週刊少年マガジン

化物語【第63話】のネタバレ!高校で阿良々木と撫子が再会

2019年9月25日発売、週刊少年マガジン43号の化物語【第63話】のネタバレや感想をまとめました。

化物語最新話を無料で読む方法は?

化物語最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、化物語最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
化物語最新話を読む

【前回のあらすじ】

無事に撫子にとり憑いた蛇切縄を祓うことに成功した阿良々木。撫子を呪った相手の元に向かう邪切縄を阿良々木はボロボロになりながら必死に止めようとしますが、神原が「助けるべき相手を間違えないでくれ」とそれを制止しました。

化物語【第63話】のネタバレ

火燐と月火がいつものごとくアクロバティックに飛び上がりながら、ベッドで寝ている阿良々木を叩き起こしに来ました。

しかし阿良々木は、そんな技をいつまでも食らい続ける男ではありません。

火燐と月火が飛び上がって着地する瞬間、阿良々木は指を虫のようにシャカシャと素早く動かして、寝たまま体を移動しました。

それによって火燐のお尻がちょうど阿良々木の顔面に着地。

火燐は大丈夫?と心配しますが、阿良々木の口元はニヤついています。

”まぁ、あえて避けないのも兄の優しさだ。ふっふっ”

 

6月13日火曜日、午後6時15分。

阿良々木が校舎を出ると「待ってたよっ暦おにいちゃん。」と言いながら、撫子が現れました。

突然の撫子の登場に阿良々木は驚き、撫子は会えてよかったとほっと胸をなでおろします。

中学校終わってからずっと待ってたのか?と聞く阿良々木に、今日は学校を休んだのだと言う撫子。

阿良々木は今週末が文化祭のため準備で大忙しだったようで、2時間以上待ったんじゃないかと聞きます。

しかし撫子は2時くらいから4時間以上待っていたと言い、バカじゃねぇのかと突っ込む阿良々木。

すると撫子はどうしてもちゃんと阿良々木にお礼が言いたかったのだと、しどろもどろになります。

バカでごめんなさいと涙目で謝る撫子に、別に怒ってるわけじゃないと頭をかきながら返す阿良々木。

撫子は神原にもお礼を言おうとしたようですが、神原は全速力で帰ってしまったため、気づかれなかったのだとか。

そんな神原の話を阿良々木は「神原あるある」だと言い、急ぎの用事があったんだろうと推測します。

昨日乙女買いした大量のBL本を一気読みするとか、そんな感じの素敵な理由を阿良々木は予想していました。

全力疾走していった神原について、撫子はビックリマンの達急動みたいだったと話し、阿良々木はそれに全力でツッコミます。

その後も阿良々木のツッコミを受けた撫子は突然プイッと後ろを向き、泣かせてしまったかと焦る阿良々木。

しかし撫子は、暦おにいちゃんって相変わらず面白いと笑顔を見せました。

そんな撫子を見て阿良々木は微笑みます。

そしてせっかく初めて高校に来たなら、中を覗いていくかと阿良々木は校舎の中へ撫子を誘いました。

 

校舎の中を歩きながら阿良々木は、撫子がずっと手に持っているリコーダーについて触れます。

そのリコーダーは撫子が先生から、身の危険を感じたら力いっぱいに吹くように言われたようで、護身の警笛のようです。

撫子は阿良々木が命と引き換えに自分を助けてくれたため、命を大切にしなければと考えていました。

しかし阿良々木自身、自分は何の役にも立っていないと感じていました。

実際に、撫子の蛇を祓ったのは忍野がくれた護符だったからです。

そんなことを考えながら、改めて忍野にお礼を言わなければならないと思う阿良々木。

阿良々木は北白蛇神社で初めに撫子とすれ違ったとき、彼女のことを思い出せませんでした。

しかし撫子が思い出せないほど”ほとんど他人”だったからこそ、”蛇の怪異”は阿良々木にとって重要な意味を持ちました。

もし呪われていたのがもっと身近な、戦場ヶ原や神原や妹たちであったとしたら”助けない”という選択肢は初めから存在せず、誰かを助けることの意味も考えることすらなく、みんなの言葉があんなにも心に引っかかることもなかったハズだと阿良々木は感じます。

手の届かない、責任は持てないところには手を出すなというなら、自分が責任を持てるようになればいいだけだろう、と考えるようになった阿良々木。

阿良々木は”春休み”で一度死に、その地獄がずっと続いていました。

しかし永遠に続くと思っていたその暗闇は、本日6月13日で過去形となったのです。

阿良々木は晴れ渡る空の下で、自ら進むべき道を模索するのでした。

化物語【第63話】の感想

今回は撫子と阿良々木の掛け合いが面白かったです。

そしてすっかり元気を取り戻した撫子の笑顔も可愛かったです。

次はどんな展開になるのか、楽しみですね!

次回の化物語【第64話】が掲載される週刊少年マガジン44号は10月3日に発売されます。

化物語最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、化物語最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
化物語最新話を読む