週刊少年サンデー

古見さんはコミュ症です。【コミュ191〜192】のネタバレ!

2019年4月3日発売の週刊少年サンデー18号に掲載している、古見さんはコミュ症です。【コミュ191~192】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

前回までのあらすじ

前回は古見さんと仲良くしようとするなじみ企画のクラスメートを巻き込んだ、ドッキリ肝試しと花火の回でした。

様々なクラスメートが現れ、自分の得意分野にてドッキリに貢献しようとし、ドッキリは見事成功。

クラスメートと古見さんはその距離を近づけたのでした。

そして只野ともより親密になり、結果論ではありますが、なじみ企画のドッキリ大会は大成功を収めたのでした。

古見さんはコミュ症です。最新話を無料で読む方法は?

古見さんはコミュ症です。罪最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、古見さんはコミュ症です。最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
古見さんはコミュ症です。最新話を読む

【コミュ191】蚊です。のネタバレ

夏休みも真っ只中のある夜のこと。

蚊が部屋に侵入した時の古見さん、只野、そして留美子それぞれの場合です。

まず古見さんの場合。

蚊の羽音で目が覚め、気になって寝られなくなってしまった古見さん。

部屋の明かりをつけます。

そして、電気式蚊取り線香ベーポを取り出しますが、中身が切れており、使うことが出来ません。

仕方がないのでベットに座り、あたりを見回す作戦に出ます。

しかしすぐにウトウトしてしまいます。

そこを見計らってやってくる蚊。

古見さんはまたその羽音でハッとして起きるのでした。

仕方なくベーポの替えを取りに1階へと向かう古見さんですが、探しても見当たりません。

またまたそこへやってくる蚊。

完全に古見さんをロックオンしている様子。

 ベーポが見当たらず、また蚊への恐怖のため古見さんはベッドへ戻りタオルケットにくるみます。

そして身体を小刻みに震わせ、蚊に刺されないようにするのでした。

そのおかげもあってか、羽音が聞こえなくなり、安堵のため息を吐く古見さん。

しかし、今後は蚊の存在が目に見えなくなったことで、ブランケットの中にいるのでは?と心配になります。

古見さんは何も信じられず、ついには母親を起こしベーポの替えのありかを聞くのでした。

只野の場合

寝ている只野に蚊が迫ります。

寝ていながらも蚊を捕まえようとしますが、なかなか捕まりません。

いつしか只野は蚊が近くに寄ると自動で手を振り下ろすギロチンと化してしました。

しかし一向に倒すことが出来ないばかりか、増えてしまう蚊に、只野は苛立ち、電気をつけ蚊を探します。

こうなるとなかなか見つからないのが蚊の特徴です。

仕方なく電気を消しまた寝ようとしますが、そこへ狙ってやってくる蚊の存在に再び只野は電気をつけ蚊を捕まえようとします。

しかし取り逃がしたため、再び只野は蚊を見失ってしまうのでした。

そんな中、同じ部屋で寝ている只野の妹が起きてしまいます。

そして、おもむろにマジックハンドを使い、いとも簡単に蚊を仕留めるのでした。

妹のスペックに驚きを隠せない只野なのでした。

留美子の場合。

留美子は部屋の明かりも消さず、蚊に刺されながらも気にしない様子。

そして古見さんと出かけている夢を見ながら、寝返りを打ち、胸を刺していた蚊をそのまま仕留めるのでした。

恐るべし天然。

【コミュ192】河川敷、本探し部です。のネタバレ

只野が自転車で出かけていると、そんな只野に声をかけてくる人物がいました。

それは同じクラスの尊井くんに、緒杯さん、そして福数寄くんでした。

珍しいメンバー構成だったので、只野は3人で何をしているのか尋ねました。

すると尊井くんがエロ本探しをしているのだと教えてくれました。

思わずこのネット普及時代に⁉︎と心の中でツッコミを入れる只野。

驚きで声が上ずりながらも理由を尋ねる只野。

その問いに人生とエロは切り離せないこと、ましてや我ら思春期ですからと自信満々に言う尊井くんでした。

只野は尊井くんに過去同様のことをして同じクラスの女子に見つかり、恥ずかしかったこと、緒杯さんに自己紹介の時はおっぱいが好きだと言っていたこと、福数寄くんには夏服を着ている女子が一番好きだと言っていたことをそれぞれ質問します。

その問いに辞めたとは言ってないと尊井くん、無言でやれやれと小馬鹿にしてくる緒杯さん、薄着ならなんでもいいと福数寄くんがそれぞれ答えるのでした。

そして、尊井くんは只野に一緒に河川敷でエロ本探し部として一緒に行くかと聞きます。

行かないよと言いながらも只野はついて行ってしまうのでした。

そして部活が始まります。

只野は尊井くんにそんなに頻繁にエロ本は落ちているのか聞きます。

その時、福数寄くんがあったぞと声をあげます。

そして、手頃ないい棒が見つかったと尊井くんに差し出します。

そして先ほどの問いの答えを言います。

エロ本はただの投棄物で本来なら捨ててはいけないこと、未成年の目に触れれば、悪影響を与えること、世界平和のためにそれを回収するのだと聞こえ良く言います。

堂々と尊井くんは言いますが、只野は自分たちも未成年であることをツッコみます。

そして反対に3人は只野に好きなジャンル、ぶっちゃけどこフェチ?、週に何回くらいか、古見さんで?かと矢継ぎ早に質問を浴びせます。

質問の意図が全く分からないと只野は言うのでした。

そして、4人はひたすらエロ本を探し、とうとう見つけます。

4人で均等に持って帰ることを相談しているとそこへ留美子と古見さんが4人を見つけ、河川敷にやってくるのでした。

2人の登場に焦る4人。

尊井くん、緒杯さん、福数寄くんの3人がここは食い止めるからそのブツを早く捨てるよう只野に言います。

只野はすぐ捨てようとしましたが、今日一日の頑張りや楽しかったことなどを思いすぐに捨てられず、半ばヤケになりながら投げ捨てるのでした。

【コミュ191~192】を読んでの感想

今回は夏の出来事と思い出の回でした。

蚊は捕まえようと気を張ると姿を消し、気をぬくとどこからともなくやってきますよね…。

そんなあるあるが今回のお話でした。

河川敷の回は、決してブレない3人と1人真人間の只野の掛け合いが面白かったです。

まだまだ続く夏休み!

次はどんな話でしょうか。

次回の古見さんはコミュ症です。【コミュ193~】が掲載されるのは4月10日発売の週刊少年サンデー19号です。

乞うご期待ください!

古見さんはコミュ症です。罪最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、古見さんはコミュ症です。最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
古見さんはコミュ症です。最新話を読む