週刊少年サンデー

名探偵コナン【第1028話】雪山の山荘のネタバレ!1人目の犠牲者

hiuhujuhio - 名探偵コナン【第1028話】雪山の山荘のネタバレ!1人目の犠牲者

2019年2月20日発売の週刊少年サンデー12号、名探偵コナン【第1028話】雪山の山荘を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

自殺した友人の自殺理由を探ってくれという依頼のため、長野に訪れたコナン、小五郎、安室、脇田の4人。

4人が依頼人と待ち合わせていた雪山の廃教会を訪れると、そこには自殺した友人と高校時代の同級生だという5人の姿もありました。彼らはそれぞれ誰に呼び出されたのかあやふやで、小五郎の依頼人である日原泰生も実は自殺した本人。つまり、何者かが正体を隠して小五郎や高校時代の同級生たちを呼んでいたのでした。

その事実が明らかになった直後、駐車場のデッキが崩れ、車が全て谷底に落ち、吹雪の中移動手段をなくしてしまいます。

名探偵コナン【第1028話】雪山の山荘のネタバレ

「おいおいおい・・・すぐに迎えに来られないって・・・どういうことだよ?長野県警・・・。」

長野県警の大和に電話中の小五郎。

トンネルが雪崩によって完全にふさがってしまったため、長野県警の車が通れなくなっているようです。

そっちに迎えに行けるかは明日の天気次第だという大和。

小五郎と大和、上原が電話でやり取りしていると、諸伏がかすかに火薬のにおいがすると言い出します。

「か、火薬って・・・爆弾!?」と驚く上原。

「ええ・・・この雪崩が人為的に起こされたモノだとしたら・・・その9人が心配ですね・・・。」

 

その頃小五郎は、一同に今夜はこの教会で一泊するしかないと話します。

「ってかそろそろ名乗れよ!!誰なんだよ、他人のフリして俺らをここに集めた奴は!?」とイラ立つバーテンダーの西野。

当然4人は全員自分ではないと否定します。

「きっと言い出しにくくなってるんじゃないかなぁ?みんなをこんなところに閉じ込める羽目になっちゃったから・・・。」という高校教師の藤出。

ここで脇田が「アッシらはその日原さんがここで自殺した真相を探りに来たんですが・・・自殺した部屋を知っている人はいるんですかい?」と聞きます。

「さぁ・・・?俺はメールで知ったから・・・。」と答える西野に全員同調し、「まぁ、それを知ってるのはみんなを集めた張本人だろうけど・・・。」と話す藤出。

すると「やっぱり解かなきゃいけないかもね!ホラ、おじさんに届いた手紙に入ってた・・・あの暗号だよ!」と小五郎にいうコナン。

その暗号は5人の元にもメールで届いていました。

小五郎に届いた暗号と5人にメールで届いた暗号を照らし合わせるコナンたち。

「文字の向きやひらがなとカタカナの違いはありますが・・・6つ共、文字の配列は同じようですね・・・。」という安室。

小五郎たちが暗号解読に頭を悩ませていると、「それより暖をとる方法を考えない?」とOLの古浦が切り出します。

「じゃあ、玄関に落ちてた一斗缶に燃えそうなもの入れて火をつけて暖まろうよ!」というコナン。

「では皆さんが今持ってる水とか食べ物をみんなで分け合って・・・今夜一晩乗り切りましょう!」と笑顔で言う安室。

一同はお菓子や水などを出し合います。

そして燃えそうな物を集めてくるという西野と藤出。

それなら一斗缶の用意をしておくという古浦。

銀行員の川崎が「私はトイレに行かせてもらいましょうか・・・。」というと、「じゃあボクも行くー!」とコナンもついていくことになりました。

 

トイレで用を足し、手を洗う川崎にコナンはなぜ教会のトイレの場所をしっていたのかと聞きます。

子供の頃よく遊んでいたから、みんなよく知っているよと話す川崎。

「教会のそばにちょうどいい広場があってね・・・。」

「ちょうどいいって何に?」

そんなコナンの問いかけに答える前に、川崎の携帯に和田からメールが入ります。

メールは”妙な紙が見つかったからすぐに来てくれ!”という内容でした。

 

『僕を供養したければ、以下の場所へ赴いてそれぞれ一人ずつ弔いの言葉を集めてくれ。日原泰生』

そう書かれた紙には、教会の見取り図が載っています。

川崎が何ですかコレ?と聞くと、「さっき郁恵が寒いからって・・・この礼拝堂の扉を閉めたらこの紙が貼ってあったんだよ!」と答える和田。

「この暗号と・・・一緒にな!」

そう言って和田は、例の暗号の紙を見せます。

気味が悪いという古浦と西野に対し、「ゲーム感覚でやればいいんじゃないかなぁ?」と話す藤出。

「僕たちをここに集めた人もゲームで僕たちを、楽しませるのが狙いかもだし・・・。」

そんな藤出の言葉に、迎えが来るまでやることないし付き合ってやるかと同調する小五郎。

どこの場所を回るのかを決めるため、安室はトランプを使って、数字の大きいカードを引いた人から行きたい場所を選ぼうと提案します。

これに対して、一番上のトランプに妙な汚れがついているから、めくる前に何のカードか分かっているんじゃないのかと安室を疑う西野。

「じゃあレポート用紙を持っているからアミダクジにする?」と提案する古浦に、引く線の数でズルが出来ると反対する川崎。

そんな言い合いをしていると、古浦がぷっと吹き出して、「これってあなたたちでキャプテンを決めたときみたいだね!」といいます。

「じゃああの時みたいにするか!」と言う西野。

西野たちはティッシュの箱を用意し、レポート用紙を9等分にして、紙を切り始めます。

どうやらその紙に名前を書いてティッシュの箱に入れ、くじ引きにするようです。

西野がクジを引き、それぞれ行く場所が決定しました。

談話室に行くのが西野、トイレが和田、書斎が古浦、神父の部屋が川崎、シスターの部屋が藤出、風呂場が小五郎、礼拝堂がコナン、台所が脇田、倉庫が安室です。

出発前、安室は「くれぐれも注意してくださいね・・・」と言います。

「皆さんをここへ集めた人物の本意が、まだ何も分かっていませんから・・・。」

その言葉に「おいおい・・・ここで自殺したニッチの敵討ちを誰かが狙ってるとか、言うんじゃねぇだろーな?」と返す西野。

「もしそうなら最初に狙われるのは、多分ニッチの女房の・・・」

藤出がそう言いかけたところで、「部外者にはあまり話さない方がいいですよ?」と止める川崎。

(あの中で女房って言ったら・・・郁恵さんのことだろうけど・・・。キャプテンっていったい何のキャプテンだ?)

と疑問に思うコナン。

 

しばらくしてコナンが礼拝堂の火で暖をとっていると、それぞれの場所に行っていた一同が続々と帰ってきました。

コナンは礼拝堂の椅子の裏に暗号を見つけ、他の7人もそれぞれの部屋で暗号を見つけたようです。

しかしトイレに向かった和田だけは、1時間たっても戻ってきません。

嫌な予感がすると全員で見に行くことになり、駆け足でトイレに向かいます。

「あんたら何の部活やってたんだよ?キャプテンを決めたってことはそういうことだろ?」

トイレに向かう途中、小五郎にそう聞かれて答えにくそうにする藤出。

そしてトイレにたどり着き、中をのぞくと、そこには頭に矢が刺さった和田の死体がありました。

名探偵コナン【第1028話】雪山の山荘の感想

ついに一人目が殺されました。

様々な場所に残される謎の暗号は、果たして何を意味しているのでしょうか?

次回の名探偵コナン【第1029話】が掲載される週刊少年サンデー13号の発売日は2月27日になります。