週刊少年サンデー

名探偵コナン【第1041話】30年ぶりの兄弟のネタバレ!新一VS平次の推理競争に決着!?

56595816484684 - 名探偵コナン【第1041話】30年ぶりの兄弟のネタバレ!新一VS平次の推理競争に決着!?

2019年8月28日発売、週刊少年サンデー39号の名探偵コナン【第1041話】30年ぶりの兄弟のネタバレや感想をまとめました。

名探偵コナン最新話を無料で読む方法は?

名探偵コナン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、名探偵コナン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
名探偵コナン最新話を読む

【前回のあらすじ】

蘭に届いた紅葉からのメールには、名家の家政婦が4人の息子に遺した、宝物の在り処を示す暗号を新一に解読してほしいと書いてありました。

コナンと蘭が紅葉に会いに行くと、そこには平次と和葉もいました。平次は暗号解読競争で新一に負けたら、紅葉の願い事を聞く約束をしていましたが、2人は同時に解読。

ルールを変えながら宝物の在り処である杯戸港倉庫に向かった一同ですが、そこには4兄弟長男の遺体がありました。

名探偵コナン【第1041話】30年ぶりの兄弟のネタバレ

杯戸港倉庫には警察が到着し、現場検証が行われました。

亡くなったのは浜名勉造(42)で事故か自殺か分からないものの、転落死に間違いないと目暮警部と高木刑事は話します。

しかし「アホ!よー見てみィ!こら殺人やで!!」という平次。

平次は遺体の頭に外れて載っているメガネのフレームを示します。

転落したときのはずみで外れたとしても、右側のレンズにヒビが入っているのに、顔の右側に傷が何もないのはおかしいという平次。

落ちたときに外れた被害者の眼鏡を、何かの理由で犯人がわざわざ遺体の頭に置いたようです。

その理由は分からないものの、殺された被害者の弟である3人の中に犯人がいると平次は断言します。

3人共、殺された長男にメールで呼ばれてきたと話していますが、最初にここを訪れた弟が長男を殺したと思うのが自然です。

誰が最初に来たのかと目暮警部が尋ねると、兄弟たちは次男の柏木の顔を見ました。

すると柏木は最初に倉庫に来たものの、その時にはすでに兄は亡くなっていたと慌てて否定。

柏木に同意を求められて「さぁ知らねぇよ・・・。」という三男の菅田。

「俺が来た時にはもうこの人が来ててよ・・・兄貴は死んでたってことだけだぜ!」

すると四男の陣屋が「じゃ、じゃあ僕はこの人たちの後に来たからさー・・・犯人じゃないってことでいいよね?」と言います。

しかし「そうとは限らないよ?」というコナン。

長男の浜名が殺される前に兄弟をメールで呼んでいたことを犯人が知っていたら、どこかに隠れていて誰かが来た後、自分もメールで呼びだされた振りをして現れる可能性もあるからです。

そんなコナンの推理を聞いて「なるほどそっか!」「コナン君すごいなぁ!」と感心する蘭と和葉。

コナンは慌てて新一と電話する振りをして「こ、これで合ってるよね?」と誤魔化します。

高木刑事がよそよそしい兄弟の様子に疑問を持つと「そりゃそうですよ・・・。」と柏木は返します。

兄弟たちが養子に出されたのは30年前で会うのはそれ以来なので、ほとんど初対面なのです。

兄弟の顔はあまり顔が似ていないという話から「宝物目当てで兄弟の振りしてここへ来た奴が混じってるかも知れへんなぁ・・・。」という平次。

すると証拠の写真を持っていると、3人は1枚の写真を取り出しました。

それは父と母と兄弟4人で撮った家族写真で、3人共同じ子供の頃の写真なので似ているかどうかも判別できません。

ここで紅葉が4兄弟には、手の平に同じ火傷の跡があることを思い出します。

確認すると、遺体の手の平も含めて全員の手の平には火傷の跡が残されていました。

それを見た蘭はジンギスカンの鍋の火傷跡だと気づきます。

実は4兄弟は養子に出される前に、母親が家政婦をすることになった屋敷で兄弟で呼ばれてジンギスカンを食べていました。

食べ終わって片づけるときに誰かが鍋をひっくり返し、母親が火傷しそうになったときに思わず手が出たのだとか。

高木刑事は長男の浜名が突き落とされたと思われる倉庫の2階で、紙袋に入ったジンギスカンの鍋が置いてあったと言います。

「兄弟を呼んでジンギスカンでもやろうとしてたんでしょうか?」という高木刑事。

何もかも謎だらけの状況に、目暮警部は「せめてあの3人が来た本当の順番が分かればいいんだが・・・。」と話します。

すると和葉が倉庫へ案内してくれた人に聞いてみたらどうかと提案しました。

 

ということで第4倉庫へ案内した男にそのことを尋ねますが、3人が来た順番までは覚えてないようです。

すると男は「あのー用が済んだんならもう行っていいですか?今日は人が多くて整理しなければならないので・・・。」と言います。

男によるとこの日は年に一度のSNS映えする日らしく、平次が「詳しィ聞かせてみ!」と食いつきます。

その時、伊織が紅葉に「忌々しき問題が発覚いたしました!」とコッソリ耳打ちしながら、携帯を見せました。

そこにはこの港が年に一度映えるラブリースポットになると書いてあり「ステキやないの!!」と喜ぶ紅葉。

伊織は平次が絶景で告白の機会をうかがっているようだと話し、このまま平次が新一の推理勝負で勝利を収めると、勝った勢いで和葉に告白してしまう恐れがあると危惧します。

「そら、何とかしなあきませんなァ・・・。」

そう言う紅葉の視線の先には、ラブリースポットの話を聞いてテンションが上がっている平次の姿が。

 

ここで長男の浜名は3兄弟とメールだけでなく、よく贈り物をし合うということが判明します。

柏木は革ベルトの腕時計をもらい、菅田はビンテージの革ジャンを送ったとのこと。

しかし菅田がお返しに浜名が子供の頃好きだったチョコやナッツを送ると、送り返してきたようです。

さらに陣屋も浜名が好きだったカニ缶を送ったものの、送り返されたのだとか。

それを聞いたコナンは何かに引っかかります。

するとその時、紅葉がコナンに耳打ちしてきました。

「なぁコナン君?工藤君にちゃんと事件の状況伝えてくれたはりますか?なんやったらウチの伊織が相談に乗りますけど・・・。」

新一に勝ってもらいたい紅葉に心配され「大丈夫!――って新一兄ちゃん言ってるよ!」と返すコナン。

その頃、平次はラブリースポットで和葉に告白することで頭がいっぱいでした。

 

一方柏木はカニ味のせんべいは浜名がよく送ってくると話し、陣屋は「カニが嫌いになったわけじゃないのか・・・。」と言います。

その会話を聞いたコナンは、今朝の元太が甲殻類アレルギーの疑いがあるため、エビ味のセンベイを食べるなと灰原に怒られたことを思い出します。

(アレルギー!!)

その瞬間、事件の謎が解けた様子のコナン。

まだ平次が考えている途中であることを確認すると、コナンはニヤッと笑いました。

(ここは服部より先に・・・事件解決と行きますか!!)

名探偵コナン【第1041話】30年ぶりの兄弟の感想

ついにコナンが事件の謎を解いたようです。

平次はまだ解けていないようなので、新一の勝利ということでしょうか?

それともまた別の展開があるのか・・・楽しみですね!

次回の名探偵コナン【第1042話】が掲載される週刊少年サンデー40号は9月4日に発売されます。

名探偵コナン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、名探偵コナン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
名探偵コナン最新話を読む