週刊少年サンデー

名探偵コナン警察学校編Wild Police Story【第2話】傍若無人のネタバレ!鬼塚教官の危機に5人は!?

2019年10月9日発売、週刊少年サンデー45号の名探偵コナン 警察学校編Wild Police Story【第2話】傍若無人のネタバレや感想をまとめました。

名探偵コナン最新話を無料で読む方法は?

名探偵コナン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、名探偵コナン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
名探偵コナン最新話を読む

【前回のあらすじ】

曲者揃いの鬼塚教場の中でも、ひと際目立っているのが松田でした。優秀な降谷に喧嘩を挑み、授業態度も不真面目ですが、教官に職務倫理を問われると完璧に解答して見せます。

それでも「警察なんてクソ食らえ」だという松田。降谷はそんな彼の真意に興味を持つのでした。

名探偵コナン 警察学校編Wild Police Story【第2話】傍若無人のネタバレ

警察学校の資料室のパソコンに向かう降谷。

松田の「警察なんてクソ食らえ」という言葉が気になった降谷は、ある事件を調べていました。

降谷が見つけたのは、プロボクサーの松田丈太郎が殺人容疑で逮捕されたという新聞記事。

いつの間にか現れた諸伏は、その事件について当時は大騒ぎだったらしいと言います。

諸伏もその事件について気になったため松田と仲がいい萩原に聞いたようですが、松田の父親は誤認逮捕だったのだとか。

その言葉に驚く降谷。

諸伏はその事件の詳細を語り始めました。

 

プロボクサーだった松田の父親はジムの帰り道に小競り合いをする男2人を目撃しましたが、タイトル戦を控えていたため関わることを避け、その場を離れました。

しかし翌日、男2人のうちの一人がそこで死体となって発見されてしまいます。

警察は犯行時刻に現場周辺で松田の父親を見たという証言と、被害者は元プロボクサーで彼と因縁があり、殴殺だったことを踏まえて松田の父親を逮捕。

後に真犯人が捕まり容疑は晴れましたが、予定されていたタイトル戦は流れてしまい、それからは何をやってもうまくいかなくなりました。

そしてボクシングを辞めた松田の父親は、人が変わったように酒におぼれてしまったのだとか。

 

それで松田が警察を恨んでいる理由に納得する降谷ですが、なぜそんな彼が警察官になりたがっているのかと疑問を持ちます。

萩原もそこが謎だと首をかしげていたという諸伏。

ここで降谷は初めての拳銃訓練に遅れないよう、早めに移動すると席を立ちます。

諸伏は調べたい事があるから先に行っててくれと降谷にいって、その場に残りました。

そして諸伏は長野一家死傷事件について調べ始め、パソコンの画面を怒りに満ちた表情で見つめます。

その様子を物陰から見つめる降谷。

 

その後、初めての拳銃訓練がスタートしました。

日本の警察が正式採用している「SAKURA」は、5連発リボルバー。

射撃検定は5発発砲を4セット実施して、上位2セットの合計を得点とするというもの。70点未満は落第です。

そんな中、降谷はほぼど真ん中に5発当て、教官の鬼塚はいいセンスをしていると褒めますが、上には上がいると言います。

先輩の中には最初の試射で20発全弾ど真ん中に的中させ、満点を獲得した天才がいるのだとか。

その天才は今捜査一課でバリバリの刑事なんでしょうね、という伊達。

しかし鬼塚はそれを否定し、今は刑事を辞めて米花町に探偵事務所を構えていると言います。

そんな中、松田は銃弾が的に当たらず苦戦している様子。

鬼塚はそんな松田ににやつきながら、喧嘩っ早いガキには拳銃は難しいか?と聞きます。

するとリボルバーは落下の衝撃に弱いため、この拳銃は誰かが落としたんじゃないかという松田。

もしかしたら、シリンダーストップが破損してるかもしれないという松田に、鬼塚はいい加減なこと抜かすな!!さっさと撃て!と怒ります。

しかし松田は突然拳銃をバラバラに分解し始め、やっぱりシリンダーストップがいっちゃってたわ、言います。

そんな松田に、すぐ元に戻せと怒鳴る鬼塚。

その様子を見て、またやっちゃったか・・・とつぶやく萩原。

松田は分解魔で、子供の頃から何でもかんでも分解しないと気が済まないのだとか。

その分、爆弾などメカには詳しいと言います。

 

その後、拳銃訓練を中止した鬼塚は、他の教官から銃弾が一発返却されていないことを聞かされます。

それを聞いた鬼塚は真っ先に松田を疑いました。

松田は全弾撃って、空薬莢も補助教官に渡したと言いますが、嘘をつくな!!と疑い続ける鬼塚。

一触即発となりかけたところで、伊達が入り鬼塚をなだめます。

するとここで屋根の補修工事を行うため、作業員が天井の内側から作業をチェックしたいと声を掛けてきました。

案内すると言って、その場を立ち去る鬼塚。

松田は伊達にテメェも俺を疑ってんのか?と不機嫌そうに聞きますが、伊達は松田の言う言葉を信じて俺が真犯人をあぶりだして自首させてやると言います。

そこへ「甘いなぁ班長は」と言いながら入ってくる降谷。

疑いを自分で晴らさせないと彼も父親のようになってしまうという降谷に、親父のことを知りもしないでと松田は怒ります。

降谷が知らないから、君がなぜ警察官を目指しているのか教えてくれないか?と聞くと、松田は教えてやってもいいがてめぇを殴り倒した後だ、と言いながら降谷に殴りかかります。

その時、突然天井がバキッと壊れて作業員が落ちてきました。

橋の上にいた鬼塚は作業員を受け止めるため身を乗り出しますが、その拍子に作業員の体に括り付けていたロープが首に巻き付いて宙に浮いた状態になってしまいました。

名探偵コナン 警察学校編Wild Police Story【第2話】傍若無人の感想

鬼塚教官が危機的状況になってしまいましたが、5人はどんな行動をとるのでしょうか?

そして松田がなぜ嫌いな警察官になろうとしたのかも気になりますね!

次回の名探偵コナン 警察学校編Wild Police Story【第3話】が掲載される週刊少年サンデー46号は10月16日に発売されます。

名探偵コナン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、名探偵コナン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
名探偵コナン最新話を読む