週刊少年サンデー

名探偵コナン【第1030話】兄さんみたいにのネタバレ!疑われる西野

grhehtrehtrhte - 名探偵コナン【第1030話】兄さんみたいにのネタバレ!疑われる西野

2019年3月6日発売の週刊少年サンデー14号、名探偵コナン【第1030話】兄さんみたいにを読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

自殺事件の調査以来のために長野の廃教会に訪れたコナン、小五郎、安室、脇田の4人。そこで自殺した日原泰生のお別れ会に来たという同級生5人に遭遇しますが、移動手段を絶たれて9人は廃教会に閉じ込められてしまいます。

そんな中同級生のうちの1人である和田はトイレでボーガンの矢に撃ち抜かれ、さらに川崎も毒殺されてしまいました。

名探偵コナン【第1030話】兄さんみたいにのネタバレ

「くそっ!!電話がつながらねぇ!!これじゃあ長野県警に連絡がとれねぇじゃねーか!!人が2人も殺されちまったっていうのによ!」

と声を荒げる小五郎。

そんな小五郎に、この吹雪でどこかの携帯の基地局のアンテナがやられたんでしょうねという脇田。

安室が川崎の遺体を調べながら、青酸系の毒を誰かに飲まされたか、飲むように仕向けられたのだと話します。

すると藤出が、この教会には自分たち以外にも誰かが潜んでいて、無理やり毒を口に入れられて水で飲み込まされたんじゃないかと言いました。

それに同調する西野と古浦。

するとコナンが無理やり毒を飲まされたなら、水が口の端からこぼれたりするはずなのに、口の周りもシャツもぬれてないと言い、本当に無理やり毒をのまされたのかと疑問を呈します。

「そうじゃないとすると・・・毒を飲むように仕向けられたことになる・・・あなた方の中の誰かにね!」

と西野たち3人を疑う安室。

そして脇田が、西野が「川崎のスマホに誰かからメールが届いた」と言っていたことを思い出します。

それについて西野は、なぜだかは分からないが、川崎はメールを見て血相を変えて風呂場の方に走っていたと言います。

スマホを見れば何かが分かるかもしれないということで、川崎の指紋でスマホのロックを外し、中身をチェックし始める安室。

確かに川崎のスマホにはメールが届いていました。

そこには『あの秘密は墓場まで持っていく約束だったのに・・・裏切り者』というメールが残されており、安室が3人に内容について聞きますが、全員身に覚えがない様子。

メールのアドレスを調べれば誰が送ったか分かるんじゃないかという藤出の案で、3人のアドレスを調べますが、誰も送り主のメルアドとは一致しませんでした。

複数のアドレスを持っているか、誰かがもう1台の携帯をこっそりもっているか、廃教会にもう一人誰かが潜んでいるかと、他の可能性を探る脇田と安室。

するとコナンが暗号を解かなければいけないんじゃないかと、提案します。

暗号は最初にそれぞれに送られてきたものと、礼拝堂に貼ってあったもの、さらに川崎の遺体のそばに落ちていた4枚の暗号もありました。

自殺した日原泰生に関係した暗号ということで、西野たちが同級生ということ以外にも共通点がないのかと脇田が探ります。

すると最初にトイレで殺された和田と風呂場で毒殺された川崎と藤出は、同じ信濃大学だということが判明。

しかしそれ以外に特に共通点はないようです。

ここでコナンと安室が川崎のスマホのクボみに、ジェル状の何かが付着しているのを発見。

匂いを嗅いでみると、それはハチミツでした。

2人がスマホをチェックしていると脇田が「仲がよーござんすねぇ!」と入ってきます。

「うんまーね!!」

と笑顔で答えるコナン。

コナンとは小五郎の探偵事務所で顔を合わせる程度だという安室に、「・・・にしてはべらぼーに親密なコンビに見えやしたぜ?眼鏡の童子は結構頭が切れそうだし・・・」と何か疑うような目つきの脇田。

それに対して安室は、小五郎を見て探偵の真似事をしているだけで、しょせん子供の浅知恵だと笑顔で答え、「そいつは将来が楽しみでやんすねぇ!」と脇田も笑うのでした。

 

その頃長野県警で、廃教会に繋がるトンネルはまだ除雪できないのかとイラ立つ大和。

上原が携帯の基地局のアンテナはもうすぐ復旧できると話しています。

諸伏は現場の動画に映っていた金髪の男はどこで会ったのかと考えていました。

(彼と会ったのは確か・・・東都大学に通っていた頃・・・東京の親戚に引き取られた弟、景光に会うために・・・カフェで待ち合わせをしていた時・・・そう景光が連れてきた友人が・・・)

そして諸伏は、景光が金髪の男を降谷零だと紹介していたことを思い出します。

(零・・・ゼロ!?まさかあの穴が空いた弟のスマホの送り主は・・・彼だったのか・・・)

ここで大和の携帯に元捜査一課長の黒田から電話がかかってきます。

黒田は聞きたいことがあるから、諸伏に代わってくれと言いました。

 

一方廃教会で、暗号に頭を悩ませる一同。

安室が何かヒントがあればというと、脇田が西野たちにずっと隠してる部活のことを話してくれれば、暗号解読の糸口になると問いかけます。

「い、言ってもいいけどよ・・・」

「笑わないでよ・・・」

「この話をすると大抵みんなバカにするから・・・」

と前置きする3人。

するとここで小五郎の電話が鳴り始めました。

電話は大和からで、トンネルの除雪作業が1時間で終わるから、廃教会には3時間で迎えに行けると言います。

「それまで大人しくしてんだぞ!」とすぐに電話を切る大和。

警察が3時間で迎えに来るという小五郎の話に、3時間も殺人犯が潜んでるかもしれない場所でじっとしてられるかよと動揺する西野。

3時間待てば迎えが来るんだから、そのくらい我慢しようとなだめる古浦と藤出。

それでもまた誰かが殺されるかもしれないと動揺を抑えきれない西野に古浦が、

「でも最初に殺された和田君がボーガンの仕掛けられたトイレに向かったのは、西野君が引いたクジでだし・・・不審な音の様子を見に行って、風呂場の前で毒殺された川崎君だって・・・様子を見に行くペアを選ぶ方法を決めたのも西野君じゃない!」

といいます。

それに対して「おいおい俺を疑ってんのかよ!?」と焦る西野。

様子を見に行くペア決めの時その場にいなかったコナンが、決め方について聞くと、脇田がミントタブレットケースを使った方法について説明しました。

一番に引いちゃならない外れのケースを見破った小五郎を脇田が褒めると、小五郎は「どれを選んでも・・・外れがなかったような・・・」と口にします。

「イカサマだったと?」と聞く安室に、「そうはいってねぇけどよ・・・」と煮え切らない様子の小五郎。

すると「みんなで俺をハメようっていうのかよ!?」と怒り出す西野。

西野は「もう誰も信じらんねぇ!!自分の身は自分で守ってやる!!」とリュックをもって駆け出し、部屋に閉じこもってしまいました。

古浦と藤出が西野をドアの前で説得しようとしますが、警察が迎えに来るまで絶対にあけないと声を荒げる西野。

すると脇田が自殺した日原泰生の無念を晴らしたいなら同級生の5人で充分なのに、小五郎はなぜ呼ばれたんだと疑問を口にしました。

コナンが「必ず4人で来て」と手紙に書いてあったことを思い出し、安室はここに呼ばれたのが9人だから、9という数字に意味があるのではと考えます。

それぞれ9について考え始め、安室が「ナイン」という言葉を口にしたとき、コナン、安室、脇田の3人は何かに気づいたような表情を見せました。

(そうか!そうだったんだ!!犯人が呼ぶ人数を9人にしたのは、いろいろな意味があったんだ!!あの4枚目の暗号は・・・次の犯行現場!!読めたぜ完全に・・・次に誰の命が断たれるかが・・・。それを実行する殺人犯の正体もな!!)

名探偵コナン【第1030話】兄さんみたいにの感想

ついに犯人が分かったようですが、誰が犯人だか全く分からなくなりました。

西野が怪しいとは思いましたが、今回疑われていたので、逆に他の2人の方が怪しく見えます。

果たして誰が犯人なのでしょうか?

次回の名探偵コナン【第1031話】が掲載される週刊少年サンデー15号の発売日は3月13日になります。