週刊少年サンデー

名探偵コナン【第1031話】ヤバイ感じがのネタバレ!誤解が生んだ悲劇

jtyjyutkuyjrtyhrty - 名探偵コナン【第1031話】ヤバイ感じがのネタバレ!誤解が生んだ悲劇

2019年3月13日発売の週刊少年サンデー15号、名探偵コナン【第1031話】ヤバイ感じがを読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

自殺の調査以来のため、長野県の廃教会を訪れた小五郎、コナン、安室、脇田の4人。そこで日原泰生のお別れ会に訪れた同級生5人と遭遇しますが、交通手段を絶たれて9人は廃教会に閉じ込められます。

そこで同級生の和田と川崎が殺され、容疑者に疑われた西野が怒って書斎に閉じこもってしまいます。そして事件の手掛かりとなる暗号解読に成功したコナン達は、犯人の正体に気づくのでした。

名探偵コナン【第1031話】ヤバイ感じがのネタバレ

未だ書斎に閉じこもった西野を、扉の前で必死に説得する古浦。

西野は和田がトイレに行くきっかけとなったクジを引いたのは自分だけど、クジを作ったのは古浦で、クジはティッシュの箱に入れて引いたからズルは出来ないと主張。

さらに妙な音の様子を見に行ったときも、西野は最初じゃんけんにしようと言っており、古浦がじゃんけんに弱いため代わりにミントタブレットケースを使った方法にしていたのでした。

無実を訴えつつ、犯人にされかねないから、警察がくるまでここから出ないという西野。

するとドアの前で様子を窺っていた藤出に、メールが入ります。

それは書斎にこもっている西野からでした。

『犯人が分かった!それを教えるから誰にも気づかれずに屋根裏を通って書斎に来てくれ』

 

藤出は言われた通り書斎の屋根裏から、中に入ります。

待ち構えていた西野が、藤出に新たな暗号を見せます。

藤出が僕には読めないよと笑うと、西野がおもむろにペットボトルの水を飲み始めました。

すると西野は突然苦しみだします。

「うわあああ何すんだ変なもの飲ませるなよ!!俺はまだ死にたくない!!殺さないでくれぇぇ!!!」

と言って苦しむ西野。

「んじゃ飲まなきゃいいんじゃねーのか?その右手に持ってる・・・毒をよォ・・・」

(え?)

西野が驚いて声のする方を向くと、屋根裏から小五郎たちが降りてきました。

そして脇田が西野が飲んだペットボトルは藤出のカバンからもらったものだといって、推理を始めます。

ペットボトルには藤出の指紋がついているので、警察が来れば屋根裏を通ってこっそりやってきた藤出が西野に無理やり毒を飲ませて殺したと疑われます。

さらに藤出が西野から「ここへ来てくれ」というメールをもらったと主張しても、メールを出したスマホを部屋に転がしておけば、自分で送ったんだろうと一蹴されて終わりなのです。

すると西野は動揺しながら言い訳し、和田と川崎が殺されたのも偶然だと言い張りますが、安室が必然だと言って話し始めました。

和田がボーガンの仕掛けられたトイレに向かったトリックは、まず手で1枚の紙を9等分にすると、4辺全てに破り目のある紙が中央に1枚出来ます。

その紙に和田の名前を書かせれば、ティッシュの箱の中でも破り目を確認して、手探りでどれが和田の紙かがわかるのです。

さらにミントタブレットのケースについては、小五郎はどれを引いても外れがない気がしたと言っていましたが、実際その通りでどのケースにも中身は入っていなかったというコナン。

どういうことかと聞く藤出に、コナンは簡単な手品だと言って実践します。

コナンが左手でケースを振ってもなにも音はしませんが、右手で振ると音が聞こえました。

それは右手の袖の中にもう一つ中身が入ったケースを仕込んでいたから。

そのトリックを使えば、全てのケースを空にしておいて空のケースを引かせ、残ったケースを西野が引いても、中身が入ったケースを仕込んだ手で振れば音がして、中身が入っているように偽装できるのです。

「西野さんお菓子をいっぱい持ってきているって言ってたから、予備のミントタブレットはあっただろうしね!」というコナン。

しかし、そもそもガラスが割れるような音がしたから、様子を見に行ったと主張を続ける西野。

小五郎が廃教会に仕込んだスマホの着信音を、ガラスが割れる音にしておけばいつでも鳴らせるんじゃないのかと指摘しますが、西野は川崎がメールを見て血相を変えて風呂場に行ったのは本当で、風呂場で川崎が毒を飲まされて大声をあげたときは、小五郎たちと一緒にいたと言います。

それに関しては、川崎のスマホの画面にこっそりハチミツを塗っていたんじゃないかという安室。

メールを受け取った川崎が手袋を外してハチミツにふれるようにしておけば、潔癖の川崎は指についたハチミツを風呂場で洗わずにはいられなくなります。

さらに川崎は手を洗う時ハンカチをくわえるため、ハンカチに毒を塗っておけば、毒が唇について毒ごと水を飲んでしまうというワケ。

トリックとか手品とか、プロのスリじゃあるまいしという西野に、「あんたマジシャンだろ?」と小五郎が言います。

小五郎が昔会った手品師崩れのスリが、裏向きにトランプを重ねたとき一番上の札を「トップ」と言っていたようですが、西野も安室がトランプを出したときに、「トップ」と口走っていたようです。

マジシャンならスマホやハンカチを抜き取れるんじゃないかという小五郎。

さらに安室は暗号について、9人の人を集めたのは最初のトリックのためにクジの枚数を9にしたかっただけでなく、暗号を解くカギになっていたといいます。

「そう、それは・・・野球!!最初に殺された和田さんのことを女房と言っていたのは・・・おそらく彼がキャッチャーだったから・・・つまりあなた方は高校時代野球部員だった・・・。」

高校野球は守備位置によって背番号が決まっており、暗号の太枠で囲われた四角が内野を表しているとすれば、背番号の順に文字を読んでいけば暗号が解けていくということ。

最初に届いた暗号から解読していくと

「さあプレイボールだ」

礼拝堂の扉に貼ってあった暗号は

「トイレでワンナウト」

皆で探しに行った先にあった暗号は

「風呂場でツーアウト」

川崎の遺体のそばの暗号は

「書斎でチェンジ」

藤出に渡した暗号は

「パーフェクトゲーム」

そして何も書いていない暗号表を藤出のバッグに忍び込ませたのは、全ての罪を藤出に着せるため。

すると小五郎が何で古浦が呼ばれたんだと疑問に思います。

それに関して高校時代付き合ってた日原から古浦が乗り換えた藤出は、とんでもない悪だということを、古浦に見せつけてやるためだという西野。

「あんたらも聞いたことあるだろ?9連続エラー5回コールドパーフェクトゲーム・・・。」

「ああ・・・長野川中学園対信濃大学付属高校の・・・まさかお前ら、あの時負けた川中学園の野球部か!?」

と小五郎が驚きます。

西野は大けがをして病院でテレビを見ていたようですが、テレビ越しからでもワザと負けたことが分かったと言います。

その時エラーしまくっていた和田と川崎と藤出は、信濃大学に進学が決まっていたため密約があり、そのおかげで信濃大学付属高校は決勝で負けたものの文武両道な学校だと有名になりました。

そして当時エースだった日原泰生は、ドラフトの目玉だと言われていましたが、その試合で評判が落ち、社会人や独立リーグにいったものの芽が出ず、小さい頃よく野球をしていた廃教会で自殺したのでした。

コイツらが八百長したせいだという西野に、ワザと負けたのは進学のためではなく、日原のためだったと言う藤出。

実は度重なる延長戦で、短期間で42イニング約1000球を一人で投げ切った日原は肩がボロボロになっていました。

そしてあの試合で点差がつき始めたとき、和田が日原の将来のためにコールド負けしようと提案したのです。

しかし日原の肩はすでに壊れており、古浦もこんな体じゃ君を幸せに出来ないと日原に振られたのだとか。

2人から明かされる真実に、「お、おれは・・・何てことを・・・。」と頭を抱えて涙目になる西野。

”殺人者はそれで口を閉ざしたが・・・教会の外では吹雪がうなりを上げていた・・・後悔の哀咽を代弁するかのように・・・”

 

3時間後、吹雪が止んで夜が明け、長野県警の車が到着しました。

「―――ったく・・・2人も殺されやがって・・・」

と小五郎にいう大和。

大和は小五郎の後ろにいる安室と脇田を見て、「誰だ?」と質問します。

「毛利先生の一番弟子の安室透です!」

「二番弟子の脇田兼則でさぁ!」

と挨拶する2人に、嬉しそうな小五郎。

(このズクナシ(長野の方言で「ぐうたら」)に弟子が2人だとぉ?)

と不満そうな大和。

すると大和が車に待機していた諸伏を呼びます。

諸伏は車から出ると

「おや?また会いましたね・・・毛利さん!」

と小五郎に声を掛けます。

諸伏が安室と脇田を指して誰かと聞き、小五郎が答えていると、「高明、何を油売ってやがる?早くしろ!」と大和に急かされます。

「一刻千金・・・一寸の光陰軽んずべからず・・・」

諸伏はそう言い残すと意味ありげな表情で、立ち去っていきました。

(時は金なり・・・―――と言いますしね・・・)

名探偵コナン【第1031話】ヤバイ感じがの感想

ついに事件が解決したわけですが、結局西野が犯人だったようですね。

誤解が生んだ殺人というのもコナンらしい結末でした。

そして最後の意味深な諸伏の表情も気になります。

ちなみに次回からしばらく休載するようです。

次の展開を楽しみに待ちたいと思います!

次回の名探偵コナン【第1032話】は週刊少年サンデー19号に掲載予定です。