週刊少年マガジン

化物語【第70話】のネタバレ!謎の男たちに絡まれた羽川

2019年11月20日発売、週刊少年マガジン51号の化物語【第70話】のネタバレや感想をまとめました。

化物語最新話を無料で読む方法は?

化物語最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、化物語最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
化物語最新話を読む

【前回のあらすじ】

キスショットを助けた結果、吸血鬼の体になってしまった阿良々木。そんな中、キスショットの手足を奪った男たちが羽川に声を掛けました。

化物語【第70話】のネタバレ

声をかけてきた2人の謎の男たちに向かって羽川は、申し訳ありませんと頭を下げました。

 

私が何か失礼なことを言ってしまったようですが、なにぶん世間の常識にも疎い学生の身ですので、なにとぞご寛恕いただければと存じます。

 

羽川がそう言って頭を下げる中、先ほどの地震の影響で安全確認を行うというアナウンスが駅に流れます。

その地震は2人組のうちの一人、エピソードと呼ばれる男が起こしたものでした。

羽川は微笑みながら「地震大丈夫でした?あなた方の国ではあまりないと聞いてますが」と話し始めます。

するとエピソードは羽川のそばに寄り、なんで僕がそこの国の出身だと思った?と聞きます。

俺の顔には世界地図がついてて×点印でもついてんのか?

俺にはインドより東はみんな同じ顔にしか見えないが、お前らにはあんなマイナーな国がピンポイントで出てくるくらい見分けがつくってのかい?

エピソードは仕事柄その辺をはっきりさせておかないと困ると言いつつ、親指を刃物に変形させ、羽川の首元に手をまわして後ろから突き立てます。

すると羽川は、先日すれ違いましたよねと言います。

実は阿良々木と羽川が歩いていた時、すれ違いざま「クソビッチ」とエピソードが口走っていました。

その時、何か気に障ることを言ってしまったのかと思ったという羽川。

エピソードは「そうかい、そりゃあ大したもんだ。ただお前が特別だっただけか。ま、俺は安心したけどな」と言いながら、手の指をすべて鋭い刃物に変えて羽川に突き付けました。

するとギロチンカッターと呼ばれる仲間の男が、エピソードを止めます。

ギロチンカッターは自分も彼女に聞きたいことがあると言いつつ、長い武器でエピソードの背中を刺しました。

俺とテメェはこういうことが気安くできるような仲だったか?と聞くエピソード。

ギロチンカッターはそんなエピソードの言葉は無視して、羽川に「人間とサルの違い」について問いかけました。

すると羽川は「答えはCMの後」と真顔で答えます。

それに対して「わかりました」と返すギロチンカッターに、エピソードは「わかったのかよッ!!」と突っ込むのでした。

 

一方幼女の姿となったキスショットは、自分の手足を奪ったのはエピソード、ギロチンカッター、ドラマツルギーの3人だと阿良々木に説明します。

なんでそんな身体なんだと聞く阿良々木に対し、一人の血では全然足りなかったのだというキスショット。

手足も形だけ再生したものの、中身はスカスカなのです。

しかしこんなナリになっても、自分は500年前から生きている伝説の吸血鬼だと威張るキスショット。

主従のことは差し引いたとして、阿良々木のような出来立ての吸血鬼が口をきける相手ではないと言います。

それでも阿良々木に命を助けてもらったため、特別に無礼な口の利き方も許すと言いますが、上下の分別はハッキリさせておきたいようです。

そのため服従の証として、わしの頭を撫でて見せよと迫るキスショット。

阿良々木はそれに疑問を持ちつつも、キスショットの頭を撫でました。

キスショットは「うむ。よかろう」と満足気な表情です。

 

すると阿良々木はキスショットに、どうして僕を吸血鬼にしたんだと尋ねました。

僕はもう人間には戻れないのか?と聞く阿良々木。

阿良々木はキスショットに怒られるか、不思議がられるか、そんな類の反応を予想していました。

しかし予想に反してキスショットは、「やはりそうじゃろうなぁ・・・。うぬの気持ちはようわかる」と返します。

キスショットも神にならないかと誘われたときもあったと話し、元のままでありたいと思うのは誰しも同じだと阿良々木に理解を示します。

そして我が名にかけて保障しよう、うぬが人間に戻るのは可能じゃというキスショット。

しかしそのためには少々阿良々木に働いてもらわなければならないと言います。

その内容はキスショットの手足を取り戻すというもの。

今の阿良々木であれば、百獣の王が獲物を狩るがごとくたやすい仕事なのだとか。

それを聞いた阿良々木は、おもむろにキスショットの頭を撫で始めました。

この行動を承諾したと受け取ったキスショットは「うむ!!」と満足気に微笑み、阿良々木はついやってしまったと後悔するのでした。

化物語【第70話】の感想

キスショットの手足を奪ったのは見るからに強そうな男たちでしたが、それを簡単に倒せるという春休みの阿良々木はどの程度の強さなのか気になりますね。

どんな展開になるのか楽しみです!

次回の化物語【第71話】が掲載される週刊少年マガジン52号は11月27日に発売されます。

化物語最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、化物語最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
化物語最新話を読む