らせが届いたはず』

『じきに名取が助け出しに来る

それまではここでおとなしくーーー』

名取の名前を聞いた途端、夏目は目を覚ましました。

目の前には、名取の式の柊がいました。

「逃げた機転のおかげであまり煙を吸わずにすんだようだな」

なにがどうなっているのか分からない夏目に、柊は一時間くらい里外れの岩穴でなんとかしのいるが、囲まれて動けないと話します。

「…あれが始まってしまった」

「あれって…?」

尋ねる夏目に、柊は穴の影から空を見るように言います。

いくつも人が飛んでいるように見え、その中の1人に見つかってしまいます。

「気付かれた、来るぞ!」

そう構える柊に、ニャンコ先生が応戦しようとします。

「ふん、あのくらいこの私が…

む!?体がうまく動かん…」

動けないニャンコ先生に向かって人形が飛んできます。

「うわぁぁぁぁぁ」

「危な…」

ニャンコ先生をかばって抱きとめた瞬間、目の前の人形は札の効力で消し飛ばされました。

「名取さ…」

名取と思って顔を上げた夏目は驚きます。

「ーやぁ、危なかったですね夏目くん」

そこには的場さんが立っていました…

夏目友人帳第100話ニャンコ先生が行方不明!?の感想

夏目友人帳100話、おめでとうございます!!

さて、今回も名取さんや的場さんなど祓い屋側の話の雰囲気ですね。

ニャンコ先生が割れたかもしれないと慌てる夏目は、とてもかわいく人間味にあふれていました。

夏目はこれから、的場さんとどう対峙していくのか気になりますね…

次回の夏目友人帳101話は9月号(7月24日発売)に掲載予定です!!

夏目友人帳の最新巻全部無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、夏目友人帳の最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
夏目友人帳の最新巻を読む